【赤ちゃんの夜間授乳】授乳での睡眠不足が少しでも楽になる4つの工夫

共有してくれると嬉しいです(^^♪

あなたは現在、夜中に何度も起きては

赤ちゃんに授乳した後に抱っこをして、

寝かしつけする毎日を送っていますか?

このところ、続けて2時間以上は

寝たことがないかも…

とにかくまとめて寝たい!!!

そんなあなたに、今日は睡眠不足が

少しでも、解消できる方法について

お話ししていきます。

スポンサーリンク

母乳で赤ちゃんを育てているママの

多くは「夜間授乳」には悩まされて

います。

  • 夜中、何回も起きて授乳していると、毎日寝た気がしない
  • 乳首を離してくれず「もういいかな?」と思って離すと大泣きされる
  • 大泣きされると、こっちまで泣きたくなってしまう

こうなってくると、授乳自体が嫌に

なってきてしまいます。

睡眠不足を解消できる方法

「もう朝か…」という毎日に終止符を

打つにはどうすればいいのでしょうか?

ちゃんといい方法がありますよ。

赤ちゃんと一緒に昼寝をしちゃいましょう

赤ちゃんと昼寝

睡眠不足になると、頭がぼんやりして

思考力も低下して、だるくもなるし

イライラもしてしまいますよね。

実は、赤ちゃんはママがイライラと

しているのを敏感に察知しています。

そうなるとさらに泣き続ける原因に

なることがあります。

「もう無理!」

こんなふうになったら思い切って

赤ちゃんと一緒に昼寝しましょう。

本当は30分ぐらいの昼寝が理想では

あるんですが、この際、赤ちゃんが

起きるまで寝てしまいましょう。

2時間までなら大丈夫です。

この昼寝だけでも十分効果があって

スッキリします。

気持ちと体をリラックスすることを

うまくやっていく手段を自分なりに

見つけていきましょう。

夜間授乳は添い乳で休みながら行ないましょう

添い乳

おっぱいに必要な「ホルモン」は、

実は、夜に分泌されます。

夜間授乳を続けた方が母乳育児が

早く軌道に乗りやすくなります。

ママはとても眠くて大変でしょうが、

夜中の授乳は添い乳にして楽な姿勢で

飲ませましょう。

添い乳はママの胸と赤ちゃんの胸が

合わさるように横を向きおっぱいが

顔にくるように抱き寄せます。

ママの足にクッションを挟むと腰が

ずいぶん楽になります。

いちいち体を起こして授乳するより

体の疲れは全然違いますよ。

スポンサーリンク

1歳過ぎても「夜間授乳」が続いてるなら断乳しましょう

赤ちゃんは、ママの乳首が口にあると

安心します。

なぜなら、それで今まではずっと

過ごしていたからです。

でも、1歳を過ぎたら夜間だけでも

断乳を考えてみてください。

もしかしたら、おしゃぶり代わりに

して寝たいだけなのかもしれません。

寝る前は、たっぷり母乳を飲ませた後

泣かれるのを覚悟で、夜間断乳して

みてください。

ここで抱っこすると癖がつきます。

腕枕にしてトントンをしてください。

最初は、おそらくほぼ泣かれます。

でも、3日ぐらいたつ頃には

夜中に泣かなくなることがあります。

そして、1週間経つとトントンだけで

寝るようになる子もいます。

ここで1点、注意しなければいけない

ことがあります。

これを実行する日はパパが連休の日に

試してみてください。

なぜなら、初日は大泣きしてたぶん

眠れないと思います。

だからパパに影響がでない休みの日を

選びましょう。

川の字で同じベッド・布団で寝てみましょう

川の字

これは、ぜお試しでやってみる価値は

あるやり方です。

赤ちゃんは両親に囲まれて寝ると、

安心して朝まで寝てくれることが

あります。

ただし、寝相の悪いパパの場合は

別の布団にしてください。

同じベッドで寝る場合は、始めは

こんなことで緊張します。

「間違ってた叩いたり、蹴とばしたりはしないかしら?」

いいえ、そんなこと起こりませんよ。

これで添い乳も楽になりますよね。

最後に、ママの体は産後に赤ちゃんに

合わせられるようになるお話しを

しますね。

産後の「睡眠サイクル」は変化しています

あなたは妊娠後期頃、夜中のトイレで

度々起きていませんでしたか?

これは、産後に備えるために体を

「短期集中の睡眠サイクル」にする

期間でもあったのです。

確かに「睡眠時間」で考えると

睡眠不足な気がしてしまいます。

でもこの時期は、短時間で深く眠れる

ように体が変化していきます。

人が「体と脳」を休むことができるのは

時間ではなく、深さの方が重要です。

つい、こう考えてしまいますよね。

「今日は○時間しか寝れなかった→体が休まっていない」

時間だけにとらわれるのではなく

短時間でも深く眠れてるから大丈夫と

自信を持ちましょう。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

まとめると、

  • 赤ちゃんと一緒に昼寝をしてしまう
  • 授乳は添い乳で体の負担を軽くする
  • 1歳過ぎても夜間授乳が続いたら試しに断乳してみる
  • パパ・赤ちゃん・ママの川の字で寝てみる
  • 産後は睡眠時間が少なくても深く眠れている

このブログを見てくれている方って

夜中の1時や2時に来てくださる人も

結構いるんです。

もしかしたら夜間授乳をした後の

ほっとした時間に見てくれるママも

いるのかな?と感じています。

大変だとは思いますが、今はそういう

時期と思って割り切ることも大切です。

あなただけでなく、小さい子供を持つ

ママはみんな同じように悩んでいます。

「成長段階での一工程」と思って

ちょっと我慢も必要になります。

でも、ずっとは続きませんからね。

終わりは絶対に来ますよ。

スポンサーリンク
注目記事

共有してくれると嬉しいです(^^♪

フォローする