【母乳に関する疑問】あまり知られていない母乳の「9つの事実」

共有してくれると嬉しいです(^^♪

あなたは、今現在赤ちゃんを母乳で

育てていますか?

やはり母乳育児をめざすママが多いのは、

赤ちゃんにとってはいいことだからです。

でも、意外に知られてない事実があります。

そこで今日は、あまり知られていない

「母乳に関する知識」をお話しします。

スポンサーリンク

母乳を与えることには、

たくさんのメリットがあります。

  • 赤ちゃんに免疫力がつく
  • 栄養たっぷり
  • スキンシップが自然にとれる
  • 経済的

ここいらへんのことは、

あなたもすでにご存知でしょう。

でも、他にもあまり知られていない

いいことも悪いこともあります。

なぜあまり話されることがないのか?

それは「タブー」とされることも

中にはあるからです。

経験した人にしかわからないことも

あるからでしょうが…

赤ちゃんにとって大事な母乳のことなのに

おかしなことなんですけどね。

母乳に関する知られていない知識

それではおそらくあなたが知らない

事実をお話ししていきますね。

おっぱいを吸う練習

妊娠中にエコー写真で赤ちゃんが

指をしゃぶっているのを見たことが

ないでしょうか?

これはすでにお腹の中で母乳を吸う

練習をしていると言われています。

母乳を与えると痩せる

「おっぱいをあげると痩せる」って

よく聞きませんか?

これは事実で、なぜかというと

授乳は多くのエネルギーを消費するからです。

実際にアンケートを取った結果、

痩せたと実感した方は6割もいます。

ただし、母乳を与えなくなったら

すっかり元にもどることも多いです。

また、体重は減ったんだけど

お腹の感触がぷよぷよになったりします。

また、体形がお産後以前との変化

(お腹やお尻のたるみ)を

感じることもあります。

不安・ブルーな気持ち

授乳中や直後に人によっては

感傷的になったりすることがあります。

個人差がありますが、何とも言えない

不安なような、せつないような…

夏祭りが終わったような気持ちです。

「授乳する時は幸せな気持ちになるって聞いてたのに…なんで?」

確かに、想定外の気持ちなので

驚いてしまいますよね。

これは、子供を愛するホルモンと、

ストレス緩和する脳波が出るためです。

何とも言えない感覚なんですが、

授乳が終わるとともになくなります。

母乳酔い

あなたは「母乳酔い」って

聞いたことありましたか?

これは赤ちゃんに母乳を吸われ分泌する

オキシトシン、プロラクチンの影響で

気持ちがハイになることを言います。

中には、強い高揚感が出て

「中毒」になる方もいます。

  • 授乳をすることによる快感
  • カロリー消費

このふたつが相まりクセになることが

あるんですね。

女優のペネロペ・クルスさんが

「中毒になりそうで危険!」と

言ったのは有名な話しです。

スポンサーリンク

胸の大きさと母乳量の関係

「胸が小さいから母乳の量が少ないかも…」

こんな心配をするママがいますが、

胸の大きさと母乳量は比例はしません。

貧乳でも、ドバドバと出る人もいるし

爆乳でもあまり出ない人もいます。

催乳反射

催乳反射とは、溜まった母乳が

出る現象をいいます。

授乳すれば誰にでも起こることですが

この反射に敏感に反応をしてしまうママもいます。

たとえば、赤ちゃんが泣いただけで

母乳が出てくることもあります。

これは、自分のお子さんでなくても

反応してしまいます。

また、チクチクやツーンというような

感覚を感じるママもいます。

変な感覚

母乳を吸われることで、

変な感覚を伴うこともあります。

つまり…感じてしまうんですね。

他の親しいママに聞いてみても

そんなことないと言われるかもしれません。

でも、実際に感じてしまうママはいます。

だからそれがいけないことや

特殊なことなどと思わなくても

大丈夫ですよ。

子宮への影響

赤ちゃんが乳頭を吸う刺激により

分泌されるオキシトシンは

母乳を出る役割だけではありません。

子宮の収縮を促して、分娩後の出血を

止める作用もあります。

ただ、これによって「子宮痙攣」を

起こすこともあります。

でも、出産直後は頻回授乳をすれば

身体の回復も早くなるので、

一時の我慢が必要です。

豊胸手術をした場合の母乳への影響

ほとんどの豊胸手術は、脇の下を

切開する方法で行います。

だから母乳への影響はほとんどありません。

ただし、乳頭に何等かの手を加えている場合は、

乳腺が損傷をしていたり

乳管が詰まることがあります。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

もしかしたら悩んでいた感覚もありましたか?

女性の身体って不思議ですよね。

人によって色々な感覚が生じることがあったり…

それでも、母乳はキチンと出てきます。

人それぞれのことなのですから、

あなただけちょっと違うことはないと

言うのは覚えておいてくださいね。

スポンサーリンク
関連記事



共有してくれると嬉しいです(^^♪

フォローする