【母乳を飲まない新生児】母乳育児を軌道に乗せていく3つの工夫

あなたは赤ちゃんが生まれたばかりで

母乳をなかなか飲んでくれないと

悩んでいませんか?

思うように出ない母乳を、頑張って

吸わせてもおっぱいを離した直後に

大泣きされるの繰り返し…

どうすればいいのかわからなくて

悩んでいませんか?

そこで今日は母乳を飲んでくれる

工夫についてお話ししていきます。

スポンサーリンク

実際に、赤ちゃんが生まれると

どんなママも驚くことがあります。

それは、妊娠中に考えていた生活と

かけ離れていることです。

赤ちゃんを抱いて、母乳をあげて

穏やかに幸せをかみしめることが

できる生活と思っていましたか?

それなのに、母乳がよく出ないので

結局、諦めてミルクを作っていると

涙が出てきてしまいますよね。

でも大丈夫です。

そもそも母乳育児って簡単には

軌道に乗らないものですよ。

新生児に母乳をうまく飲んでもらうコツ

母乳をあまり飲まない赤ちゃんには

どうすればいいのか、まずお話しを

していきますね。

頻回授乳する

完母を目指しているのならとにかく

吸わせることが大事です。

母乳が出なくても、おっぱいを何度も

吸わせることで母乳も出てくるように

なります。

心が折れてしまいそうになることも

ありますが、赤ちゃんとの根競べと

思って頑張りましょう。

母乳があまり出ていない

おっぱいを吸っても出が悪ければ

赤ちゃんがもどかしくなってしまって

愚図っているのかもしれません。

おっぱいが不足しているかどうかは

こちらの記事を参考にしてください。

【新生児のおっぱい不足】母乳不足か赤ちゃんのサインで判断できる3つの方法
【新生児のおっぱい不足】母乳不足か赤ちゃんのサインで判断できる3つの方法
あなたはこのようにに感じることは ないでしょうか? 「この子、おっぱい足りてるのかな?」 新生児は、よく母乳を飲んだ後も 口をモグモグさせるしぐさをします。 そんなことされ...

近所におっぱいのマッサージをする

助産院か産婦人科はありませんか?

月に一回通うだけでも、母乳の出が

よくなります。

そうすれば赤ちゃんもぐびぐびと

飲むようになるかもしれませんよ。

【おっぱいケア】産後のおっぱいで多い4つの悩みと正しいマッサージの方法
【おっぱいケア】産後のおっぱいで多い4つの悩みと正しいマッサージの方法
あなたは現在、おっぱいケアについて 授乳中、断乳のどちらかで考えては いませんか? 育児だけでも手いっぱいでしょうが、 あなたの体のケアも大事ですよ。 特におっぱいは、赤ちゃん...

また、食べ物にも気を遣ってみると

いいですね。

【母乳がよく出る食べ物と飲み物】16種類のオススメの食べ物とイチオシ飲料
【母乳がよく出る食べ物と飲み物】16種類のオススメの食べ物とイチオシ飲料
あなたは、今母乳が出なくて悩んでは いませんか? そこで思いつくのが食べ物や飲み物で 母乳の出がよくならないか?という ことですよね。 でもそんなこと可能なのでしょうか? ...

飲む力には個人差がある

ごくごくよく飲む赤ちゃんもいれば

少ししか飲めない赤ちゃんもいます。

これは赤ちゃんの個人差もあるんです。

口が小さくて力が弱い子はどうしても

新生児の頃は母乳をうまく飲むことが

できません。

そんな赤ちゃんも体が大きくなって

吸う力も口も大きくなってくれば、

体力がついてきます。

そして、母乳を飲むこともうまく

なってきます。

焦らず少量でも飲んでいるならば

繰り返して母乳をあげていくことが

大切です。

母乳に対して不安がなくなる考え方

でも、やっぱり不安だしこのまま

ずっとこんなことが続いたら…と

思っていますか?

だったらぜひ耳を傾けてくださいね。

「初めて」がうまくいかないのは当たり前

母乳のことで戸惑っているのは

あなただけではないんですよ。

赤ちゃんも初めてのことだから

戸惑っているのもあります。

咥え方もまだうまくできないのも

当たり前。

あなたのせいではないですよ。

赤ちゃんもママと一緒に頑張ってると

思ってくださいね。

スポンサーリンク

母乳育児にこだわらない

母乳を飲ませてあげたい気持ちは

よく分かるしこだわりたい気持ちも

わかります。

母乳って栄養満点ですし、免疫力も

つく「優秀栄養飲料」ですからね。

よく、こう感じるママがいます。

「母乳が出なければ母親失格」

いいえ、違います。

今、あなたがすべきことは赤ちゃんを

満足して気持ちよくさせてあげること。

今後の成長・発達にとても大事です。

また、母乳だけが母性ではありません。

ミルクだっていいじゃないですか。

ミルクでお腹いっぱいになったら

コロン、スース―とねんねするかも

しれませんよ。

ミルクについてはこちらの記事を

参考にしてくださいね。

【新生児のミルクの増やし方】ミルクを足す判断方法と4つの正しい足し方
【新生児のミルクの増やし方】ミルクを足す判断方法と4つの正しい足し方
あなたが今、母乳で赤ちゃんを 育てる最中だったら、こんなことが 心配になりませんか? 「母乳が少ない?足りてないのかな?」 「おっぱい育児」を続けるのなら 「母乳が少ないかも?...

頑張り過ぎない

赤ちゃんが生まれたての頃は、

つい頑張ってしまうんですよね。

「自分がこの子をしっかりと育てなきゃ!」

この考えが、自分で自分を追い込んで

しまいます。

後で考えると、無理をせずにミルクを

足せばよかったと思うものです。

子育ての楽しみは少しずつ増える

産後1、2ヶ月は、実は全然育児が

楽しいと思えない時期です。

「育児が楽しいと言っている」ママは

おそらく、すごく子供がほしくて

生まれてハイになってるだけでしょう。

日々不安と孤独と戦って単純作業を

繰り返し、寝不足と筋肉痛と戦うのが

普通なんです。

それに、心身もまだ産後の不調状態が

続いているわけですからね。

楽しくなるのは赤ちゃんが笑うように

なってからです。

でも、その笑顔が今までの苦労を

忘れさせてくれるぐらい嬉しいのも

事実ですよ。

まとめ

いかがでしょうか?

「一生のうち、この時期のわが子と過ごせるのもたかが数ヶ月」

こんな風に思ってくださいね。

そして、諦めることも大事です。

おもいきって色々諦めて赤ちゃんの

毎日ムービーや写真撮ったりしましょう。

1週間前のムービーを見返してみると

その成長にびっくりしますよ。

ただ、自分で楽しみを見つけても

誰とも話さないと、気持ちが暗くなる

ことがあります。

そんな時は、誰かに愚痴を聞いて

もらうといいですよ。

自分のお母さんや兄弟、友達そして

ツィッターでも愚痴を言いまくって

いいんです。

必ず誰かがアドバイスくれますよ。

スポンサーリンク

共有してくれると嬉しいです(^^♪

フォローする

注目記事