【授乳ブラはいらない?】3つのタイプと正しいブラサイズの選び方

あなたは、出産後に「授乳ブラ」を

使う予定でしょうか?

母乳で赤ちゃんを育てるママには

便利なアイテムというのはご存知

ですよね。

でも、授乳ブラってそもそも

必要なのでしょうか?

そこで今日は、授乳ブラの必要性に

ついて、お話しをしていきます。

スポンサーリンク

赤ちゃんを母乳で育てる時にあると

いいと言われてるのが授乳ブラです。

でも、新生児の頃などはしょっちゅう

母乳を与えなくてはいけないので、

「ノーブラが楽なんじゃない?」と

思うママもいるでしょう。

でもやっぱり必要なんです。

授乳ブラが必要な理由

まずは、その理由をお話ししますね。

今までのブラは使用不可

あなたも感じているかもしれませんが

妊娠してから、胸の大きさは変化を

していますよね。

妊娠したては今までのブラで入っても

胸が少しずつ大きくなっていき、

出産直前はおそらく「2カップ」は

大きくなっていたでしょう。

そして、赤ちゃんが生まれた後は

これとまったく反対の経緯をたどる

ことになります。

でも、こう思いますよね?

「じゃあ、妊娠前のブラに戻せばいいんじゃない?」

いいえ、そうはいかないんです。

次にお話しをしていきますね。

ブラジャーをつける目的が相違

そもそも、普通のブラジャーはなぜ

つけていたかを考えてみてください。

胸の形をよくしたり、ボリュームを

アップしたりと胸が服の上から見て

きれいになることが目的でしたよね?

でも「授乳ブラ」の目的は赤ちゃんに

おっぱいを頻繁に早く上げるのが

目的です。

つまりサッサと胸を出して、母乳を

すぐにあげることですから使い方が

違っています。

授乳ブラが絶対に必要ではない理由

母乳を飲む赤ちゃん

私は「授乳ブラ」は必ずしも必要な

アイテムではないとも思ってます。

「何?さっきまで必要だって言ってたじゃない!」

こんな声が聞こえてきそうですが、

実際、クロスタイプやスポーツブラ、

ユニクロのブラトップなどで過ごして

しまうママもいるんですね。

でも、やっぱり授乳はしずらいです。

また、ミルクで育てていれば関係は

ないと思っているのなら間違いです。

授乳していないママでも、母乳は

自然と出てきてしまいます。

だあら、母乳が出ないよう押さえる

必要があるんですね。

そのために、授乳ブラはあった方が

いいし一緒に母乳パットも用意して

おくべきでしょう。

 外出時に、見た目が気になる場合は

ノンワイヤーやレースがついている

普通のブラと同じようなタイプも

今はありますよ。

授乳ブラの必要性がわかりましたが

こんなことを思っていませんか?

  • いくつかタイプがあるけど、どれを選ぶのがいいの?
  • サイズがあっていない気がする
  • 授乳キャミソールってどうなのかしら?

こんなところでしょうか?

他にも、何か疑問があったら教えて

いただければと思います。

では順番に確認していきましょう。

スポンサーリンク

授乳ブラの種類

授乳ブラ

授乳ブラのタイプは以下のような

ものがあります。

  • クロスオープン
  • フロントホックタイプ
  • フローオープンタイプ

クロスオープンタイプ

 クロスオープンはスポーツブラの

ようなタイプでズレが少なくです。

 両胸をきちんと出すことができて

どちらが上になっていても大丈夫です。

授乳する際にすばやく出仕入れが

できるので使い勝手がいいですが、

母乳パッドは必須となります。

フロントホックタイプ

比較的高めのものが多いのでせめて

ひとつは用意しておきたいです。

フロントホックだと脇からしっかりと

胸を真ん中に寄せることができるので

外出時に胸の揺れが気になる人には

ぴったりです。

胸が垂れるのも防ぐことができるので

将来の垂れ乳が気になるママには

オススメです。

フルオープンタイプ

 授乳ブラと言って想像するタイプが

これですね。ペロンとめくれる授乳

ブラですね。

授乳中におっぱいを吸っている最中に

もう片方からも母乳がでてくるので

母乳パッドはそんなに使わなくて

済みますがタオルが必要となります。

さてどれが適切かというとそれぞれの

メリットとなる特徴を考えてTPOに

合わせて使うのが賢い使い方です。

  • 家にいる時は人目を気にせず母乳パッドも節約できるフルオープンタイプを使用
  • 胸の形が気になった、り胸の揺れを気になる外出ならフロントホックタイプ
  • 親しい人の家や児童館などの気軽な外出ならクロスオープンタイプ

サイズ・カップの選び方

授乳ブラサイズ

アンダーはそのままでいいはずですが

自分でサイズを測ってみましょう。

できるなら、下着屋さんに行って

測ってもらうほうがいいですよ。

カップについては、授乳中の場合は

パットを入れてた取り替えるほうが

衛生的です。

だから、パットを入れることを

見越して「1カップ」大きくして

余裕をもたせた方がいいでしょう。

授乳キャミソールがオススメな理由

授乳ブラの場合、母乳を与える時、

特に座った姿勢の時はぶよぶよに

なったお腹が丸出しになります。

その点、授乳キャミソールだったら

お腹が気になるというママには

ぴったりです。

冬場は暖かいですしね。逆を言えば

夏場は暑いのでご用心してください。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

まとめると、

  • 授乳ブラはTPOで使い分けする
  • サイズはアンダーは一緒でいいがカップは1サイズ上げる
  • 授乳キャミソールはお腹を隠したい人に便利
  • 必ず必要ではないが母乳を抑えるにはあった方がベター

産後、初めて使用するアイテムは

本当にどのように選んでいいのか、

困ってしまいますよね。

実際に購入してよかったアイテムを

下のページでご紹介していますので

ぜひ参考にしてみてくださいね。

【育児用品まとめ】購入場所と必需品比較と「育児が楽になる16商品」「買う必要ない8商品」
【育児用品まとめ】購入場所と必需品比較と「育児が楽になる16商品」「買う必要ない8商品」
こちらでは、当ブログのまとめとして 育児の必需品と購入をしてよかったもの、 また購入したけど買う必要がないもの、 そして育児をして行く上でママにとって あってよかったものをご紹介していま...

スポンサーリンク

共有してくれると嬉しいです(^^♪

フォローする

注目記事