【赤ちゃんがティッシュを玩具にする】ティッシュ遊びを防止できる2つの方法

共有してくれると嬉しいです(^^♪

あなたの赤ちゃんは目を離した隙に

部屋中ティッシュだらけにしませんか?

他にも玩具はあるのにそっちには

目も向けず夢中で出し始めますよね。

うちもティッシュが大好きで全部を

出されたことが何回あったことか…

でも、実はこれには意味があるんです。

そこで今日は赤ちゃんがティッシュを

出すのがなぜ好きなのか、またそれを

防止をする方法についてお話しします。

スポンサーリンク

赤ちゃんがティッシュを出すことは

好きな遊びのひとつです。

遊ぶだけならいいのですが、誤飲

する恐れもありますよね。

誤飲した時の対処法については

下の記事を参考にしてくださいね。

【乳児の誤飲】すぐ吐かせてはいけない「14例」誤飲したらすぐ吐かせる「10例」
【乳児の誤飲】すぐ吐かせてはいけない「14例」誤飲したらすぐ吐かせる「10例」
誤飲が一番多いのが7カ月、8カ月の 乳児の赤ちゃんです。 この頃からお座りができるようになり、 歯も生え始めるし、つかまり立ちも 始まります。 そして、口に入れて確かめたくなる...

また何より部屋がティッシュだらけに

なってしまい片づけるのが大変ですし、

もったいないです。

赤ちゃんのティッシュ遊びの理由

では、なんで「ティッシュ出し」が

こんなに好きなんでしょうか?

そこからお話ししていきますね。

手先が成長した証拠

成長をすると、指を細かく動かすのが

できるようになります。

また、「力加減」もコントロールが

できるようになると、物を掴んだり

離したりするのが上手にできるように

なります。

掴む→持ち上げる→パッと離す

この遊びをするのに、ティッシュが

ぴったりなんですね。

だから、ほとんどの赤ちゃんが

夢中になって行う遊びなんです。

多分、ママがさっと引き出して口を

いつも優しく拭いてくれる

「白くてフワフワしている物体」に

興味がありありなんです。

掴んで持ち上げたらスーッと出てきて

手を離すとふわっとゆらゆらと揺れて

落ちていきます。

そして手元を見るとまた新しいのが

あるのがとっても不思議なんです。

これを、何度も繰り返すことによって

赤ちゃんの手の動きが鍛えられて

掴んだり、離したりすることが

速くなっていきます。

そうなるとますますおもしろくなって

大興奮して遊びます(笑)

ママにとっては「頭の痛い遊び」では

ありますですよね。

でも、「ティッシュ出し遊び」は

赤ちゃんの好奇心を満たしてくれるし、

手先の運動にもなる最高のおもちゃです。

だからすぐに「ダメ!」と取らずに

少しは遊ばせてあげましょう。

ティッシュと同じ仕組みのおもちゃ

開発してくれると助かりますよね~。

西友のネットスーパーで購入できる

ティッシュペーパーが多分最安値です。

5個パックで174円です。ちょっと

紙が小さめだからだと思いますが

遊びで使用うならこれで十分です。

とはいっても、こう感じますよね。

「何か、いい対策方法がないの?」

では、防止方法をご紹介しましょう。

スポンサーリンク

ティッシュペーパーを背負わせる

参考:http://twitpic.com/ceg886

これ見てください!すごい発想です。

これなら確かにティッシュ出し遊びを

することはできません(笑)

パパが考えてママが作ったそうですよ。

ティッシュペーパーカバーに背負える

紐をつけただけなので、手先があまり

器用でないママでも難しくないです。

難点は次のことですね。

  • 動きが早くなってくると追っかける羽目になる
  • 寝ころんだ時箱がつぶれる可能性がある
  • 抱っこがしにくい

あとお兄ちゃんやお姉ちゃんがいると

彼らの妹・弟を追っかけ回す楽しい

遊びになっちゃうかもしれません。

だから、ご兄弟のいる家庭では

かえって遊びが増える可能性が

あります(笑)

でも、見た目がとてもかわいいです。

困ってたらぜひ作ってみてくださいね。

バックル付きのティッシュペーパー入れを使用

別にこれでなくてもいいとでしょう。

それこそ、100円均一でカバーを

買って、バックルを手縫いして

つけるだけでもOKです。

これで、赤ちゃんの届かないところに

かけておくことができます。

もし、購入をするならもっと可愛い

デザインのもあるので検索してみて

くださいね。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

このティッシュペーパー出し遊びも

いつまでも続くものではないので、

私としてはしばらく辛抱してあげて

ほしいかな?と思います。

赤ちゃんの成長のためと思って、

長い目で見てあげてください。

この遊びが終了を迎えると、今度は

絵本や雑誌をちぎるようになるので

いずれにしても部屋は散らかって

しまう運命なんですけど(笑)

この遊びが大好きな子は、1日で

10箱も出すことがあるようですよ。

スポンサーリンク
注目記事

共有してくれると嬉しいです(^^♪

フォローする