【育児の悩みを聞かない夫】たまった夫への不満を一気に解消できる6つの工夫

あなたは赤ちゃんを生んだばかりですか?

初めてのお子さんとなると想像以上に

お世話が大変と感じていませんか?

実家やご両親との同居でなければ

パパが帰宅するまでは、ママと

赤ちゃんだけの生活になります。

育児の不安や今日あったことなど

夫に話したいのに、全然話すことが

できない…ストレスがたまる一方。

もしあなたが今そう感じているなら

ぜひこれからお話しする方法で、

不満を解消してくださいね。

スポンサーリンク

あなたは今、毎日慣れない育児に

悪戦苦闘の日々でしょうか?

「赤ちゃんの世話だけで手一杯!」

「そういえば私、ずいぶん誰とも話していないな…」

そんな時、夫に話を聞いて欲しいのに

面倒くさそうにされるとショックより

怒りがわいてきますよね。

夫も仕事で疲れ切って帰ってくるので

仕方ないことなのでしょうか?

いいえ、ぜひ育児に参加をさせて

悩みを聞いてもらいましょう。

夫の「育児不参加」が離婚の原因になる理由

ある統計で「女性の愛情の変化」が

どのようになっているのか、

統計をとった結果があります。

それによるとママ一人で家事や育児を

してきた場合と、夫が協力して二人で

家事や育児をこなしたかどうかで

将来の愛情は雲泥の差となってきます。

女性の愛情曲線

参考:http://u0u1.net/A7d3

「回復グループ」が夫婦で育児参加、

「低迷グループ」が夫が育児不参加の

場合となります。

夫がまったく家事も育児も参加して

いないならこの表を見せてください。

男性には客観的なデータを見せるのが

効果的なんです。

脅しのようになるかもしれませんが(笑)

「育児はパパが参加するのが大切」と

説明してみてください。

最近は「イクメンパパ」も増えています。

この統計も変化していくといいですね。

夫から求めてる言葉は返ってこないワケ

分かり合えない夫婦

男の人は結論を出したがります。

でも、あなたは望んでいる言葉は

同情してくれる言葉ではないですか?

女の人は同情して欲しいんです。

たとえばこんなふうに言ったとします。

「今日、ミルクを洗濯物の上に吐いちゃって大変だったの!」

こう言ったら、ママとしては同情を

してくれるような言葉を望みます。

「それは大変だったね~」

そう言ってくれれば満足しますが

返ってくる言葉はこんな感じです。

「そういうことがあるのを想定して、洗濯物は上の方に置かなきゃダメだよ」

「え?なんで?」ってなりませんか?

こう返してくるのには理由があります。

ビジネスの世界にいる男性にとって

仕事には課題が絶えずあります。

そして、リスクを回避をするために、

「仮説」を立てる必要があります。

そして解決法を考える必要があります。

だからこういう会話になるんですね。

ところがママは家庭や地域での感情が

揺れる中で男性にとってとりとめない

話をしがちです。

「私はこんなに大変だったから、同情してほしいの」

これでは、コミュニケーションが

取れないのは当たり前ですよね。

スポンサーリンク

旦那さんとうまくコミュニケーションをとる方法

では、どうすれば育児をの悩みを

聞いてもらえるのでしょうか?

話し方を工夫

どうしても話を聞いてほしい時は

こんなふうに言ってみてください。

「ねえねえ、ちょっと今日●●なことがあったんだけど、聞いてくれる?」

最初に、何を話したいのか整理して

おくといいですよ。

ただ単に聞いてほしい時は、こう

言ってみてください。

「聞いてくれるだけでいいから、愚痴聞いてくれる?」

そして、夫が話を聞いてくれたら

「聞いてくれて有りあがとう」と

必ず言ってくださいね。

話し方を変えるだけで反応が変わって

くるはずですよ。

お互いを思いやる

ママもパパも大変と感じるところが

違ってるだけで二人とも同じように

大変なんですよ。

まずは男女それぞれの特徴を理解して

互いを思いやる会話ができるように

したいですね。

夫婦でちょっと話し合ってみては

いかがでしょうか?

相手に変わってもらうことだけ求めない

相手に変わってもらうことばかり

考えていると何にも前に進めません。

互いに「心地よい関係」を作るには

自分のやり方にこだわっていては

絶対にうまくいきません。

夫婦の問題はお互い様です。

相手に変わってほしいと望むなら、

まず、自分を変えてみることから

始めてください。

自分の家のルール作り

子育てや夫婦の関係に正解というのは

ありません。

夫婦の数だけ違うルールがあるもの

なのです。

だから、各家庭の状況に合わせて

家のルールを決めてくださいね。

夫婦でデート

夫婦でデート

欧米夫婦は赤ちゃんをベビーシッターに

預けて夫婦でデートによく出かけます。

この習慣をぜひ見習いましょう。

たまにはおしゃれして夫婦でゆっくり

食事をすることも大切です。

ふたりだけの時間を作ることで

ふだん言えなかった感謝の言葉も

素直に言えそうですよね。

心の中ではいつも思っている感謝を

言葉に出して伝えてください。

まとめ

いかがでしょうか?

まとめると、

  • 夫に家事や育児に参加しないと将来離婚につながると表をみせる
  • 男と女では考え方が違うので求める答えが返ってこないのは当たり前
  • お互いがお互いを思いやることを大切に
  • 相手にだけに自分の要望を押しつけない
  • 夫婦で家のルールを作る
  • 時には二人だけでデートを楽しむのも必要

男性は会話に解決を求めるものです。

女性特有のオチのない話を聞くのは

苦手なんですね。

今はSNSなどを利用して愚痴を発散

する方法もあります。

まぁ、あんまり愚痴ばっかりには

ならないようにしてくださいね。

スポンサーリンク

共有してくれると嬉しいです(^^♪

フォローする

注目記事