【赤ちゃんのはしか】感染経路・症状と「はしか」で発症する5つの合併症・後遺症

はしかは「MRワクチン」で予防接種を

受けるようになって、昔と比べると

発症しにくい病気になりました。

でも、今「広島」ではしかの感染が

確認されています。

なんで?って気になりますよね。

そこで今日は、「はしか」の原因と

その症状、そして合併症について

お話ししていきます。

スポンサーリンク

2017年3月12日現在広島県感染症・

疾病管理センターによると、10名が

はしかに感染しています。

詳しい年齢については記載がないので

子供に感染してるかはわかりません。

でも、はしかは「飛沫感染」なので

これから予防接種を受ける赤ちゃんが

いるなら注意が必要です。

はしかの知識

かかりやすいのは6カ月以降の幼児が

多いのですが、予防接種しているのに

なぜかかってしまうのでしょうか?

赤ちゃんに感染する理由

予防接種により、はしかにかかる人は

減少しているのは、お話ししましたが

これにより次のことは増加しています。

  • 「はしかになったことがない人」が増えた
  • 成人なってから感染する人がいる
  • 予防接種を受けていても、流行しないので免疫力が低下している

「自然の麻疹」にかかることなどが

多くなってきているんですね。

また、赤ちゃんが「はしか」を発症

するのは母親が「はしか」にかかった

ことがあることも関与してきます。

母親が「はしか」にかかったことがある場合

生後3ヶ月までなら、もし赤ちゃんが

はしかにかかっても発病することは

ありません。

その後、次第に抗体が減ってしまっても

赤ちゃんがかかる可能性も低いですし、

かかった場合も軽い症状で済みます。

母親が「はしか」の経験がない場合

赤ちゃんに母から抗体を引き継ぐことが

ないのでかかる可能性があります。

母親が予防接種済みだが感染したことがない場合

予防接種を受けていても赤ちゃんには

抗体がほとんどないと言えます。

母親は予防接種済み、感染経験あり

はしかに感染していれば免疫が強まり

抗体が、赤ちゃんに移行していると

考えられます。

はしかの初期、後期の症状と治療方法

では、はしかの症状は経過によって

どのように変化していくのかを

お話ししていきましょう。

発症から2~3日後の症状

38度前後の熱が出て、咳やくしゃみ

鼻水などなので、一見、普通の風邪と

思ってしまいます。

その後、喉が赤くなって痛み出して

結膜炎を起こし、目が赤くなったり

目やにが出たりすることがあります。

そして「はしか」の一番の特徴が

「コプリック斑」が出ることです。

これは頬の内側の粘膜に赤くて小さい

白い斑点が数個~十数個出てきます。

赤ちゃんが感染すると、9割の子には

出るのでこれで「はしか」と診断

されます。

なお、コブリック斑は発疹が出てくる

時期まで続きます。

発症から4~6日後

熱は、いったん37度台に下がるので

落ち着いたかと思うと再び上がります。

この再発熱は、最初の熱よりも高く

39~40度前後になることもあります。

この時、耳の後ろと顔に赤い円型の

ブツブツとした4~5ミリの大きめの

発疹が出てきます。

次第に胸・お腹・背中・手足の先まで

2~3日にかけて広がって発疹同士が

くっついて、まだらになってきます。

そして、赤色から暗赤色・茶褐色に

変わってきて色素沈着を残しますが、

1ヶ月くらいで自然に消えてきます。

はしかのピークは4~5日目です。

この時期は充血したり声がかすれて

苦しそうな咳をします。

発症から1週間後

1週間ぐらい経つと熱は下がり始め、

急速に回復に向かいますが咳だけは

残ることがあります。

1週間を過ぎても高熱が下がらない時は

「合併症」が疑われるので、再び病院を

受診してください。

スポンサーリンク

はしかの治療方法

はしかには特効薬はありませんので

症状に応じて解熱剤や鎮痛剤を使う

ことになります。

合併症の心配がある時は抗生物質を

使い、重症な場合や合併症の疑いが

ある時は入院を余儀なくされます。

家庭では、静かな部屋寝かせ安静に

するようにしましょう。

もしかしたらおばあちゃん世代の方に

「冷やしちゃだめ」

「風に当ててはいけないよ」と

止めるように言われることがあります。

でもこれは正しくありません。

むしろ、部屋の温度が高過ぎていたり

厚着をさせすぎると体力を消耗します。

部屋の換気にも気を遣うようにして

水分の補給もこまめに行ってください。

お風呂については、熱が下がるまでは

避けてお尻をぬるま湯で洗ってあげる

ようにしてください。

病気が治った後も、体力がないので

他の病気に再びかからないように

気をつけてくださいね。

予防接種についても、体力が十分に

回復してからにしましょう。

はしかによる合併症

はしかの合併症としては、以下の

ものがあります。

  • 肺炎
  • 気管支炎
  • 咽頭炎
  • 中耳炎

この他に下痢になることがありますが

中でも一番多いのが肺炎です。

発症後、10日経っても熱も下がらず

咳もおさまるどころかひどくなったら

肺炎を起こしている可能性があります。

また、熱が下がらず痙攣や意識障害が

ある時は脳炎の疑いがあります。

はしかの後遺症

はしかの後遺症として怖い後遺症が

あります。

「亜急性硬化性汎脳円」(SSPE)です。

はしかにかかってから数年以上経って

稀に起きる脳炎の一種で、10万人に

1人の割合で発症します。

多くは学童期に始まり、最初の症状は

落ち着きがなくなり、記憶力の低下や

異常行動などが見られます。

進行すると、痙攣や体が不自然に動く

不随意運動や視力障害などが現れます。

さらに進行すると痴呆、寝たきりとなり

数ヶ月~2、3年で死亡してします。

恐ろしい後遺症ですが、現在では

まだ治療法が確立されていません。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

はしかは今も重症化する病気ですし

感染力も強いので他の子供と接触を

することは避けるようにしましょう。

そして1歳を過ぎたらすぐに予防接種を

受けるようにしてくださいね。

スポンサーリンク

共有してくれると嬉しいです(^^♪

フォローする

注目記事