【産後の授乳】疲労がたまる4つの原因と授乳が苦痛にならない対策

共有してくれると嬉しいです(^^♪

あなたは出産してから間もない新米の

ママさんですか?

出産大変でしたよね。お疲れさまです。

疲労もかなり溜まってることでしょう。

病院を退院した後も体がだるかったり

母子同室だと、赤ちゃんが気になって

まともに眠れないですよね。

そこで今日は出産後疲労がたまる原因と

疲労が続いた場合、母乳を休んでも

いいのかついてお話ししていきます。

スポンサーリンク

待ち構えていた赤ちゃんが生まれて

「さぁママとして頑張らなきゃ!」と

思っても体が重くて動かすのも面倒。

授乳も頑張ってやるけど、ますます

疲れて、億劫になっていませんか?

そんな自分に嫌気がさしてしまったり、

根性がないと、あなたは自己嫌悪に

なってはいませんか?

そんなことないんですよ。

みんな同じで、お産をした後の

疲労は相当なものだし授乳するのも

相当体力を使うんです。

授乳が疲れてしまう理由

では、なぜ授乳すると疲労するのか

お話ししていきます。

体力を消耗が激しい

出産前から「私は完母で育てよう」と

思っていたママもいざ授乳してみると

あまりの疲労感に驚くことがあります。

疲れやすし、体が重くてだるいなどと

感じます。

なぜかというと授乳は体力をかなり

消耗するからです。

授乳がどのぐらい疲れるかというと

「ランニングしたのと同じ」ぐらい

エネルギーを消耗します。

なぜなら一日の母乳を作るのに、

こんなにカロリーを消耗するからです。

平均500~800キロカロリー

これは軽いランニングなんかでなく、

10キロ以上のランニングに相当します。

あなたは産前に、10キロ以上の

ランニングをしたことありますか?

歩いたら2時間かかりますよ。

そのぐらい体力を消耗するんです。

だから、体力のないママなどは

完母を目指しても行えない場合が

あって当然なんですよ。

ママとして失格なんてことは

ないですからね。

母乳は血液

母乳は、血液で作られているのは

以前の記事にも書きましたね。

「美味しい母乳」「まずい母乳」なんてあり得ない2つの理由
「美味しい母乳」「まずい母乳」なんてあり得ない2つの理由
あなたは自分のおっぱいについて こんなこと考えていませんか? 「私の母乳って好き嫌いが多いからおいしくないのかしら」 「あまりおっぱいを飲まないのはまずいせいからかな?」 もしあ...

おっぱいを作るために多くの血液が

必要になります。

だから産前より多く血液を作るために

多くのエネルギーを使います。

毎日、母乳を作り続けるというのは

ママにとって大仕事になりますから

疲労感に襲われるのは当然なんです。

母体を回復するため

産後ママが完全に普通の体が戻るには、

半年はかかります。

上記の通り母乳を出し続けるための

体力が必要なことと、半年間は母体を

回復するためのエネルギーも必要と

なるだからです。

授乳もエネルギーが必要

すでに、母乳を与えているママなら

わかると思います。

授乳が終わった後ママも赤ちゃんも

汗をびっしょりかいてしまうことは

ありませんか?

授乳というのは赤ちゃんにおっぱいを

与えるだけでなく抱き方を工夫したり

赤ちゃんに授乳し続けます。

だから、これもママの体力を消耗する

原因となっています。

また、授乳中は食事にも気を使います。

低カロリーな食事ばかりにしていると

栄養不足になってスタミナが持ちません。

母乳育児はお腹が空きますが疲れ過ぎで

食欲が落ちてしまうと、ますます疲労が

摂れなくなってしまいます。

これは、出産前にも経験したことが

あるはずですよね?

授乳中は、だから好きなものを食べて

いいんですよ。たくさんはダメです。

これも前の記事に書きましたね。

【授乳中禁止の食べ物・飲み物】授乳中も量調整で可能!摂っていい3つの嗜好品
【授乳中禁止の食べ物・飲み物】授乳中も量調整で可能!摂っていい3つの嗜好品
あなたは、母乳をあげているからと 大好きなお酒やコーヒー、ケーキを あきらめていますか? 一般的にそんなものを食べることは 母親失格だから…と思われてしまうと 考えていないでしょう...

また、授乳の行為そのものが姿勢が

いつも同じだったり、無理な姿勢だと

体に負担がかかり疲れることもあります。

これだけ疲労がたまる材料があるので

辛いなら母乳を休みましょう。

ここで思うのがこういうことですよね。

「赤ちゃんの成長に影響がでないの?」

でも、あなたの体も大事です。

あなたがいないと赤ちゃんも成長して

いかないんですからね。

今のミルクは、限りなく母乳に近く

なっているので大丈夫ですよ。

授乳するのが少しでもラクになる方法

では、母乳を与えるのを休む方法を

お話ししますね。

スポンサーリンク

早目にミルクに慣れさせる

出産後から疲労感を感じていたり、

先々に子供を預ける予定があるなら

早目にミルクに慣れさせておくと

いいでしょう。

生後間もないならおっぱいもミルクも

赤ちゃんはこだわりなく飲みます。

それが嫌なら、産後すぐの母乳には

良い成分がたくさん入っているので

搾乳をして冷凍しておきましょう。

体が辛いなら、パパさんに哺乳瓶で

与えてもらってもいいですね。

搾乳器を使用すると楽なのですが

母乳の出が悪くなることがあるので

おすすめしません。

添い乳で対応

新生児からでも添い乳で対応しても

いいんですよ。

夜間授乳や寒い時期などは赤ちゃんと

一緒の布団に寝て添い乳してください。

ひとりで頑張りすぎない

育児は夫婦で行うのが当然ですし、

あなたが辛いなら、なおさらです。

パパさんに事情を話して休日だけでも

協力してもらいましょう。

このブログを見せるもの手かも

しれませんね。

非協力的なご主人なら周りにいる人で

相談出来る方に話してみましょう。

また色々なサービスを使ってみるのも

いいですね。

【新生児の育児が辛い】育児に行き詰っても自分の時間を作る2つの工夫
【新生児の育児が辛い】育児に行き詰っても自分の時間を作る2つの工夫
あなたは今、毎日を赤ちゃんの世話で 追われていますか? ふと気がつくと世の中で起こっている 出来事がわかる新聞もニュースなども 知らなかった… 世の中から取り残されたような気分...

まとめ

いかがでしたでしょうか?

産後は、慣れない育児でストレスが

溜まりやすくなります。

そして「母乳育児」したいのに

できないジレンマもありますよね。

  • 母乳育児を続けたいけど辛いから休みたい
  • でも、赤ちゃんのために私が最後まで母乳で育てたい

こう考えるのもかなりストレスとなり

疲労につながっていきます。

母親として、今しかできないことを

やり遂げなくちゃいけないような

妙な責任感を、あなた自分自身に

課していませんか?

大丈夫ですよ。

赤ちゃんはあなたのペースに合わせて

ちゃんと成長してくれるものです。

スポンサーリンク
注目記事

共有してくれると嬉しいです(^^♪

フォローする