【ベビーカーa型とb型どっちがいい?】3つの相違点とライフスタイルで選ぶ3つの方法

共有してくれると嬉しいです(^^♪

あなたはベビーカーを購入するのに

迷っている最中ではありませんか?

値段も高いので、失敗なんかしたら

かなり痛いですよね。

ベビーカーは、大きく分けると

3種類があります。

そこで今日は、ベビーカーを選ぶ際の

ポイントについてお話ししていきます。

スポンサーリンク

初めての赤ちゃんだと、ベビーカーに

乗せて歩く姿に夢を見ていたママも

いるでしょう。

でも、生まれてすぐにベビーカー

絶対に買わない方がいいです。

なぜなら、ベビーカーの選択方法は

どんな時にどう使いたいかによって

違ってくるからです。

ベビーカーの種類

ベビーカーの種類

では、まずベビーカーの種類について

お話ししていきましょう。

あなたは、ベビーカーにはいくつかの

種類があるのをご存知ですか?

現在の主流は「a型とb型」になります。

これに加えてバギーもありますね。

「でも、a型、b型ってどう違うの?」

こんなママもいるでしょうから、

その違いを確認しておきましょう。

a型とb型の違い

ひとことで言うと、リクライニングが

「可能か、可能でないか」の違いです。

他にも違いはあるのですがざっと言うと

これが一番のポイントです。

a型ベビーカーは背もたれのところが

リクライニングすることができるので

フラットにすることも可能です。

ただ、a型と言われている物の中には

背もたれは倒れても、フラットまでは

倒れないものもあります。

この場合は、首すわりができるように

なってから「使用可能」となります。

それに対して、b型は背もたれが

リクライニングしない、または

少しリクライニングできるものです。

a型ベビーカーのメリット

では、a型ベビーカーのメリットは

他にどんなことがあるのでしょうか?

b型と比べながらお話ししていきます。

a型ベビーカーが使用できる期間

リクライニングがフラットも可能な

機種なら新生児から使用が可能です。

だから調整が可能なら大きくなっても

使用ができます。

b型は多少リクライニングはできても

大幅にはできません。

だから首座りしていない赤ちゃんには

まだ使用できません。

日常でいつでもどこでも使用可能

A型のベビーカーというと「重い」

イメージのママも多いでしょう。

また、折りたたむこともできないと

思っているかもしれませんね。

でも最近では、軽量で折りたたみが

できるモデルが主流となっています。

これなら使用するシチュエーションを

選ぶ必要もなく、いつでもどこでも

使うことができますよね。

ここまでa型ベビーカーのメリットを

話しましたがもちろんデメリットも

あります。

また、a型よりもb型の方が向いてる

場合もあります。

a型、b型ベビーカーどちらを選ぶかのポイント

ではa型、b型ベビーカーのどちらを

選ぶのがいいのでしょうか?

これはママのライフスタイルによって

違ってきます。

以下のことを考慮するのがポイントと

なります。

  • ベビーカーが必要な時はどんな時ですか?
  • 生活環境がどうですか?

あなたがベビーカーをどう使いたいか

考えてくださいね。

赤ちゃんとの移動手段を考慮

移動手段

徒歩での移動の場合

徒歩での移動が多い場合赤ちゃんを

抱っこして長時間歩くのは大変です。

その場合はA型を選べばいいでしょう。

なぜなら、a型ならベビーカーの下に

大容量の籠がついていています。

だから、荷物を持つ必要がないので

重い思いから開放されます。

b型でもかご付きはありますが、

たくさん荷物を入れるのは無理です。

バスでの移動が多い場合

バスでの移動なら折りたたみやすく

軽量なb型で、赤ちゃんを抱っこして

座りましょう。

自家用車で移動する場合

車での移動がほとんどなら車内では

チャイルドシートを使用しますよね。

車から降りたら赤ちゃんが小さい時は

抱っこやおんぶにして7カ月過ぎたら

b型ベビーカーを使用しましょう。

抱っこやおんぶがしんどいママなら

a型で簡単に折りたたむことができて

車にも収納可能な物を選びましょう。

この時、必ず車に入るかどうかを

確認してくださいね。

チャイルドシートのオススメは

こちらで確認してくださいね。

【チャイルドシートの価格】新生児から使用できるオススメ商品が3万円以上になる理由
【チャイルドシートの価格】新生児から使用できるオススメ商品が3万円以上になる理由
あなたがこれからチャイルドシートを 買おうと思っているなら気になるのは このことですよね。 「みんないくらぐらいのものを買っているのかな?」 そこで今日は、チャイルドシートの ...
【チャイルドシートのおすすめ】安くて安全性が高い2選とオススメできる理由
【チャイルドシートのおすすめ】安くて安全性が高い2選とオススメできる理由
先日、チャイルドシートの選び方の ポイントについてお話ししました。 いくつかの選択肢を設けました。 そこで今日は安いのに安全性が高く 人気のチャイルドシートを、理由を ...

ベビーカーの対面切り替え

背面は赤ちゃんを進行方向、つまり

前に向けて押すタイプです。

対面は赤ちゃんをママの方に向けて

押すタイプとなります。

b型は、背面しか対応できませんが

a型は両面どちらでも切り替えるが

可能です。

「赤ちゃんを見ながらベビーカーを押したい」

こう思っているのならa型ベビーカーを

選びましょう。

スポンサーリンク

住居環境

住居環境

戸建てやマンションでエレベーターが

ついているなら多少重量のあるA型で

いいでしょう。

階段の場合は、昇る時は抱っこや

おんぶにして軽いB型を選んだ方が

いいですね。

また、ベビーカーを置く十分な場所を

確保できるならa型、コンパクトに

収めたいなら、b型がいいですよ。

オススメのa型ベビーカー

ここまでのお話しで

「うちはa型の方がいいかも?」

こう思ったあなたへ、a型ベビーカーで

オススメの機種をご紹介します。

  • 軽量
  • 多機能
  • 両対面可能

これをポイントにして選んでみました。

コンビ ベビーカー メチャカル ハンディ エッグショック

コンビ Combi ベビーカー メチャカル ハンディ エッグショック DF マリンブルー (1ヶ月~36ヶ月頃対象) 超軽量4.2kg

今一番a型ベビーカーの中で人気が

最もあるのがコンビのメチャカルです。

その名の通り、a型なのに4.2キロ

いう軽量がママに大好評です。

他にも簡単に折りたたみ可能なことも

ママのハートをとらえて離しません。

またコンビ独自の「エッグショック」

いう衝撃吸収素材を採用しています。

これで、大切な赤ちゃんの頭を

しっかり守ることができます。

また、洗濯をするのも可能なので

いつも清潔に使用ですることもできます。

15リットルのカゴもついているので

荷物が多くても安心ですね。

これがイマイチと感じたところは

足回りが少し弱いというところです。

段差がある時にぐらつきが多少

気になることがあります。

でも「エッグショック」で赤ちゃんは

守ることはできていますからね。

ピジョン ランフィ エフ

ピジョン Runfee ef (ランフィエフ) オート4輪機能 ハイシート両対面式ベビーカー フレンチブラック

ピジョン ランフィ エフがいいのは

シートが高くなっているので、

赤ちゃんを乗せ安いというところです。

また、スムーズな走りと乗り心地が

とてもいいです。

「メチャカル」と比べるとわかります。

道路の継ぎ目でガタガタ揺れることが

全くありません。

ハンドルの向きを変えた時に車輪が

フリーになる「オート4輪」なので

角でも小回りができます。

メチャカルほどではありませんが

重量もa型の中では軽い5キロです。

シートは洗濯が可能ですし、通気性の

良いメッシュがベースとなので汚れや

暑さ対策もできます。

もちろん、対面使用も可能ですよ。

デメリットはハンドルの位置が低めで

170cm以上の身長があるママでは

ちょっと押しづらいです。

アップリカ ラクーナ AD

アップリカ ハイシートベビーカー Carry Travel System ラクーナAD ヒューゴブラック BK 【CTS対応品】(オート4輪機能 & 洗えるリバーシブルシート付) 92972

アップリカ ラクーナADは、

座面下の籠が27リットルという

大容量が一番の特徴です。

5.2キロと先に紹介した物よりも

多少重くなってしまっているのは

車輪の作りがa型ベビーカーの中では

一番しっかりとしているからです。

1つの車輪を軸に360度回転できるので

小回りも楽にすることができます。

走行はこの中では一番スムーズです。

日よけも、かなり深くまでいくので

突然の雨や、紫外線から赤ちゃんを

守ることができます。

デメリットは売りとして同メーカーの

CTSの抱っこ紐と連動できることですが

抱っこひもがイマイチの使用感なので、

一緒に使用している方は少ないです。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

昔は重いし折りたたみもすぐできない、

動きも悪くて敬遠されていた感がある

a型のベビーカーでしたが、今では

かなり進化をしてます。

まずはレンタルなどで使いごごちを

試してみて購入するのもありですよ。

オススメのレンタルショップは

こちらの記事で確認してくださいね。

【ベビー用品レンタル】おすすめ店「3店舗」の特徴とレンタルでいい4品
【ベビー用品レンタル】おすすめ店「3店舗」の特徴とレンタルでいい4品
もしあなたが里帰り出産をした場合に ぜひ利用をしてほしいのが、 「ベビー用品のレンタル」です。 なぜなら、ベビーベッドなどは新品を 買ったとしても、住まいに運ぶのは 大変ですし輸送...

スポンサーリンク
注目記事

共有してくれると嬉しいです(^^♪

フォローする