【赤ちゃんが風邪の時のお風呂】風邪でもOK?3つの症状別の判断方法とNG

あなたは赤ちゃんが風邪をひいた時

お風呂に入れていますか?

症状が悪化しては困るけどきれいに

してあげたいと迷いますよね。

風邪をひいている時、お風呂について

赤ちゃんはどのように対処するのが

いいのでしょうか?

今日は赤ちゃんが体調が悪い時に

お風呂を入るべきか、やめていた方が

いいのかを判断する方法について

お話ししていきます。

スポンサーリンク

赤ちゃんが風邪をひいていてお風呂に

入れたらいいのかを迷う理由は、

次のようなことではないでしょうか?

  • 咳がひどくなったりはしないか
  • 鼻水だけなんだけどいいのかな?
  • 熱が37度ある時はやっぱりダメ?
  • 赤ちゃんもシャワーだけの方がいいの?

風邪の症状がひどくなってしまうのを

懸念してしまいますよね。

でも体は清潔にしておいた方がいいし

赤ちゃんも気持ちよくなりますよね。

一体どうすればいいのでしょうか?

その判断方法をお話ししていきますね。

風邪の時のお風呂の可否

お風呂でご機嫌

お風呂は実は体に負担をかけることは

ありません。

だから、お風呂に入れたことによって

風邪がかえってひどくなることは

ありません。

よく、風邪の時は入浴を控えた方が

いいと言われていますよね?

これは、赤ちゃんが辛そうにしてると

わかる時に、わざわざお風呂に入れる

必要はないのがひとつの理由です。

そしてもうひとつは、昔は家の中に

お風呂がありませんでした。

昔、入浴する場所といえば「銭湯」

でしたね?

だから、入浴後は必ず外を歩くので

湯冷めをしたため風邪をぶりかえして

いました。

そのため、風邪の時はお風呂はNGと

なり、現代もそのまま思われていると

いうわけです。

現代では、お風呂を出た後であっても

暖かくしてある部屋で過ごすことが

できるので大丈夫ということですね。

入浴する際の注意点

では、風邪をひいている時のお風呂の

利用方法については注意点があります。

湯冷めに注意

風邪をぶり返す理由のひとつに上記の

とおり湯冷めすることがあります。

ですから、湯冷めしないような対策が

必要となります。

風邪をひいていてお風呂に入る時は

「脱衣所とお風呂場」を必ず前もって

暖めておきましょう。

またお風呂から出たら体をすぐ拭いて

頭も早目に乾かしましょう。

生乾きは厳禁。しっかりと乾かして

あげてくださいね。

湯船・シャワーの選択

湯船に浸かってもシャワーでも関係

ありませんが「温度と時間」だけは

注意してくださいね。

つまり、お風呂に入れるかどうかは、

親がよく様子を観察して判断すれば

いいんです。

もし、過去にお風呂に入れてみたら

風邪をぶりかえしたようなことが

あったらもちろん控えておいた方が

いいですね。

風邪の症状別!お風呂の入り方

風邪と言っても色々な症状があるので

判断の仕方とお風呂の入り方について

お話しをしていきます。

熱が高い場合

実はお風呂にはいっていいかどうかの

判断は熱の高さは関係ないのです。

熱が低くても、体調が悪そうで

辛そうに見えるならお風呂には

入れない方がいいでしょう。

反対に、熱があるのに元気だったら

お風呂に入れてもいいですよ。

ただし、一点注意しなくてはいけない

ことがあります。

熱がある場合は、熱いお湯でなくて

ぬるめのお湯に短時間だけにします。

なぜなら、長湯や熱めのお湯にすると

体力を消耗してしまうからです。

解熱剤を飲んだ場合

解熱剤で熱が一時的に下がった状態

なっているだけなので、時間がたてば

再び高熱になる可能性があります。

この場合は、お風呂に入れることは

やめておいておください。

鼻風邪・咳が出る風邪の場合

「鼻風邪」や「咳の風邪」はお風呂に

入れてあげた方が蒸気で鼻が通って

喉も潤うので入れてあげてください。

では最後に風邪の対処法でNGな

お風呂に関することについてお話しを

しますね。

スポンサーリンク

「体を温めると熱が下がる」が間違いの理由

体温計

あなたは体を温めて、汗をたくさん

かけば熱は下がると思っていませんか?

実はこれも間違いです。

子供でも大人でも同様となります。

だから、熱い湯船に入れさせたり

長風呂は厳禁です。

なぜなら体が疲れてしまうと同時に

熱が体内にこもってしまいかえって

辛くなってしまいます。

熱が出ているだけでも、自然に汗を

かきやすくなっているので、体から

水分が出やすくなります。

それに輪をかけて、湯船に入ると、

「失いがちな体の水分」がさらに

汗によって奪われてしまいます。

これで「脱水症」に陥る危険性が

あるので、絶対にやめてください。

「湯冷め防止の厚着」がNGな理由

お風呂に入れた後、湯冷めを心配して

厚着をさせ、その上からさらに毛布で

ぐるぐる巻きなんてしていませんか?

これも上記の理由でわかることで

してはいけないことですね。

もし実行していたらすぐやめましょう。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

まとめると赤ちゃんが風邪の時の

お風呂の入れ方は以下のことを

考慮する必要があります。

  • 赤ちゃんが辛そうでないか確認
  • 熱があるないはお風呂を入れる判断材料ではない
  • 熱がある時はぬるま湯で短時間にする
  • 鼻風邪・咳の風邪はお風呂にいれてもOK

ちなみにあなたはお子さんの平熱は

何度かご存知ですか?

一般的に赤ちゃんの体温は高いです。

37度は大人なら微熱となりますが、

赤ちゃんにとっては平熱ラインです。

でも、36度台前半が平熱という子も

いるおで、ここは個人差があります。

大人と同じように考えてしまい

「熱がある!大変!」と思ったなら

それは間違いです。

お子さんの平熱がわからない人は

ぜひ今日から体温を測って把握して

おいてくださいね。

オススメの体温計はこちらでご紹介

しています。

【育児用品まとめ】購入場所と必需品比較と「育児が楽になる16商品」「買う必要ない8商品」
【育児用品まとめ】購入場所と必需品比較と「育児が楽になる16商品」「買う必要ない8商品」
こちらでは、当ブログのまとめとして 育児の必需品と購入をしてよかったもの、 また購入したけど買う必要がないもの、 そして育児をして行く上でママにとって あってよかったものをご紹介していま...
スポンサーリンク

共有してくれると嬉しいです(^^♪

フォローする

注目記事