【首が座ってなくても使える抱っこひも】エルゴをおすすめする4つの理由

共有してくれると嬉しいです(^^♪

先日抱っこひもの選び方にを提案して

「エルゴの抱っこひも」が一番と

お話しさせていただきました。

【新生児の抱っこひもを選ぶポイント】抱っこひもで必ずチェックしたい7つのこと
【新生児の抱っこひもを選ぶポイント】抱っこひもで必ずチェックしたい7つのこと
あなたが赤ちゃんが生まれる前なら 楽しみなのは、抱っこひもを使って 赤ちゃんを抱っこすることでは ないでしょうか? でも、どんなものを選んだらいいか わからないと思っていませんか? ...

なぜなら、エルゴなら首が座らない

新生児からでも使用することができて

長く使えるからです。

そこで今日は「エルゴ」の抱っこひもを

徹底的に分析をしていきます。

スポンサーリンク

エルゴの抱っこひもはママの間では

一番支持がされている商品です。

では、なぜ愛用者が多いのでしょうか。

そのひとつとして、長く使用できるのが

ママが嬉しいメリットです。

しでも、その他にもママ達に選ばれる

理由があります。

また、そうはいってもデメリットも

あるのでその点もお話ししていきます。

エルゴのメリット

では、まずメリットからお話しを

していきましょう

長時間抱っこも可能な作り

抱っこひもで寝る赤ちゃん

妊娠前、妊娠中から肩こりや腰痛を

持っているなら抱っこをすることで

ますます悪化する可能性があります。

そうなったら、抱っこすること自体

憂鬱になっちゃいますよね。

エルゴはショルダーベルトが幅広で

肉厚なので肩への負担がかかりません。

また、パッド入りのウエストベルトで

で支えられるので、腰にも負担が

くることがありません。

「登山リュック」とほぼ同じと言って

いいとでしょう。

どういうことかと言うと、登山時は

40キロもある荷物を持ちます。

その重量に耐えることが可能なので、

体の負担が相当少ないということですね。

「エルゴに買い替えたら、肩がとにかく楽になって嬉しい!」

こう言うママが多いんですよ。

赤ちゃんの負担も考えられた構造

ママだけでなく、赤ちゃんのことも

考えています。

「エルゴノミクス構造」と言って

赤ちゃんのお尻を包み込むような

立体縫製が施されています。

これは「エルゴ」独自の構造なので

他社にはマネができない点です。

この構造は、赤ちゃんの足の股関節を

自然なM字型にすることのできる形に

してくれます。

だから、赤ちゃんの足にも負担なく

抱っこができるんですね。

これがうまくできていないと股関節を

脱臼する原因にもなります。

【赤ちゃんの足の脱臼】「先天性股関節脱臼」の原因と4つの予防・対処方法
【赤ちゃんの足の脱臼】「先天性股関節脱臼」の原因と4つの予防・対処方法
あなたのお子さんは「先天性股関節脱臼」では ありませんか? またその傾向はないでしょうか? 結構見逃しやすいんです。 そこで今日は、股関節脱臼の原因と 予防・対処法についてお話し...

また、下の写真のように日焼けや首が

カックンとなるのを防ぐことができる

スリーピングフードがついています。

3パターンの抱っこがこれひとつで可能

エルゴベビーはすべてのデザインで

以下の使用が可能です。

  • 対面向きの抱っこ
  • おんぶ
  • 腰抱き

後でご紹介するスリーシックスティは

これに加え、前向き抱っこも可能です。

無理なく3通りもの抱っこができるのが

エルゴの抱っこひもの一番の特徴です。

それぞれの抱き方の目安は以下の

とおりとなります。

対面抱き:生後1カ月から24カ月(体重12.2kg)まで。

腰抱き:6カ月から24カ月(体重12.2Kg)まで。

おんぶ:6カ月から36カ月(体重15Kg)まで

体重が15キロにもなったらさすがに

抱っこひもは使用しないと思いますが、

生後1か月~3歳まで長く使えます。

また、抱っこは赤ちゃんによって

心地いい抱き方が違ってきます。

つまり、抱き方が気に入らないと

「愚図る原因」にもなります。

バリエーションがあれば、赤ちゃんに

ぴったりの抱き方も模索ができます。

何に重点を置くかで選べる6つのバリエーション

エルゴにはいくつか種類があります。

以下の6つの商品ですね。

  • 2016年4月に新発売になった「アダプト」
  • 360度度の位置でも抱っこ可能な「スリーシックスティ」
  • 「アダプト」が出る前の定番モデル「オリジナル」
  • オーガニックコットンを使用している「オーガニック」
  • 有名デザイナーとコラボしてた「デザイナー」
  • 通気性を重視した「パフォーマンス」

それでは、それぞれの特徴について

お話ししていきますね。

今までの欠点を解消「エルゴベビー アダプト」

メリット

今までのエルゴは新生児に使用する時

必ずインサートが必要でした。

インサートとは新生児に使用する際に

必要になる別売りの首を支えてくれる

アダプターのようなものです。

このインサートが結構蒸れるんですね。

夏場には使用するのが大変!という声が

多かったので、欠点でもありました。

抱っこはただでさえママと赤ちゃんが

密着するのでお互いに暑苦しい思いを

します。

それで気持ち悪くなって、赤ちゃんが

ギャン泣きが始まりエルゴを断念する

ママもいました。

その欠点がアダプトにはなくなりました。

アダプトは、新生児に使用する時でも

インサートが不要なんです。

現行のエルゴを持っているママなら

「これがあったらこっちにしたのに」

いう声が聞こえてきそうです。

またオリジナルは肩ベルトをクロス

することができませんでした。

なで肩や小柄で肩幅のないママは

ずり落ちてきて気持ち悪いって意見も

ありました。

でも、アダプトはクロス装着もできて

オリジナルの欠点をかなり補っています。

おそらく、ママ達の生の声を集めて

制作されたんだろうなと感じました。

抱っこすることがママと赤ちゃんに

マイナスとなるんじゃイヤですよね?

これなら、赤ちゃんママの快適な

「抱っこライフ」が送れますよ。

デメリット

出たばかりなので、4色しかないのが

残念ですね。

おそらくこれから増えていくでしょう。

また、お値段も高目なのがネックですが

エルゴを選ぶなら、絶対にアダプトが

おすすめですよ。

後悔する買い物には決してなりません。

>>アダプトの種類を確認

4つの抱き方が可能「エルゴベビー スリーシックスティ」

メリット

スリーシックスティの特徴は

次の4通りで使用が可能なことです。

  • 対面抱き
  • 前向き抱き
  • 腰抱き
  • おんぶの抱き方

月齢や行動パターンで抱き方を変更が

可能なのはうれしいですね。

その分他商品よりウエストバンドが太く、

着脱テープになっていて使いやすさも

よくなっています。

安全性をさらに追及するママに好評で

ぴったりな抱っこひもです。

大きくなると、前を向きたがる子が

結構多いんです。

だから、これを購入して

「前向き抱っこができてよかった」と

いう声も多いです。

前向き抱っこしたら、愚図ることが

なくなったというのも聞きます。

デメリット

ウエストベルトがマジックテープなので

バリバリッという音が気になるママが

いるようです。

また、特に抱っこひもの抱き方に

こだわりなく、抱き心地を重視するなら

普通のでいいのでしょう。

スポンサーリンク

エルゴの定番「オリジナル」

メリット

エルゴの定番のモデルですね。

「これを選べば間違いはない!」と

ママさんの間では言われています。

色やデザインも豊富で全12種類から

自分の好みにあったものを選ぶこと

ができます。

デメリット

デメリットは新生児に使用する場合は

アダプトなら不要な「インサート」が

必要なことですね。

初夏~夏生まれの子に使用するなら、

暑いのでやめた方がいいでしょう

逆に、秋~冬生まれのお子さんなら

暖かいので向いています。

アダプトより安いのでお得ですしね。

数量限定でアダプトより1万円も

安く購入できることもあるので、

公式ページで確認してみてください。

>>オリジナルの種類を確認

赤ちゃんの肌を守る「エルゴベビー オーガニック」

メリット

オーガニックは農薬や化学処理などを

施していないオーガニックコットンを

使用しています。

生地も滑らかで柔らかくオリジナルより

フィット感があると感じるママもいます。

「赤ちゃんには肌に優しい自然のものを使いたい」

願うママならこちらを選ぶといいです。

デメリット

コットン素材なので洗濯で色落ちが

しやすいこと、また乾きにくいのが

デメリットです。

他のママと差がつけられる「エルゴ デザイナー」

メリット

  • 人とちょっと差をつけたい
  • デザインを重視したい

こんなママならこちらがいいでしょう。

期間によって色々なデザインが出ます。

でも今日現在(2016年12月1日)では

Leeのモデルしかないので選ぶことが

できないようです。

デメリット

限定モデルで販売されるので自分好みの

ものがタイミングがよくないと、ほしい

デザインがないかもしれませんね。

パパに人気「エルゴ パフォーマンス」

メリット

素材にポリエステルを使用していて

メッシュ素材になっています。

洗濯をしてもすぐ乾くし、軽いので

はずしてもかさばりません。

これならパパが抱っこしても躊躇

しないタイプかな?と思います。

デメリット

肩ベルトがオリジナルより薄いので

肩に食い込んで痛くなります。

また、普通のタイプにしておけば

よかったと後悔するママも多いです。

そして、黒しかないので色の選択肢が

ないこともデメリットです。

色選びに迷った場合

エルゴの抱っこひもにしよう!と

決めても、次に色選びに悩むママも

多いですね。

もし悩んでいるなら、薄めの色を

選びましょう。

なぜなら、エルゴの素材はほこりが

目立ちやすいからです。

濃い色を選ぶと、しょっちゅう

掃除したくなります。

種類別にオススメの色をご紹介すると

以下のようにパステル調になります。

  • アダプトなら「パールグレー」
  • スリーシックスティなら「グレー」「グリーン」
  • オリジナルなら「デュードロップ」「ナチュラルリネン」
  • オーガニックなら「ローズハーモニー」「ダンデライオン」

エルゴベビーの抱っこひもの欠点

ここまでは、エルゴのいいことを

主に書いてきました。

しかしもちろん悪いところもあります。

購入する前にチェックは必須ですよ!

偽物が多い

エルゴは全世界で大人気な商品です。

そうなるとコピー商品が多く出回る

ことになります。

公式ページで注意喚起しているので

確認してくださいね。

偽造商品の特徴は、コチラで確認を

してください

安いからと言って、飛びつくのは

絶対に止めた方がいいでしょう。

見た目が全く同じでも縫製や耐久性は

当たり前ですが、正規品のようには

絶対にいきません。

正規品であれば修理をしてもらえるし

修理の間の代替品も貸してもらえます。

大事な赤ちゃんを、粗悪品で危険に

さらさないようくれぐれも気をつけて

ください。

抱っこひもは、赤ちゃんのことを

守る目的で購入するのですから

正規品なのを確かめて買いましょう。

エルゴベビーのこの正規品マークが

ついているかも確認してください。

エルゴベビーマーク

でも、最近はこのマークもついている

偽造品が出回っています。

「正規代理店」と明記がされていたのに、

楽天で買ったら偽物だったということも

あるようです。

アマゾンでも購入は可能ですが、

並行輸入品も偽物がありますので、

ここは、必ず「公式ページ」で購入を

するのをおすすめします。

公式ページから会員登録し購入すると

500ポイントが付与され保証期間も

1年から2年に伸びます。

たとえば、アダプトを公式ページから

「会員登録」してから購入した場合は

2,700円分もお得になります。

ポイント2倍の日なら、さらにお得に

なりますね。

会員登録の特典は以下のとおりと

なります。

エルゴベビー会員登録

使用していない時の布が邪魔・かさばる

使わない時に小さくまとめることが

できないのでかさばるんですね。

中にはそんなの気にせずにダランと

したまま歩いているママさんも

見かけますけど…

ママによって自分でまとめやすいように

マジックテープをつけたりなど工夫を

している方もいます。

そんな時にいい方法があります。

下の動画のように腰につけたまま

まとめておくといいんです。

この状態なら抱っこも可能です。

装着が慣れるまで練習が必要

正規品には使い方がわかるDVDが

付いていますが、装着が慣れるまで

多少時間がかかるかもしれません。

人とかぶりやすい

エルゴは、おそらく世界中では一番

使われている抱っこひもなので

どうしても人と被ることが多いですね。

これはいたし方ない?とは思います。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

公式ページは以下のページとなるので

詳細を確認したい方はみてくださいね。

>>ダッドウェイ オンラインショップ

抱っこひも以外にも、実際に買って

良かった商品の記事も書いているので

参考にしてみてくださいね。

【育児用品まとめ】「必需品」「買ってよかった物」「ママが便利な16商品」「買う必要ない8商品」
【育児用品まとめ】「必需品」「買ってよかった物」「ママが便利な16商品」「買う必要ない8商品」
こちらでは、当ブログのまとめとして 育児の必需品と購入をしてよかったもの、 また購入したけど買う必要がないもの、 そして育児をして行く上でママにとって あってよかったものをご紹介しています。 ...

抱っこひもはほぼエルゴの一人勝ちの

ような形になっていますが、

  • マンジュカ
  • ベコ
  • ベビービョルン

などのメーカーも工夫をこらして

負けじと頑張っています。

これらのメーカーの抱っこひもも

近々記事をアップしていきます。

スポンサーリンク
注目記事

共有してくれると嬉しいです(^^♪

フォローする