【ママ友の付き合いがめんどくさい】後くさりなくママ友とサヨナラできる4つの方法

共有してくれると嬉しいです(^^♪

あなたは、ママ友とのお付き合いは

順調にいっていますか?

もしかして「めんどくさい」と

悩んでいないでしょうか?

そこで今日は、私が実際にした

ママ友の対処法をお話しします。

スポンサーリンク

同い年の子供を持つ親として

子供の悩みや相談を身近にできるのが

「ママ友」です。

夫に話しても理解してくれなかったり、

かみ合わない時に同じ女性の視点で

見てもらうことができます。

また、価値観が合えば一生付き合う

ことができる友達になります。

でも、当然はじめはどんな人かが

わかるすべはありません。

あなたは今、付き合っているママ友に

「ちょっと微妙に違うかな?」と

感じてはいませんか?

このまま付き合っていくと面倒に

なるかもしれないしストレスを

感じるようになるかもしれません。

ではまず、どんな人が面倒と感じて

どんな対処したのかを、私の経験を

ふまえてお話ししますね。

ママ友との付き合いを少しずつ遠ざける方法

お茶会

子供が幼稚園の頃、いつの間にか

ママ友のグループができていました。

ふつうに話をする分にはいいんですが

そのあとにそのグループの方の家に

行っていました。

お茶会が、いつの間にか日課に

なっていたことがありました。

そのうちランチ会もするようになり…

はじめはお互いのことを知らないので

話も盛り上がって楽しかったのですが、

だんだん面倒になってきました。

この時は、嬉しいことにいつの間にか

自然消滅しました。

たぶん、他の方達も面倒になって

きたんでしょう。

参加できない口実とかを考える必要が

なかったのでよかったです。

もし続いていたなら、うまい口実を

考えなきゃいけないですよね。

ランチなんかはどんなに安くたって

毎週じゃ大変です。

実家にいかなきゃいけないとかも

ありますが一番手っ取り早いのは

こう言うことです。

「家計が苦しいので切り詰めないといけないから」

この口実で、もし噂になっても

もう気にしないといいですよ。

ママ友の悪口や告げ口に便乗しない方法

悪口

人の噂と陰口ばかり言うママ友が

私にはいたことがあります。

間違った話を噂したり作り話をして

話を盛ったりする人もいました。

もしかしたら、そのママ友は陰口で

ストレス発散してたかもしれませんが、

タチが悪すぎますよね。

これは、聞いてる方もイヤですが、

一応「へ~そうなんだ」って言って

話は聞いてました。

でも、もう右から左に流してました。

私にも時には頭にくるママ友の悪口を

言いたくなることもありました。

でも、悪口を聞いてもらうのは

ママ友とはまったく関係のない、

本当に信頼できる昔からの友達に

聞いてもらっていました。

悪口を言うよりもっと嫌なママ友は

その話を黙って聞いて悪口を言われた

本人に吹聴する人です。

いるんですよ、こんな人。

タチが悪過ぎだと思います。

私はこういう人達とは一線を少しずつ

置くようにしました。

ただしこれは少しずつがいいですよ。

私は、働き始めた時点で付き合いが

なくなったので安心しました。

スポンサーリンク

自慢話や勧誘をしてくるママ友の対処法

自慢話が大好きな人っていますよね?

それもは大した自慢ではないんです。

こんなママ友についても話を聞いて

「へ~すごいのね!」って適当に

言ってました。

「自分の育児理論が一番なのよ!」と

熱弁するママも中にはいました。

これも自分はすごいという自慢話に

入りますよね。

また、家で「パン教室」を開いていた

ママがいて結構勧誘されました。

「うち、オーブンないんですよ」と

貧乏アピールでかわしました(笑)

本当のことでしたけどね。

とにかく付き合いたくないママ友の対処法

一度ハマると、なかなか付き合いを

なくすようにというのは難しいです。

だから、少しずつ距離を置いていく

しかないですよね。

プライベートな話は極力しないように

しましょう。

「自分の子と同い年の子を持つ親」という

立場の付き合いにとどめておいた方が

いいでしょう。

ではどんなママ友と長くお付き合いを

していくべきなのでしょうか?

付き合た方がいいママ友とは?

一生の友達

学生時代と同じだと思うのですが、

第一印象で「この人話が合いそう」て

わかりますよね?

見た感じでも、同様にわかることが

ありませんか?

「何となくこの人とは合いそう」って。

後でとんでもなかったっていうことも

あるかもしれませんが(笑)

付き合っていくうちに自分との相性が

わかってきますよね。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

ママ友というのは時にありがたく、

時には面倒こともあります。

よく考えればわかることなのですが、

子供を通じ知り合って友達になった

いう共通点しかないんです。

だから、趣味も当然違うし年齢も

千差万別です。

これがとりあえず付き合うことになり

面倒なことになってしまう原因だと

思います。

もう、そういう付き合いなんだと

割り切ってしまいましょう。

また、LINEなどのグループも

知り合ってすぐ入るのは危険です。

私の場合は、こう言いました。

(実際こういう経験があります)

「LINEで過去にいやな思いをしたことがあって、トラウマなの」

広く浅く付き合っていくうちに、

ウマがとてもあう友達と巡り会って

深く長く付き合える友達ができますよ。

スポンサーリンク
注目記事

共有してくれると嬉しいです(^^♪

フォローする