【赤ちゃんの言葉の発達】最初に出てくる「あの言葉」おしゃべりの始まり

共有してくれると嬉しいです(^^♪

あなたは赤ちゃんの言葉が始まるのを

心待ちにしていますか?

言葉がしゃべれるようになると

赤ちゃんとコミュニケーションを

より取りやすくなりますよね。

そこで今日は、赤ちゃんの言葉の

発達の行程についてお話しします。

スポンサーリンク

「赤ちゃんのおしゃべりが遅い」と

悩むママは多いですよね。

以前、言葉が遅い病気のひとつの

「言語発達遅滞」について

お話しをしています。

【赤ちゃんの言葉が遅い】言葉の正常な過程と「言語発達遅滞」の2つの特徴
【赤ちゃんの言葉が遅い】言葉の正常な過程と「言語発達遅滞」の2つの特徴
あなたのお子さんは、おしゃべりが 得意ですか? 赤ちゃんは7カ月過ぎから少しずつ 言葉を話すようになります。 でも、話すのが遅いと感じると 「何かの病気ではないのか?」と 心配にな...

言葉は本当に個人差がありますから

親としては心配になりますが、

ほとんどは見守って大丈夫です。

実はうちの子も、言葉が遅くて

私も不安になった親のひとりです。

でも、二歳半で堰を切ったように

べらべらと話し始め、親の私が

びっくりしたぐらいです。

話しはそれました!

それでは言葉の発達の行程について

お話ししていきますね。

言葉になるまでの発達の仕方

では、言葉になるまでの進化を

お話ししていきましょう。

専門用語も多少出てきます。

生後2ヶ月から始まる「喃語」

生後2~3か月ぐらいの赤ちゃんは

ごきげんな時に「あーあー」や

「うーくー」などの声を出すように

なります。

唇や口をあまり使わなくても出せる

音ですね。

このような赤ちゃんが話す意味が

はっきりとしない言葉を

「喃語」(なんご)と言います。

また最初の喃語で「クーイング」と

呼ばれています。

「喃語」が出る時の赤ちゃんは

居心地がよくて嬉しかったので

思わず言葉が出る場合が多いです。

この時に「どうしたの?」などと

受け答えをした方がクーイングを

長く続けたという研究結果があります。

だから積極的に話しかけましょう。

生後6カ月から「バブリング」を開始

次に「バブリング」が始まります。

バブリングとは「だー」「ばー」

「ぶー」という音のような言葉です。

クーイングと大きく違うところは、

「ば・び・ぶ」は唇や口を使わないと

出てこない言葉ですよね。

つまりクーイングの時より口回りの

筋肉が成長したことになります。

「高度な発声」ができるようになった

証拠でもあります。

またバブリングは、クーイングよりも

大きな声が出るので、その音を聞くと

赤ちゃんは嬉しくなります。

だから、何回も繰り返して発声して

発声練習になっているんですよ。

スポンサーリンク

生後7か月ぐらいからは「内言語」

赤ちゃんは7ヶ月頃から遊びながら

おもちゃに向い話しかけるような

感じで声を発するようになります。

なんか言葉ではなくムニュムニュと

話すような感じですね。

これを「内言語」と言います。

そしてこれこそ「言葉のスタート」と

なります。

つまり「言葉」が赤ちゃんの中で

芽生えてきたことになります。

生後9カ月頃から「繰り返し言葉」をスタート

9ヶ月頃になると「ワンワン」とか

「ブーブー」「マンマン」などの

同じ音を繰り返す言葉を話すように

なります。

でも、まだ意味はありません。

繰り返し言葉が出るようになって

この時にこういうことがあります。

「ママ」「パパ」

この発声を耳にしたママ、パパは

当然、自分のことを呼ばれたと

思ってみんな大喜びをします。

でも、まだこの時期は「物の名前」と

「音の関係」がわかって発音している

わけではありません。

つまり「ママー」と言ったとしても

まだママを意識して言ってないと

考えるのが妥当です。

1歳から始まる「意味のある言葉」

1歳を過ぎると、次のような言葉を

話せるようになります。

  • ご飯のことを「マンマ」
  • 犬の子ことを「ワンワン」

また、1~2語の意味のある言葉を

やっと話せるようになります。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

実は、赤ちゃんが「ママ、パパ」と

呼ぶのは、もともと持って生まれた

能力ではないかと考えられています。

なぜなら、世界のどこにいっても

「ママ・パパ」を表す言葉が

似ているからです。

確かにそうですよね?

もしかしたら人間が生まれながらに

持っている「本能」かもしれません。

たとえ「ママ、パパ」が意識せずに

発した言葉であっても発音と名前を

結びつける「出発点」がこの言葉で

あることに間違いはありません。

だから、意味がわかっていなくても

積極的に話してあげることが大事です。

「遅い、どうしちゃったんだろう?」

そんな心配をしている時間は

本当にもったいないことですよ。

どんどん話しかけてくださいね。

スポンサーリンク
注目記事

共有してくれると嬉しいです(^^♪

フォローする