【ベビー用品の代用】大人用で代用しないでほしい4つのアイテム

共有してくれると嬉しいです(^^♪

あなたは現在「ベビー用」のものを

お子さんに結構使用していますか?

子供用」って書いてある商品ですね。

でも、こう感じたことはありませんか?

「赤ちゃん専用のものでなくてはダメなの?」

そこで、今日は大人用で代用しては

いけない商品についてお話しします。

スポンサーリンク

赤ちゃんは大人よりもすべてにおいて

デリケートです。

親としては安全・安心なものを使って

赤ちゃんを守ろう!と思いますよね。

だから、赤ちゃんには「子供用」と

ラベルに記載ある物を使った方が

いいのでは?と感じます。

でもすべてがそうなのかな?って

疑問に思ったことはありませんか?

「もしかしたらメーカーの戦略にうまく乗せられてるだけなのかも」

「大人用でも支障がないものもあるのでは?」

私はこう、疑問に感じたことが

ありました。

ちょっとひねくれてるんですかね?

でも調べてみたら、大人用で

十分な物がありました。

ベビー用を使用した方がいい商品

それでは「赤ちゃん用」で使用を

した方がいいものをご紹介します。

とてもオススメできるアイテムも

ありましたので参考にしてください。

衣類用洗剤

子供用衣類洗剤

衣類用の洗剤は毎日使うものなので

ママにとっては重要ですよね。

大人用とどこが違うのでしょうか?

酵素系を採用し添加物が少ない

大人用の洗剤はほとんど「塩素系」と

なっているのに対して子供用の洗剤は

「酵素系」が主な成分となっています。

酵素系の場合刺激が少なく有毒ガスが

発生するリスクを防止できます。

子供用の漂白剤についても、同様に

酵素系になっています。

赤ちゃんの肌に優しい成分

また、無添加・無着色・無リンなど

赤ちゃんの肌に優しいような成分に

なっているので、使用するべきです。

赤ちゃん特有の汚れに適応

赤ちゃんが汚す原因となるミルクや

ウンチを効果的に落とすような成分に

なっているので子供用の方が洗濯も

楽になります。

ソープ・シャンプー

ベビーソープ・ベビーシャンプー

こちらも赤ちゃんのデリケートな肌に

直接使うので気遣うアイテムですよね。

身体全体を洗浄可能

大人用はあくまでも体だけを洗うため

だけにしか使用できませんが

子供用は髪も洗えて全身をひとつの

ソープで完結できます。

赤ちゃんの場合、特にササッと手早く

洗ってしまいたいのでその方が

ママも楽ですよね。

スポンサーリンク

天然成分・低刺激

一般的に低刺激なものというと

弱酸性の成分ですがメーカーによって

「弱アルカリ性」のものもあります。

どちらがいいかというと皮膚トラブルを

抱えている場合は「弱酸性」の方が

刺激が少ないのでいいでしょう。

大事なのは石鹸を肌に残さないように

しっかり洗い流すことです。

ベビー用綿棒

綿棒なんて赤ちゃん用じゃなくても

いいんじゃないの?って思いますが

これは幼児用をぜひ使ってください。

幼児にも使いやすい形状

一般的な大人用に比べると細目に

できていて、小さな耳やおへそにも

使える凹凸加工がされています。

使用したことがない人はぜひ使って

みてほしいです。その使いやすさに

きっと驚くはずです。

抗菌済みで滅菌加工

実は、滅菌加工がされているのは

「ベビー用」だけなんです。

抗菌加工も施されて、開封してから

綿棒に雑菌がつくのを抑える加工も

されています。

また、減菌加工は付着した細菌を

死滅するまで加工しています。

安全面を考えたら使うべきですね。

体温計

最近は数十秒で体温を測ることが

できるのもあるのでずいぶん楽に

なりました。

とはいってもその数十秒でも測るのに

ひと苦労しませんか?

昔、耳で体温を測れる体温計があって

使用したことがありますが耳に入れる

部分の交換をしょっちゅうする必要が

あって、全く使用しませんでした。

今もあるんでしょうか?

話がそれてしまいましたが、かなり

便利な体温計があるのをご存知ですか?

エー・アンド・デイ 非接触体温計UT-701(でこピッと)ピンク

関係ないけどこの赤ちゃんかわいい!

ラブリーBabyですよね~♥

でこピッとという体温計なのですが

「非接触体温計」と言い写真のように

赤ちゃんのおでこに触ることなく測定が

可能なんです。

これのいいところは、今までの

非接触体温計は計測が終わった時に

音が鳴るので、起きてしまう子が

いたんですね。

これは「サイレントモード」で

音を立てることなく体温が測れます。

ってことは寝ている間に体温測定が

可能ってことですよ。便利ですよね!

誤差が出にくい「こめかみ」あたりで

測ることをオススメします。

毎日の検温には、あって損はしない

アイテムですよ。

「ベビー用の、あのストレスは何だったの?」

こう思ってしまう逸品です。

働く忙しいママには絶対に重宝します。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

他にも探したら出てきそうですが

今日はこんなところでやめておきます。

子供用でなくてもいい物もそのうち

ご紹介しますのでお楽しみに!

スポンサーリンク
注目記事

共有してくれると嬉しいです(^^♪

フォローする