【b 型ベビーカー】ハズせないベビーカー選ぶ時の5つのポイント

共有してくれると嬉しいです(^^♪

あなたは、今まで抱っこひもで移動を

してきたけど生後6カ月にもなると

大きくなってきてそろそろキツイと

思っていませんか?

そうなると、b型のベビーカーが

活躍をしてくれます。

そこで今日はb型ベビーカーの選び方の

ポイントをお話ししていきます。

スポンサーリンク

ベビーカーは、生まれてすぐには

購入する必要はないと以前の記事で

お話ししています。

【ベビーカーa型とb型どっちがいい?】3つの相違点とライフスタイルで選ぶ3つの方法
【ベビーカーa型とb型どっちがいい?】3つの相違点とライフスタイルで選ぶ3つの方法
あなたはベビーカーを購入するのに 迷っている最中ではありませんか? 値段も高いので、失敗なんかしたら かなり痛いですよね。 ベビーカーは、大きく分けると 3種類があります。 ...

a型が、今はかなり軽くなってきてるし

b型をあえて購入することが少ないと

思うのですがどうでしょう?

b型ベビーカーを購入する時の注意点

もし、b型の購入を考えてるなら、

以下の点をポイントにして選ぶと

いいでしょう。

ハイシート

通常のシートは高さが50センチあれば

表面温度が約2度低くなります。

また、空気中の粒子も1~2割程度

低減をすることができます。

埃や熱は下にたまりやすいので

ハイシートの方が赤ちゃんにとって

快適に乗っていることができます。

幌がついているタイプ

デリケートな赤ちゃんの肌を守るため

幌がついているタイプがいいでしょう。

上、正面からの熱も防止をした方が

もちろんいいですしね。

風通しのいい素材

風通しがいい素材を選ぶのも大事です。

赤ちゃんは汗っかきなので汗をかいて

それが原因で体が冷えて風邪を引く

いうこともあります。

車輪のクッション性

a型ベビーカーより軽く作られている分、

砂利道なんかには、b型は弱くなります。

だから、車輪は妥協せずにいいものを

使用している機種にしましょう。

乗り心地が悪いと、気に入らなくて

乗ってくれない可能性もあります。

ネット籠

a型のベビーカーに比べると本体自体が

コンパクトになってしまいます。

その分、荷物を入れるネットも小さく

なってしまいますが、あれば絶対に

助かります。

フックの取り付けも可能であれば、

なお便利になりますね。

オススメのb型ベビーカー

さて、今までの条件を満たすことが

可能なベビーカーはどんなものかを

ご紹介しましょう。

軽量ベビーカー マジカルエアープラス(アップリカ)

Aprica (アップリカ) 軽量ベビーカー マジカルエアープラス AC ブルーベリーBL 92541 ハイシート3.5kg 【高剛性リジカルフレーム + ワイドタイヤ + 容量20Lビッグバスケット付】

実際使用しているママが高評価なのが

このマジカルエアープラスです。

今までの条件をすべて満たしています。

さらにご覧のように「ハイシート」と

なっているので、それだけ地面からの

熱が赤ちゃんに伝わりにくくなります。

背中には、通気孔があって湿度や熱が

こもるのを防ぐことができます。

使わない時は、赤ちゃんを抱きながら

片手ワンタッチで畳むことができるし

自立もしますよ。

b型なのに135度までリクライニングが

できるので、遊び疲れて眠った時に

ずり落ちるようなこともないです。

色展開は3色ですがひとつは白なので

かわいいけど汚れが目立ちますよね。

これよりも安いマジカルエアー

比較すると、座面の高さ、走行性で

差がかなりつきます。

重量で比べるとマジカルエアーが

600グラムと軽くはなりますが、

抱っこで耐えてきたママにはそんなに

感じることがないようですよ(笑)

アップリカで選ぶならこちらの方が

いいでしょう。

デメリットは幌が小さいことですね。

あまり意味がないという意見もあって

別売りを買うケースもあるようです。

スポンサーリンク

ベビーカー F2 (コンビ)

コンビ Combi ベビーカー F2 AF フレイムレッド(RD) 【対象月齢:7カ月~36カ月頃】

マジカルエアープラスには劣りますが

このコンビF2も人気のベビーカーです。

ハイシートに加え3.7キロという

軽量なのは幌の部分以外は見ての通り

メッシュだからですね。

幌はマジカルエアーよりも深くまで

行くので日差し対策はこちらの方が

ちゃんとできます。

そして「99%UVカット」ができる

生地を採用しています。

操作性も高くパパに人気があります。

折りたたみも簡単ですよ。

タイヤが細目なので曲がり角で大回りに

なるのがちょっと不便と感じますが、

慣れてくると気にならなくなります。

色展開は青と赤だけです。男の子なら

青で女の子なら赤ですね。

ベビーカー カルガルー プラス(リッチェル)

リッチェル ベビーカー カルガルー プラス ネイビーブルー 7~36ヶ月対象 ハイシートで軽量に快適プラスのB型

国産品の方がいいとは思うのですが

唯一国外品でもオススメできるのが

このリッチェルのベビーカーです。

3キロしかなく、今まで紹介した中で

一番軽量です。

メッシュシートにハイシートですし、

18ℓも入る大容量のメッシュ籠も

便利ですね。

デメリットは幌が小さくて、あまり

機能しないことと、走行が日本製に

比べるとやっぱりよくない点です。

色はこの青と黄色があります。

黄色のベビーカーって見かけること

ないですよね?

目立ちそうだし、他のママと差を

つけたいならいいかもしれません。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

ご紹介したb型ベビーカーはいずれも

生後7カ月~36ヶ月まで使用可能です。

お値段も、すべて27,000円前後と

似たり寄ったりですのでこの3つの

中から選べば間違いないでしょう。

スポンサーリンク
注目記事

共有してくれると嬉しいです(^^♪

フォローする