【赤ちゃんが頭をぶつけた時の対処】頭の状態で病院に行くべきか判断する5つの方法

あなたは、赤ちゃんが頭をぶつけて

驚いた経験はありませんか?

すごい勢いで泣き出すので驚いて

しまいますよね。

もし脳に影響があったらと考えると

慌てふためいてしまいます。

今日は、万が一頭をぶつけた場合に

病院に行くべきかの判断方法について

お話しします。

スポンサーリンク

どんなにママが注意深く見ていても、

赤ちゃんは軽く頭をぶつけてしまうと

いうことはよくあります。

ではそんな時、どのように判断を

すればいいのでしょうか?

頭をぶつけた時の確認事項

頭をぶつけた

頭をぶつけたら次の5項目について、

確認してみてください。

  1. 傷や出血はしていないか
  2. 意識はしっかりしているか
  3. 何回も吐いたりしていないか
  4. 痙攣していないか
  5. いつもと違う点はないか

ひとつずつ確認していきましょう。

頭の状態

「ゴッチーン」という音とともに

すぐに泣き始めたら大丈夫です。

頭を観察した時に「たんこぶ」や

出血がないか確認してみましょう。

小さなこぶ程度なら平気です。

たんこぶができていた場合は

濡れタオルで冷やしましょう。

もし、赤ちゃんが嫌がるようなら

無理にする必要はありません。

2.3日でよくなることもあるので

焦らなくても大丈夫ですよ。

泣いていなければ、名前を呼んで

意識があるか確認してくださいね。

また、他に頭皮に傷がないかも

見てください。

意識の有無

意識がしっかりしているというのは

受け答えができるということです。

できるのであれば心配いりません。

話ができない赤ちゃんの場合は

ママと目が合うか、声をかけた時に

注意を向けているかをチェックします。

ちゃんとできているなら大丈夫です。

ぼーっとしたり、焦点が合っていない

ようなら病院で診察を受けてください。

嘔吐の有無

頭をぶつけた場合は、大したことが

なくても吐くことがあります。

への影響が出たから吐いちゃったのでは?」

ぶつけた後に吐いたら驚きますが、

危険な状態ではありません。

1~2回の嘔吐ならほぼ心配ないです。

泣き疲れた後は、何もなかったように

2時間程眠ってしまうことが多いです。

何回も嘔吐を繰り返していたらすぐに

病院に連れていきましょう。

痙攣の有無

痙攣したことが見たことがない人は、

「どんなものだかわからなかったらどうしよう」と

不安になりますよね。

痙攣している場合呼吸が浅くなったり

止まったりします。

そうなると、顔色がみるみる悪く

なっていきます。

また、痙攣すると通常の寒い時の

体の震えと違い、抑えても止まる

ことはありません。

意識もないので、普通ではないことは

見ればわかります。ただ事ではないと

感じるはずです。

この場合は、すぐに119番に電話を

してください。

いつもと違う感じ?

親が見て感じる、いつもと違う、

何かが変という「感」もとても

重要です。

たとえば手足の反応が鈍くなったり

痛がらないか確認してみてください。

保護者から見て、違和感を感じたら

病院へ行って、どうおかしいのかを

医師に伝えてください。

スポンサーリンク

病院の担当科と対処方法

では、頭をぶつけた場合は

何科にかかればいいでしょうか?

また病院での対処方法についても

お話ししていきます。

小児外科・脳外科を受診

病院を受診

心配な場合は小児科でなく小児外科や

脳外科などを受診してください。

出血ひどい時、重篤な症状の場合は

すぐに救急車を呼んでください。

CT・レントゲンを撮るケース

心配なあまりお医者様にこう言う親が

多いんですよね。

「骨が折れてるかもしれないのでレントゲンやCTを取ってほしい」

でも、軽い打撲で「頭蓋骨内」に損傷を

受けることありません。

軽症な場合などはレントゲンやCT を

まず撮ることはありません。

なぜなら、小さい赤ちゃんに不必要に

放射線」を浴びさせてしまうことに

なるからです。

小さい子供は、頭をぶつけたり落ちて

打ったり、これからもたくさんします。

その度にCTを撮ってたら大変ですよ。

CT やレントゲンを撮るかの判断は、

まず、上記に書いた5つの項目を

加味して判断します。

そして医師による診察で骨折があるか

確認した後、保護者に説明して決める

ことになります。

重篤な状態になるタイムリミット

頭を打撲したことにより重篤な状態と

なる危険が高いのは6~24時間以内です。

48時間以内に何も起こらなければ

危険性は低いと思っていいでしょう。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

「頭をぶつける」ということは

脳にも関係してくるので怖いのは

当たり前です。

「頭をぶつけると頭が悪くなる」など

聞きますが、これは頭を強打した場合、

硬膜下血腫などの脳神経関係の病気に

なることから、言われるようになった

ようです。

まずは落ち着いて、お子さんをよく

観察してみましょう。

まとめると、

  • まず5つの項目のどれに当てはまるか
  • その中の重篤な症状に該当するか
  • 病院は小児外科・脳外科を受診
  • レントゲン・CTの必要可否は医師に任せる

軽くぶつけた程度ならほぼ大丈夫です。

2.3日はよくお子さんを観察するように

してくださいね。

スポンサーリンク

共有してくれると嬉しいです(^^♪

フォローする

注目記事