【長く使えるベビーバス】素材・タイプで後悔しないベビーバスの3つの選び方

共有してくれると嬉しいです(^^♪

赤ちゃんは生後1カ月ぐらいになると

ベビーバスを使用することができます。

でもこんなふうに感じていませんか?

「どんなのを選ぶのがいいの?」

そこで今日は、ベビーバスの選び方に

ついて確認していきましょう。

スポンサーリンク

赤ちゃんのケアするのに、一番購入

迷うのがベビーバスではないですか?

なぜなら使用する期間がとても短い

からです。

生後1~2カ月間しか必要ありません。

どうしてこの期間だけなのかというと

  • 生後1カ月はまだ雑菌の抵抗力がない
  • 生後2ヶ月で抵抗力ができてお風呂でOKとなる
  • ベビーバスが成長とともに小さくなる

短期間しか使わないものだからこそ

失敗したくないですよね。でも長く

使用できるものもあるんですよ。

では、私がオススメするベビーバスの

選び方をご紹介します。

素材はビニール製(エアタイプ)がいい理由

ベビーバス

ベビーバスの素材には次の2種類が

あります。

  • プラスチック製
  • ビニール製(エアタイプ)

どちらの方がオススメかというと

断然「ビニール製」です。

これには理由が2つあります。

ビニールタイプのメリット

1つは、使用しない時は空気を抜いて

つぶすことができるので、かさばる

ことがありません。

2つ目は、ベビーバスは腰をかがめて

赤ちゃんを手で支えておかなければ

いけません。

これが、柔らかい素材のビニール製で

あればベビーバスの淵に腕が当たった

場合も手首などが痛くなりにくいです。

プラスチック製をオススメしない理由

プラスチック製だと大きい形のままで

使用しなくなった時に荷物になるし、

捨てるにしても、ほとんどの地域では

粗大ごみ扱いになるでしょう。

また、お風呂に入れる時に固い縁が

手に当たって痛くなります。

ただ人によってプラスチック製の方が

固定されていいというママもいます。

沐浴体験」をしたことがあるのなら、

「ベビーバス」に入れた時の体験を

思い出して、自分に合う方を選んで

くださいね。

また、使用する場所でも合うタイプが

あるので、どのタイプがいいのかも

確認していきましょう。

お風呂場で使用できるタイプがいい理由

お風呂場

「使用する場所別」でもベビーバスを

選ぶことができます。

  • テーブルの上
  • シンク
  • 洗面所
  • お風呂

ママが少しでも負担がかからないように

赤ちゃんをお風呂に入れる事を考えると

使用する場所で色々なタイプがあります。

でも、ここはガチでお風呂で使用する

タイプを選びましょう。

なぜなら水を扱うので排水することを

考えると、テーブルに置くタイプは

避けた方がいいですよね。

シンクや洗面所で使用するタイプは

排水には、問題はありませんが、

洗っている時の水はねが気になって

しまいます。

また、水を使う物ですからこぼれる

懸念も出てきます。

その点、お風呂場だったらそんなのは

心配する必要はありません。

シャワーを使うこともできるので

お湯を足すこともできますよね。

給水はもちろん、排水もできるのを

考えれると、必然的にお風呂場で

使用できるタイプになってきます。

スポンサーリンク

排水栓がついてるベビーバスがいい理由

排水栓がついていれば、抜くだけで

水を流すことができるのでママの

負担も減ります。

だから、必ず排水栓のついている

タイプを選んでくださいね。

オススメのベビーバス

ここまででオススメのベビーバスは

総合すると以下のとおりです。

  • ビニールタイプ
  • お風呂場で使用できるもの
  • 排水栓がついているもの

では、この条件をすべて満たしている

ベビーバスをご紹介しますね。

一番最初に写真で載せている商品に

なります。

リッチェル ふかふかベビーバスW グリーン 【対象年齢:新生児~3カ月頃まで】

リッチェル ふかふかベビーバス

言う商品になります。

これをオススメする理由は5つあります。

  • ビニール製なので、空気を抜けばコンパクトに収納ができます
  • 素材も柔らかく腕も痛くなりません
  • 「ずり落ちガード」がベビーバスの真ん中についているので手が滑っても安心です
  • 背もたれの傾斜もいい具合で支えやすくなっています
  • お値段もお手頃です(2,000円ぐらい)

ためらうお値段でもないですし、

夏場はベビープールとしても使用が

できるのもポイントが高いです。

二人目、三人目も考えているなら

ひとつあって損はしないですね。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

たためてコンパクトに収納できるのが

ベビーバスの常識になりつつあります。

よく、衣装ケースをベビーバスとして

使用していることもあるようですが、

事故の報告もあるので、絶対に止めて

くださいね。

私が今回オススメしたものでなくても

もちろん構いませんが、ベビーバスは

必ず使用してください。

安いのは600円ぐらいで手に入る物も

ありますよ。

スポンサーリンク
注目記事

共有してくれると嬉しいです(^^♪

フォローする