【乳児の急な便秘】病院に行かずに家で便秘を解消する3つの工夫

共有してくれると嬉しいです(^^♪

あなたは赤ちゃんのうんちがでなくて

困ってはいませんか?

今までおしっこのたびにウンチを

していたのに、最近毎日でない…

「もしかして、便秘の始まり?」と

困っていないでしょうか?

そこで今日は、乳児の便秘の対処法に

ついて、お話ししていきます。

スポンサーリンク

大人の場合、便秘になるとかなり

苦しく感じますよね。

だから、赤ちゃんが便秘になると

こんな心配が出てきます。

「赤ちゃんも同じように苦しい思いをしているのでは?」

また、便秘になってしまったのは

このようなことでは?と思って

しまいます。

  • ミルクが足りていないからなの?
  • 離乳食は食べてるけど、内容が悪いのかな?

便秘の対処法をお話しする前に、実は

赤ちゃんの月齢で対応方法が違うので、

まずその点を先にお話ししますね。

便秘は月齢の小さい子と生後2~3カ月で対応方法が異なります

機嫌のいい赤ちゃん

排便の習慣がない月齢の小さい子は

毎日ウンチを出した方がいいです。

体重が増えていないとミルクや母乳が

不足していることも考えられます。

でも、体重がきちんと増えているなら

あとでお話しする「綿棒刺激」で便を

出してあげてくださいね。

それでも解消しない時は小児科医に

相談しましょう。

また、生後2~3ヶ月以降の赤ちゃんは

徐々にの働きが整ってくる頃です。

でも、まだ便の材料になる物が少なく

便の回数が減ることがあります。

母乳の場合は、特に吸収がいいので

1週間ぐらい便が出なくても、珍しい

ことではありません。

おっぱいやミルクの量が足りない場合も

便の回数が減ってしまうことがあります。

でも、体重増加が順調で母乳やミルクを

吐いていないなら問題はありません。

もし、母乳やミルクの飲み具合いが

悪い時は、便が溜まっている可能性が

ありますので、対処が必要となります。

赤ちゃんの便秘を解消してあげる方法

それでは具体的な便秘解消法について

お話ししていきます。

綿棒で肛門を刺激をしてみましょう

綿棒

「綿棒刺激」をしてみてください。

綿棒にベビーオイルや食用油などを

つけて、肛門をつついてみましょう。

それでも、何も変化がなかったら

肛門に1~2センチ程入れてゆっくりと

円を描くように動かしてください。

これを「綿棒浣腸」といいます。

でも、これをする時にこんなことを

不安に思うママもいます。

「綿棒による刺激を毎日やると癖になるのでは?」

いいえ、癖にはなることはないので

毎日やっても大丈夫ですよ。

やり方に自信がないなら小児科の先生に

指導をしてもらってくださいね。

お腹が膨らんでる時はマッサージをしてみましょう

お腹をマッサージしてあげると

スムーズに便が出ることがあります。

まず、赤ちゃんを仰向けに寝かせて

お腹に「のの字」を描くように

マッサージをします。

また、仰向けに寝かせて赤ちゃんの

ももと膝でお腹を押してみましょう。

そして、両足首を優しく持ちながら

両足を交互に動かしていきます。

また、赤ちゃんの肛門マッサージも

とても有効です。

肛門のすぐ上の部分を指で軽く押して

リズムをつけながらマッサージします。

お尻と腰の間を、優しくマッサージ

するのもいいですよ。

スポンサーリンク

オリゴ糖の粉末を与えてみましょう

マッサージや綿棒でも出ない場合は

オリゴ糖を試してみてください。

生後1ヵ月の赤ちゃんにも飲ませて

大丈夫です。

オリゴ糖を摂ると、腸内環境を改善

させることができます。

オリゴ糖は、実は赤ちゃん用ミルクや

母乳にも少し含まれています。

シロップのものは、甘味料が入って

いるのでやめてくださいね。

ポイントはほぼ純度100%のオリゴ糖を

選ぶことです。

母乳の子はほとんど便秘になることは

ないと思うのでミルクの子には1gを

ミルクに溶かして様子を見てください。

オススメは下のオリゴ糖です。返金

保証もついているので安心ですし

離乳食に混ぜることもできます。

体重が増えているならミルクの量と便秘は関係ありません

母乳

体重が増えているならミルク不足と

便秘は関係ありません。

母乳のことをよくわかっていない

小児科の先生が、こう言うことが

あります。

「母乳が足りていないみたいだから、ミルクをたしてください」

母乳と便秘は「別物」ですから

今までどおりで大丈夫です。

離乳食が始まってからの便秘は

こちらを参考にしてくださいね。

【生後6カ月離乳食開始で便秘】2つの原因と便秘を解消する8つの工夫
【生後6カ月離乳食開始で便秘】2つの原因と便秘を解消する8つの工夫
あなたの赤ちゃんはおっぱいやミルクを 飲んでいた時は順調にうんちが出たのに 離乳食が始まったとたん、便秘になった ということはありませんか? 結構、これ多いことなんです。 そこ...

まとめ

いかがでしたでしょうか?

まとめると、

  • 月齢の小さい子は毎日うんちをさせた方がいい
  • 生後2~3カ月の子は便秘になってしまうことがよくあるもの

便秘の解消方法は

  • 綿棒浣腸をマスターする
  • マッサージをしてみる
  • 純度の高いオリゴ糖を摂る

便秘の原因は生活習慣の乱れによって

起こることもあります。

規則正しく生活するのは難しいかも

しれませんができる限りリズムがつく

生活を心がけてください。

「今日は出るかな?」

「でなかったらどうしよう…」と、

毎日、こう考えてしまい神経質に

なってしまうママも多いんですよね。

病院にいくかどうかは4~5日便秘が

続いてるのが目安です。

それでも便秘が続いたらお医者さんに

相談してみましょう。

小児科でお薬や、専用の機械を使って

浣腸をしてくれます。

家で市販薬を使う方法もありますが

なるべく使用せずに、今回の方法で

便が出るようになるかを試してみて

くださいね。

スポンサーリンク
注目記事

共有してくれると嬉しいです(^^♪

フォローする