【新生児の哺乳瓶の消毒】3つの消毒方法のメリットとデメリット

共有してくれると嬉しいです(^^♪

哺乳瓶を使用する時に、悩むのが

「哺乳瓶の消毒方法」ですよね。

あなたはどんな方法で行っていますか?

実は、「哺乳瓶の消毒方法」には

次の3通りがあります。

  • 煮沸消毒
  • 消毒液を使用した漬け込む消毒
  • 電子レンジでのスチーム消毒

そこで今日は、それぞれの消毒方法と

哺乳瓶の消毒の疑問についてお話しを

します。

スポンサーリンク

あなたは、哺乳瓶の消毒方法について

次のような疑問がありませんか?

  • 消毒液と電子レンジの消毒ではどちらがいいの?
  • 台所用の洗剤で洗ってもかまわないのか
  • いつまで消毒をした方がいいの?

ひとつずつお話ししていきますね。

哺乳瓶の消毒方法別のメリット・デメリット

昔は「煮沸消毒」しかなかったので

この方法が定番でした。

でも今、煮沸消毒をしている方は

ほとんどいないでしょう。

現在の定番は消毒液による消毒か、

電子レンジを使う方法が多いです。

ではそれぞれのメリット・デメリットに

ついて確認していきましょう。

「消毒液」を使用する場合

消毒液で最も使用をされているのは

ミルトン」です。

これは、病院でも推奨することが

あります。

メリットとしては消毒液を使うことで

しっかりと消毒が行えるという点です。

「消毒が不完全ではないかしら?」

こんな心配がありませんよね。

逆にデメリットは次のことです。

  • 薬液代がかかるし、買いにいく手間がある
  • スチームに比べると時間がかかる
  • 毎日、交換しないといけない

中には、ミルトン等は少なかれ薬品を

使用するので、赤ちゃんへの影響を

気にするママもいます。

これについては薬害などはもちろん

ありませんので安心してくださいね。

スポンサーリンク

電子レンジでスチーム消毒する場合

コンビ 消毒じょ~ず & 衛生ケース HW

スチーム消毒のメリットは一番は

手間がかからないことですね。

容器に水を入れ、すのこ状の板を敷き

洗った哺乳瓶等を入れて蓋をします。

そして、3分間チンするだけで終了を

しますので、時短にもなります。

蒸気で消毒するので電子レンジから

出すときはかなり熱く注意が必要です。

でも、出したらザルに置いておけば

きれいに乾きます。

容器は1度購入すれば、他にお金は

かからないので、節約にもなります。

ただ、毎回電子レンジの電気代は

かかってきますけどね。

デメリットは、次のことです。

  • レンジ使用可の物しか使用できない
  • 電子レンジの消毒では完全に消毒できてるのか不安

それぞれのメリット・デメリットを

お話ししましたが衛生上の度合いは

変わりません。

あとは、ママの好みの問題ですが

今はこの方法が一番人気です。

なぜなら、夜中に使った哺乳瓶を

ためていおいて朝まとめて洗っても、

3回連続でチンをすればすぐ使えると

というところですね。

夜は少しでも多く寝たいママにとって

ありがたいところです。

また、レンジで加熱した物を使う時

こう思うこともあります。

「レンジを清潔にしておかないといけないのでは?」

でも、それよりも加熱に使うパックを

清潔に保った方がいいでしょう。

このパックは繰り返し使用できますが、

ヨレヨレになってきます。

その時は新しい物に交換してください。

台所用洗剤で哺乳瓶を洗ってもいい時期

哺乳瓶の消毒は一般的に6ヶ月までが

目安とされています。

早いうちから市販の赤ちゃん用洗剤を

使い洗うだけというのは、オススメは

できません。

もし、するならしっかりすすぐことを

心掛けて、洗剤を落とすことに

重点を置くようにしてくださいね。

季節の考慮も必要

一般的には、半年過ぎれば消毒不要と

言われています。

ただし、生後6カ月になる時期が、

梅雨や夏などの、雑菌が繁殖しやすい

季節なら、秋になるまで行った方が

いいでしょう。

帰省・完母でミルク移行を考える場合

一般的には電子レンジでの消毒の方が

人気がありますが、短時間しか使用を

しないなら錠剤のタイプがオススメです。

たとえば、帰省したり完母でミルクへ

移行をこれからするという時ですね。

錠剤タイプの物が持ち運びができて

便利ですし、大量に購入しないので

余ることがありません。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

ちなみに、離乳食の時使用する食器は

消毒する必要はありません。

哺乳瓶の消毒は面倒と感じますが

大切な赤ちゃんを雑菌から守るには

必ず必要なことです。

生まれたばかりの赤ちゃんは免疫力が

ありますが、生後3ヶ月を過ぎると

その量は減少してしまいます。

そのため、菌から身を守る抵抗力を

ほとんど失ってしまいます。

だから3ケ月以降の赤ちゃんを菌から

守るために、消毒・除菌は必ず行う

べきです。

ぜひ、手を抜くことなどないように

しっかりと消毒してほしいですね。

スポンサーリンク
注目記事

共有してくれると嬉しいです(^^♪

フォローする