【産後の腱鞘炎が治らない】腱鞘炎の痛みを和らげることができる5つの対処法

共有してくれると嬉しいです(^^♪

あなたは、産後に赤ちゃんをずっと

抱っこしていて、手首に激痛が走って

いることはありませんか?

これは赤ちゃんを抱っこするママが

発症することの多い「腱鞘炎」です。

赤ちゃんは、そんなに重くなくても

ほぼ毎日抱っこしているんですから

必然でなってしまいます。

そこで今日は、少しでも痛みが和らぐ

方法についてお話ししていきます。

スポンサーリンク

腕と手首がピリピリ痛くて抱っこを

するのが、苦痛になってしまうのが

腱鞘炎です。

どんなに軽い赤ちゃんだって3キロは

あるわけですから、なるのも当然です。

でも、原因はそれだけでないんですよ。

「痛くなくなる方法」を話す前に

その原因をまず知っておきましょう。

産後に腱鞘炎になってしまう原因

腱鞘炎

産後に腱鞘炎を発症してしまうのは、

一番はの原因は、赤ちゃんの重さに

手が耐えることですが、他にもこんな

原因があります。

  • ホルモンバランスの崩れ
  • 産後、筋肉が衰えている
  • 初産の場合、肩や手首に力が入ってつい手首を使ってしまう
  • おむつ交換や沐浴、授乳の際に手首に負担がかかる

慣れない育児生活で、つい力が入って、

それが「手首」にまで及んでしまって

腱鞘炎になってしまいます。

また、産後は「プロラクチン」という

ホルモンが増加して、このホルモンで

親指の動きを調整する「腱鞘」という

箇所が狭くなり起こりやすくなるのも

原因のひとつにあります。

では、どうように治していけば

いいのでしょうか?

パパや両親の力を借りる

腱鞘炎なったら、なるべく手首を

使わないようにすることがとにかく

大事です。

「そうは言っても、赤ちゃんを抱かないわけにはいかないから…」

確かにこれは難しい話ですね。

だからこんな時こそ、パパや両親が

いる近くにいる時は、できるだけ

サポートしてもらうよう手伝って

もらいましょう。

手首を使わないように工夫

日常でなるべく手首を使わないように

工夫してください。たとえば、こんな

ことです。

  • 字を書くことはなるべくしない
  • 箸よりフォークやスプーンを使って食事をする
  • 包丁はなるべく使わないようにする
  • 重い荷物を持たないようにする

テーピングやサポーターを使用

テーピングやサポーターで痛みを

和らげていきましょう。

テーピングは、痛みがある腱の筋に

添って、テープを貼るのが基本です。

腱鞘炎のテーピング

参考:http://ne-stra.jp/2555.html

腱鞘炎の場合は、腕と手首と親指の

付け根に貼ります。

そうすることで、筋肉や靭帯の炎症が

起きている部分の「血液循環」が

良くなってきます。

湿布や塗り薬を使用

筋肉痛の時の定番と同様痛む箇所に

使用しましょう。

ここで心配になることはこんなこと

ですよね。

「母乳への影響はないの?」

大丈夫ですよ。少しでもあなたが楽に

なる方を優先してくださいね。

【授乳中】飲める薬8種と母乳に影響の出てしまう薬4種
【授乳中】飲める薬8種と母乳に影響の出てしまう薬4種
あなたは、現在授乳中でしょうか? もしそうなら赤ちゃんに影響が出るのを 考えて薬を飲むのを控えていますか? 頭痛の場合は治まるまでひたすら待つ、 風邪をひいても絶対に薬は飲まない...

ストレッチ

お風呂に入りながらできるストレッチが

あります。

やり方はお湯に浸かり手をよく温めて

お湯の中で軽く拳を作ります。

そして、手の甲側、手のひら側に

交互にゆっくり曲げます。

これを20回ほど行いましょう。

指を開いたり、閉じたり、グーパーの

体操をするのもいいですよ。

同様に20回ほど行います。

なお、やり過ぎてしまうとかえって

痛みが増してしまうので気をつけて

くださいね。

スポンサーリンク

赤ちゃんを抱く際の姿勢の注意点

腱鞘炎になる抱き方

上の写真の抱き方だと、腱鞘炎に

なりやすくなってしまいます。

なぜなら腕、手だけを使って抱っこを

しているからです。

腕や手だけで赤ちゃんを抱っこせずに

体に引き寄せて抱くようにしましょう。

抱っこの仕方は、ママのお腹の中に

いた時のような姿勢になるように

赤ちゃんの背中を丸くし抱っこします。

赤ちゃんのひざの裏側をママの前腕に、

赤ちゃんのうなじは肘に乗せましょう。

この抱き方なら赤ちゃんは楽な姿勢で

落ち着くこともできるし、ママも腕に

余計な力が入りません。

また痛みがあると腕だけで赤ちゃんの

体重を支えるのは大変です。

その時は、授乳クッションを使って

腕以外で、赤ちゃんの重さを支えて

ください。

オススメの授乳クッションはこちらで

紹介しています。

【育児用品まとめ】「必需品」「買ってよかった物」「ママが便利な16商品」「買う必要ない8商品」
【育児用品まとめ】「必需品」「買ってよかった物」「ママが便利な16商品」「買う必要ない8商品」
こちらでは、当ブログのまとめとして 育児の必需品と購入をしてよかったもの、 また購入したけど買う必要がないもの、 そして育児をして行く上でママにとって あってよかったものをご紹介していま...

スマホやパソコンの頻度を減少

これは私にも言えることなんですが、

つい夢中になってしまい、パソコンを

ずっとしてしまったりしてしまいます。

また、スマホの使用し過ぎについても、

腱鞘炎の原因となります。

腱鞘炎になっているのなら、なるべく

使用を控えることが大事です。

最近では、スマホが原因の腱鞘炎も

増えていますので注意してくださいね。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

まとめると、

  • 痛い時は他人の手を借りる
  • 手首を使う作業を控える
  • テーピングやサポーターを使用する
  • 湿布・塗り薬を使う
  • 赤ちゃんの抱き方に気をつける
  • パソコン・スマホを控える

あまりに痛い場合は整形外科にいけば

治療してもらうことがもちろんできます。

でも、大抵は湿布薬を処方されて

「安静にしてくださいね」で終わって

しまいますよね。

「手の外科専門医」がいるところでは

注射治療をしてくれる先生もいるので

そちらを受診してみるといいですよ。

ホルモンバランスが崩れたことで

なってしまった腱鞘炎ならば、

ホルモンバランスが元に戻れば

いつの間に治っていることもあります。

一日も早く回復するといいですね。

スポンサーリンク
注目記事

共有してくれると嬉しいです(^^♪

フォローする