【指の爪が割れる】指しゃぶりで起こる悪影響と爪を守る3つの対策

共有してくれると嬉しいです(^^♪

あなたの赤ちゃんは指しゃぶりが好きですか?

指をしゃぶることが好きな場合のトラブルで

多いのが、爪がふにゃふにゃになってしまって

爪が割れやすくなることです。

爪が割れることで、違う心配も出てくるので

しゃぶるのを止めてくれればいいんですが

赤ちゃんにお願いしても無駄なことですよね。

そこで、今日は赤ちゃんの爪が割れるのを

防止する対策についてお話ししていきます。

スポンサーリンク

赤ちゃんの爪は小さくて本当に可愛いですよね。

小さすぎて、爪を切るのも大変なのですが

指しゃぶりが始まるとお子さんによっては

爪が割れてしまうことがあります。

すると、ママにとってはこんな不安が出てきます

「このまま、とれてしまうのではないか?」

「とれた爪を飲み込んでしまったらどうしよう…」

できるなら指しゃぶりをやめさせたいものです。

では、このまま指しゃぶりをさせておくと

どのような影響があるかをまずお話ししますね

指しゃぶりが爪に与える影響と対処方法

爪割れも心配ですが、このまま指しゃぶりを

続けているとどのような影響がでてくるのか

ご存知でしょうか?

実は、爪が変形してしまうだけでなく

指自体にも変形が起きてしまうことがあります。

そして、もしかしたらお子さんが成長した時に

あなたにこんなふうに聞くかもしれません。

「なんで私(僕)の指はこんな形してるの?」

自分が指しゃぶりを止めさせるように

対処してなかったなんて言えないですよね。

また、指しゃぶりを小学生になっても

直せないお子さんがいるのも事実です。

「じゃあ、すぐやめさせなくちゃ!」

いいえ、そんなにすぐでなくても大丈夫です。

長く指しゃぶりをしていたらの場合ですから。

それでは、指しゃぶりをやめさせる方法を

いくつか提案していきますね。

ミトンをする

赤ちゃんの小さい手にミトンをして

指しゃぶりを防止することができます。

している姿はとても可愛いですよ。

でも、お子さんによっては

すぐとってしまうこともあります。

どちらかというと取ってしまう方が

多いのではないのでしょうか?

やったことがないなら試さない手はないので、

ぜひトライしてみてください。

スポンサーリンク

おしゃぶりを与えてみる

ミトンをつけると、指しゃぶり自体が

まったくできなくなってしまいますよね。

そうなると、赤ちゃんにはストレスに

なることも考えられます。

だったら「おしゃぶり」を与えてみては

いかがでしょうか?

おしゃぶりについては賛否両論ありますが

私は賛成派です。

なぜなら、世間で言われているような

悪いことばかりではないからです。

指しゃぶりを止めさせる道具としては

とても有効です。

おしゃぶりについてはこちらの記事で

確認をしてみてくださいね。

【赤ちゃんのおしゃぶり】悪影響などない4つの理由と正しいおしゃぶりの使い方
あなたは、赤ちゃんにはおしゃぶりを 与えていますか? 赤ちゃんにおしゃぶりをやるのは よくないという「悪い噂」が多く なっていますよ...

おしゃぶりの代用品を試してみる

また、おしゃぶりではなくて別の物で

代用でもいいでしょう。

もしかしたら指には独特の感覚と味があるのでは?と

私は感じています。

だから癖になるのではないでしょうか?

おしゃぶりに抵抗があるなら

清潔なタオルやハンカチでも

代用ができますよ。

色々と試してみてみるといいでしょう。

まとめ

いかがでしょうか?

赤ちゃんにとって、指しゃぶりは

「精神安定剤」みたいなものかもしれません。

赤ちゃん自身が必要な物って次の3つですよね。

何のトラブルもないのなら無理矢理と

やめさせる必要はないでしょう。

そのお子さんの好みで次のどれかを

チョイスするのか?ってことなんでしょう。

  • 指しゃぶり
  • おしゃぶり
  • おっぱい

中には、どれにも興味を示さない

さめたお子さんもいます(笑)

ママとしてうまく好みを試してみて

赤ちゃんが笑顔でいられる方法で

対処をしてみてくださいね。

スポンサーリンク
関連記事



共有してくれると嬉しいです(^^♪

フォローする