【授乳中】飲める薬8種と母乳に影響の出てしまう薬4種

あなたは、現在授乳中でしょうか?

もしそうなら赤ちゃんに影響が出るのを

考えて薬を飲むのを控えていますか?

頭痛の場合は治まるまでひたすら待つ、

風邪をひいても絶対に薬は飲まないと、

決めているママもいるでしょう。

でもそこまで頑張らなくていいんです。

今日は「授乳中の薬の服用」について

お話ししていきます。

スポンサーリンク

あなたは、授乳中の薬については

こんなふうにしていませんか?

  • 頭痛持ちだけど、鎮痛剤は飲まないで耐えている
  • 風邪をひいても、薬を飲まないで治すようにしている
  • 便秘薬が飲めないので、いっこうに解消しない
  • 胃腸の調子が悪くても、自然にまかせている
  • 毎年、花粉症になって薬を飲んでいたが止めているのでとても辛い
  • ドライアイがひどいけど、瞬きをコマメにして対処している

すべての薬は母乳に影響があると考え

一切薬を飲まないママが多いですよね。

「子供のためを考えたら、ひたすら耐えるのが正しいんだから我慢」

確かに、ほとんどの薬は母乳の中に

入っていくので心配になりますよね。

でも、実際はどんな薬でも飲んでは

いけないわけではありません。

授乳中は薬を飲んではいけないと言われる理由

薬

確かに多くの薬は母乳に移行されます。

でも一般的な薬を飲んで影響がでるのは

非常に多くの量を飲んだ場合だけです。

ここがみんな勘違いしている点ですよね。

授乳中の母乳に影響のない薬

では、授乳中に飲んでも母乳に影響を

及ぼさない薬をご紹介します。

胃腸薬、風邪薬、抗ヒスタミン剤

胃腸剤、風邪薬、抗ヒスタミン剤は

よほどの極量でない限り大丈夫です。

極量とは、

  • 1日3回の薬を一度に全部飲む
  • 数日分を1日で飲んでしまう

つまり指示量をはるかに超えた量です。

ふつうでは考えられない行為ですよね。

そんなに大量を飲むということは

気がおかしくならない限りはしない

ことですよね。

軟膏やクリーム

飲み薬でない外用薬の軟膏やクリームは

症状の出ている局所に塗ります。

だから全身に薬が行き渡るわけでなく、

局所のみなので血中に吸収されるのは

ごくわずかです。

よって母乳にほとんど影響ありません。

目薬・点鼻薬

目薬

目薬や点鼻薬は粘膜から吸収されます。

軟膏やクリームのような肌に塗る物より

母乳への影響が高くなると考えられます。

でもこちらも局所にしか使用しないので

微量しか移行しないので問題ないです。

気管支拡張薬や肝血管拡張薬

気管支拡張薬や、肝血管拡張薬は、

内服による全身投与と同様使い方を

間違わなければ大丈夫です。

誤った使い方は絶対にしないように

してください。

スポンサーリンク

授乳中の母乳に影響を与える薬

WHOは授乳中のママの薬の服用に

ついてガイドラインを出しています。

でも、そこには薬の「成分名」しか

書かれておらず、一般の人が見ても

分かりづらくなっています。

WHOでも、一部の薬は母乳へ影響が

出てしまうものがあるとしています。

赤ちゃんへの影響が大きい場合も

あるので、注意が必要です。

抗がん剤は断乳、抗生剤

抗がん剤などの場合は断乳が必要に

なります。

お医者様からも授乳ができない旨の

説明は必ずされます。

抗生剤については、

「すべての抗生剤を飲んではダメ」と

いうことではありません。

たとえば「テトラサイクリン」という

抗生剤は「歯や骨の色素沈着」への

安全性がわかっていません。

だから、授乳中と申し出たら投与は

されません。

実際、この抗生剤を子供が飲んだ場合

生えてくる歯や骨に茶色っぽい色が

つくので通常子供には処方されません。

母乳についても、どのくらいの量なら

子供の歯や骨に着色しないか、現在は

まだわかってはいません。

だから授乳中のママに投与しません。

また、抗生剤は飲んでもいいものと

悪いものがあります。

薬をもらう前に、必ず医師に授乳中で

あることを必ず申し出てください。

その他、飲んではいけない薬として、

以下のものもあります。

  • 免疫抑制剤の一部
  • 向精神薬の一部

授乳中に薬を飲むのは悪いことでない理由

○×

授乳中でも、医師の指示通り飲んで

市販薬でも、説明書通りに飲むなら

問題はありません。

つまり、薬を飲んでても母乳をあげて

かまいません。

そんなに、神経質にならなくても

いいんですよ。

でも、世の中には授乳中なのに

「薬飲んだら大変じゃない!」とか

「子供のことを考えてないの?」と

言う人もいますよね。

大事なのは「飲んでも構わない薬」と

「飲まない方がいい薬」を正しく理解が

できていることですね。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

今まで、風邪薬をあまり飲まずに

「寝て治していた」というママも

多くいることでしょう。

でも赤ちゃんがいると、睡眠時間を

確保することも難しいのでゆっくりと

休むことができないですよね。

そんな時は風邪薬に頼ってください。

辛い症状を和らげるため薬を飲むのは

悪いことではありません。

また、授乳中の薬の服用に関しては、

担当医に相談するのが一番いいです。

具体的にどんな成分が良く、悪いのか

詳細を知りたい場合は医療機関である

「国立生育医療研究センター」の

サイトを参考にしてみてくださいね。

https://www.ncchd.go.jp/kusuri/lactation/druglist.html

スポンサーリンク

共有してくれると嬉しいです(^^♪

フォローする

注目記事