【産後の会陰切開の痛み】少しでも早く痛みを和らげて回復させる5つの工夫

あなたは、お産の時に会陰切開をして

お尻が痛くって椅子に座るのも辛いと

いうことはないですか?

出産が辛く苦しい思いはもう終わりと

思っていたのに、産後もあちこちが

痛いなんて・・・

想定外に思うママが多いみたいです。

そこで今日は会陰切開の痛みについて

お話ししていきます。

スポンサーリンク

あなたはお産が終わった後に

こう思わなかったでしょうか?

「お産の時は苦しかったし痛かった~!でもようやく痛みから解放されるゎ」

でも、お産後も苦しむことが多いのが

会陰切開の傷の痛さです。

「聞いてないよ~!!」って声が

聞こえてきそうですね。

これは、お産時にを縫った糸が

引きつってその痛みに慣れていないので

余計に痛く感じてしまいます。

授乳指導に集まった時のママさん達は

ほとんどのママにその痛みがあるので

痛みに耐えながら恐る恐る歩きます。

「もうー早くなんとかして!」

大丈夫ですよ。工夫次第で痛みを

和らげて、少しでも早く治す工夫が

あります。

会陰切開の痛みを少なくする方法

それでは、痛みから解放される方法を

5つお話ししますね。

座る回数を減少して横になる

会陰切開

座る姿勢は、傷口が下着に擦れるので

痛む原因となります。

だからなるべく横になるようにして

過ごすようにしましょう。

どんなに安静にしても痛む場合は、

縫った部分に血腫ができていたり

化膿している可能性があるので

病院を受診した方がいいでしょう。

ドーナツ円座を利用

座る時これがないと「ギャー!!」と

叫ぶくらい痛いママもいるようです。

ドーナツ円座なら治った後も使用できるので、出産前に

用意しておいてもいいでしょう。

おすすめのドーナツ円座はこちらで

ご紹介しています。

【育児用品まとめ】購入場所と必需品比較と「育児が楽になる16商品」「買う必要ない8商品」
【育児用品まとめ】購入場所と必需品比較と「育児が楽になる16商品」「買う必要ない8商品」
こちらでは、当ブログのまとめとして 育児の必需品と購入をしてよかったもの、 また購入したけど買う必要がないもの、 そして育児をして行く上でママにとって あってよかったものをご紹介していま...

ドーナツ円座がないなら正座をすれば

患部に直接は当たらなくなります。

授乳の仕方を工夫して痛みを減らす方法

授乳する方法をちょっと工夫すれば

痛むことはありませんよ。

添い乳で授乳

添い乳

添い乳で授乳するとずいぶん楽です。

やり方は、ママの胸と赤ちゃんの胸が

向かい合わせになるように赤ちゃんの

体を横に向けます。

そして、おっぱいが赤ちゃんの顔に

くるよう抱き寄せてます。

また、ママの足にクッションを挟むと

腰を楽に授乳できます。

立って授乳

テーブルなどの高い所で赤ちゃんを

支えて立って授乳します。

これだけでも、座らなくていいので

痛みを感じる回数を減らせます。

清潔を保つのが大切

傷を早く治すには、清潔にすることが

重要です。

温水洗浄便座や座浴をしましょう。

温水洗浄便座なら、トイレに入る都度

使用できるので便利ですね。

また、拭く時は傷口をこするような

拭き方はやめて「紙を充てる」ように

しましょう。

その後、清浄綿でこれも軽く充てる

ようにします。

また、シャワーの時でも傷口がしみて

痛いこともありますが害はありません。

局部を洗う際は優しく手で拭うように

行ってくださいね。

スポンサーリンク

アロマオイルを使用

アロマオイル

殺菌効果のあるアロマオイルを使用

すると効果的です。

アロマオイルは「サイプレス油」が

オススメですよ。

用意する物は以下とおりです

  • お湯
  • サイプレス油
  • コットン
  • ナプキン

やり方は、お湯に「アロマオイル」を

数摘垂らして1~2%に薄めます。

そして、コットンを湿らせてから

ナプキンとの間に挟めば、これで

湿布が出来上がります。

会陰切開しない出産方法

あなたは「会陰切開はおせっかい」と

言われていているのをご存知ですか?

今は、会陰切開しないで済む方法

見直されつつあり、実際に切らずに

済んだママもいます。

「そんなこと知らなかったわ!」

確かに病院で出産前に説明することも

ないと思います。

二人目を考えているママはこの体験で

「会陰切開しない病院」を選ぶことも

考えるといいでしょう。

でも、なぜママが痛い思いをするのに

会陰切開をするのでしょうか?

会陰切開をする理由

「会陰」は、出産時に伸びることで

赤ちゃんが出しやすくなります。

でも、日本人などのアジア圏のママは、

最も会陰が伸びにくい人種となります。

また、出産の時に自然と会陰が切れる

「会陰裂傷」だと余計に痛みがひどく

なることもあります。

だから、先に切ってしまう会陰切開を

選ぶ医師が多いんですね。

傷の痛みは3週間~1ヶ月くらいで自然に

和らぐので、それまで少し辛抱ですね。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

まとめると、

  • 痛みが和らぐまではなるべく横になっておく
  • 座るときはドーナツ円座を利用する
  • 授乳に工夫して痛みを抑える
  • アロマオイルを垂らした水で患部を湿布

会陰切開後の痛みにはかなり個人差が

あります。

すぐに痛みがなくなった人もいれば

あまりの痛みに「痛み止めの注射」で

対処をする人もいます。

でも、ずっと続くことではないので

安心して下さい。

ちなみに、アメリカでは会陰切開は

必ず行うべきではなく必要な時だけ

すべきと発表しています。

でもこれは人種が違うのであくまでも

参考にしかなりませんね。

日本も助産院では会陰切開はしません。

産院によっては、会陰を保護しながら

切らずに済ませてくれる所もあります。

出産前に、会陰を伸ばしておけば

切開することがなく、産後の回復も

早いと言われていますよ。

スポンサーリンク

共有してくれると嬉しいです(^^♪

フォローする

注目記事