【育児に夫が協力しない】イライラを解消し夫を変える4つの工夫と魔法の言葉

共有してくれると嬉しいです(^^♪

あなたは、休日も夫が自分の趣味や

接待ゴルフでいなくて、まったく

育児に協力しないと悩んでませんか?

平日は遅いのは、仕方ないとしても

休日ぐらいは家族の時間を大切に

してほしいと感じます。

育児にも、夫にもイライラしてたら

ママの体がもちません。

そこで今日は、そんな夫を変身させる

方法についてお話ししていきます。

スポンサーリンク

休日も家にいない夫。

しかも自分の好きな事を優先するので、

こう思ってしまいます。

「家族のことなんて、考えていないんじゃないの?」

友達に相談すると、こんなふうに

言われることでしょう。

「よくそんな生活で我慢できるね!」

「ストレス溜まらない?」

「旦那さん、休みに出歩き過ぎなんじゃない?」

あなただって、たまには息抜きが

したいですよね。

友達と出かけたり、美容院に行って

きれいになりたいでしょう。

では、こんな状況をどうすれば回避が

できるのかお話ししていきますね。

夫にとって家は「居心地の悪い場所」

居心地のいい家庭

本来家庭は、楽しいものでなければ

いけないのに、夫にとっては家庭が

もしかしたら辛い場所になってるかも

しれません。

なぜなら、ママがキリキリしている

からです。

「だって、夫が全然協力的じゃないからそうなるんじゃない!」

こんな声が聞こえてきそうですが

気を使わなくてはいけないところに

自ら行きたくはないですよね?

「帰りたくない、いたくない場所」に

なってしまっている可能性もあります。

むしろ、パパにとっては会社の方が

居心地が良いのかもしれません。

あなたが、自分の時間を少しでも

作ることでイライラ解消になります。

【新生児の育児が辛い】育児に行き詰っても自分の時間を作る2つの工夫
【新生児の育児が辛い】育児に行き詰っても自分の時間を作る2つの工夫
あなたは今、毎日を赤ちゃんの世話で 追われていますか? ふと気がつくと世の中で起こっている 出来事がわかる新聞もニュースなども 知らなかった… 世の中から取り残されたような気分...

「家に帰りたくなる」環境作り

あなたにとって、始めての育児で

戸惑いがあるのなら、夫にとっては

もっと育児は未知の世界になります。

まだしゃべれないしオムツもとれない

赤ちゃんと、どう関わっていいのかが

解らないんですよ。

会話もできるようになり、子供自身で

出来ることが増えてくると、パパも

関わり合いは自然と増えていきます。

そして、育児参加に参加してくれたら

ちゃんと感謝の言葉を伝えてください。

「え~なんで私がそんなこと言わなきゃいけないの!?」

でも、この一言で変わるならお金が

かかるものでもないし、大盤振る舞い

しちゃいましょう。

男が弱い「褒め称える言葉」

パパは赤ちゃんを触るのも怖いのかも

しれませんね。だから避けていると

いうのもあるでしょう。

そんな中でも、慣れない手つきで

育児をやってくれたら、とにかく

感謝の気持ちを言葉にしてください。

いいところを褒めたたえるぐらい

オーバーでも大丈夫です。

とにかく、男は頼られるのが大好き。

ここで「なんでやってくれないの」と

否定的にしてしまうと、悪循環が

始まってしまいます。

褒めて伸びるのが男性ですから

コツを掴めばうまく回っていくはずです。

スポンサーリンク

仕事も育児も同じように忙しいし大変

夫もあなたも違うことで忙しい毎日を

送っているのですから「100%完璧」

なんていうのはとうてい無理です。

「子供は順調に育ってるし、ご飯も美味しい幸せな毎日♥」

どうですか?過ごせていますよね?

「それで十分」と思うんですよ。

もっと、気楽に考えていいんです。

互いを助け合いうまくいったことは

その点を評価し合うのを意識すれば

もやもやとした気分も消え去ります。

夫との育児の話し合い

部分的には多分言っているのでしょう。

「なんで手伝ってくれないの?」とか

「少しは○○の面倒みてよ!」など…

でも、そんなふうに言われると

余計に動かないんですよね。

だから、このようにご主人と話しを

してみてはいかがでしょうか?

妻「○○は誰の子?」

夫「あ?2人の子だよ。」

嫁「じゃあ2人で子育てしようよ。いつも一人で子育てしてるみたいで辛い。」

「あなたは職場100%。家0%。あなたには休みも休憩時間ある。

私は職場にずっといて、休憩もなく休みもないの。これどう思う?」

うまく誘導してみてください。

旦那さんもこれで「は!」と気づいて

くれるはずですよ。

夫をコロっと動かず「効果的な言葉」

では夫をうまくコントロールできる

言い方をここで伝授しますね(笑)

パパの存在が大事という言葉

男は頼ってもらうのが大好きです。

特に体育会系のご主人ならなおさら。

役割分業の意識が強いパパだったら

効果抜群です。

パパが作るご飯がいいという言葉

パパに感謝

男は褒め称えられるのも好物です。

褒めて伸びる典型ですからどんどん

褒めちゃいましょう。

部分的に家事を任せる言葉

「居場所と役割」があれば、動くのが

男の人の特徴です。

だから部分的にまかせるのではなく、

全部まかせたほうがやる気が出ます。

「◯時間おむつ変えてないからオムツ取り換えてあげて」

「ミルクあげるからお湯沸かしてくれない?」

具体的に用事を頼んでみてください。

徐々にやることが分かってくるので

進んで関わってくれます。

労りと感謝の言葉

ありがとう

帰宅が遅いとこう言っていませんか?

「なんでこんなに帰りが遅いの!」

文句を言いたくなってしまいます。

でも、ここはまずは感謝の言葉を

伝えることで空気が和みますよ。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

まとめると、

  • 家がパパにとって居心地のいい場所になるようにする
  • 男の人は褒めて伸びるタイプ。オーバーなぐらい褒めましょう
  • ママも大変だけどパパも同じように大変なことを理解する
  • 夫をうまく動かすのは言葉の使い方。マスターしちゃいましょう

いくら仕事をしてもらっていても

育児はあきらかに2人の仕事です。

当然のように頼んでしまって

構わないんですよ。

だから我慢しすぎないで下さいね。

スポンサーリンク
注目記事

共有してくれると嬉しいです(^^♪

フォローする