【授乳中禁止の食べ物・飲み物】授乳中も量調整で可能!摂っていい3つの嗜好品

あなたは、母乳をあげているからと

大好きなお酒やコーヒー、ケーキを

あきらめていますか?

一般的にそんなものを食べることは

母親失格だから…と思われてしまうと

考えていないでしょうか?

でも、何が何でも我慢をする必要は

ないんですよ。

今日は授乳中でも可能な食べ物と

飲み物についてお話ししていきます。

スポンサーリンク

母乳に影響が出てしまいそうな

大好きな嗜好品を、赤ちゃんのため

我慢しているママは多いでしょう。

私も甘いものが大好きでしたし、

「お酒で気分転換したいなー」と

思うことも、結構ありましたから

子供ができる前は飲んでいました。

でも、やっぱり母乳で育てるように

なった時はやめてました。

なぜなら、ネットで調べるとよくない

ことばかり書いてありましたしね。

母乳は、ママが食べる物がそのまま

母乳に移行して影響があるのでは?と

いうことは、以前に書いているので

参考にしてくださいね。

「美味しい母乳」「まずい母乳」なんてあり得ない2つの理由
「美味しい母乳」「まずい母乳」なんてあり得ない2つの理由
あなたは自分のおっぱいについて こんなこと考えていませんか? 「私の母乳って好き嫌いが多いからおいしくないのかしら」 「あまりおっぱいを飲まないのはまずいせいからかな?」 もしあ...

【喫煙は母乳ママにはNG】でも喫煙を止められない時に最低限守ってほしい3つの注意点
【喫煙は母乳ママにはNG】でも喫煙を止められない時に最低限守ってほしい3つの注意点
あなたは赤ちゃんに母乳を与えてるけど どうしても喫煙するのがやめられないと 思っていませんか? また、タバコを吸った場合に母乳への 影響がどのくらいあるかのかも 気になるところです...

さて、どんなものがどのくらい母乳に

影響があるのでしょうか?

代表的な嗜好品について、ここでは

取り上げていきましょう。

アルコール摂取量に注意しなければいけない理由

アルコール

分子量が小さいアルコールは母乳に

影響がありますので注意が必要です。

実は赤ちゃんはアルコールの代謝が

非常に遅いんです。

慢性的に飲酒しているママの場合は

赤ちゃんに影響を与えてしまいます。

アルコールによる子供への影響には、

以下のようなものがあります。

  • 傾眠傾向
  • 慢性では認知能力低下
  • 成長障害
  • 胎児性アルコール症候群(神経発達症)

「神経発達症」は視力や聴覚などの

感覚器に障害が残ることもあります。

ママがアルコールをどのくらい摂取を

するかにもよりますが、血液中の

「アルコールの代謝」は最低でも

2時間はかかります。

そこで「アルコール濃度を薄めよう」と

よく水分を多めにとったり、搾乳して

捨てたりする人もいますが、無駄です。

それだけでは、母乳中のアルコールの

濃度を低下させることはできません。

どうしてもアルコールを飲みたい時は、

飲んでから3時間以上母乳を与えない

ようにすれば可能です。

でも、授乳中は赤ちゃんが母乳を

欲しがるので難しいことですよね。

だから、まったく飲んではいけないと

いうことではなく許容範囲さえ守れば

大丈夫ですよ。

母乳で育児をしているママの場合は

アルコールを1単位(20g)以上

摂取しないように勧告されています。

「アルコール1単位」とは、

  • 日本酒1合ウイスキーダブル一杯(60ml)
  • ビール中ビン1本(500ml)
  • 7%のサワー類一本(350ml)
  • ワイン1~2杯(200ml )

妊娠中ずっと我慢していたママだって

いますものね。

「ちょっとだけ」気分転換になるなら

飲んでもいいでしょう。

妊娠するまではお酒がストレス解消に

なっていたママも当然いるでしょうが

回数はちょっと加減してくださいね。

最近では、ノンアルコールビールや

ノンアルコールサワーなどがたくさん

出ています。

そちらを選べは、量も気にする必要は

ありません。案外おいしいですよ。

スポンサーリンク

コーヒーの母乳への影響

コーヒー

コーヒーは主成分の「カフェイン」が

問題になります。

一日10杯以上コーヒーを飲むことは

ないとは思います。

もし、飲んだ場合には母乳を飲んだ

赤ちゃんには以下のことが起きます。

  • 落ち着きがない
  • 眠りが浅い

「中枢神経」を刺激してしまう症状が

出ることがあります。でも、これが

少量ならどうなのでしょうか?

実は「1日5杯」までなら影響がないと

いう研究結果がでていて、この位なら

赤ちゃんに悪影響はないです。

でも、2~3杯にとどめておいた方が

いいですね。

ケーキの「乳腺」への影響

ケーキ

ケーキやお菓子などは、脂肪分が

多いので乳腺炎の懸念があります。

だから食べるのを控えているママは

多くいることでしょう。

実は、乳腺炎の原因として明らかに

なっているのは、おっぱいに母乳が

溜まることだけです。

  • 搾乳が頻繁でない
  • 不適切な抱き方をしている
  • 吸着の仕方が悪く母乳をうまく飲めてていない
  • 服やおんぶ紐による圧迫で母乳が除去さなかった

たまったままだと、乳管閉塞感から

乳腺炎になりやすくなるのです。

ケーキやお菓子に多く含まれている

食物は以下のものですよね。

  • 動物性脂肪
  • バター
  • 生クリーム

これらを食べることで乳腺炎になると

いうことは、実は医学的に証明されて

いないのです。

「えっ?そうなの?」と驚いた人も

いるでしょうね。

これで大好きなケーキを食べることが

できますね(笑)

ただし、食べ過ぎは禁物です。

量はほどほどにを守れば大丈夫です。

育児を頑張っている自分へのご褒美に

さっそくひとつ食べてください(笑)

まとめ

いかがでしたでしょうか?

なんでも「ほどほど」にすることが

大切ですよ。過剰摂取は絶対だめです。

一番大切なのは、ママであるあなたが

ストレスを感じないことです。

「好きな物を飲んだり、食べたりできないのがストレス」

これでは本末転倒ですから許容範囲を

守るようにしましょう。

逆にダメと一般的に言われている物を

摂ってしまったことで、ストレスを

感じるようなら我慢すべきでしょう。

うまく「育児ストレス」を乗り越えて

いきましょうね。

スポンサーリンク

共有してくれると嬉しいです(^^♪

フォローする

注目記事