【お食い初めする?】地域・家で全く違うお食い初めと「一升餅」の使い方

共有してくれると嬉しいです(^^♪

あなたの家では「お食い初め」をやる

予定にしていますか?

実は、数ある赤ちゃんのお祝い行事で

一番するか、しないかを迷うことが

多いものなんです。

そこで今日は、お食い初めをしない

地域など詳細についてお話しします。

スポンサーリンク

あなたは「お食い初め」とはそもそも

どんな行事かをご存知ですか?

これは生後120日目にお祝い膳を整え

「一生食べ物に困らないように」

との願いを込めて行います。

そして赤ちゃんに食べる「マネ」を

させる儀式です。

よく考えると、実際は食べないで

食べる「ふり」だけをするなんて、

なんだか変な儀式ですよね。

一般的に「やる、やらない」実際に

どちらが多いんでしょうか?

調査をしたデータがありましたので

ご紹介しますね。

参考:http://www.happy-note.com/

「する」家庭が8割を占めています。

でも、自宅で済ませてしまうケースが

多いようですね。

おじいちゃん、おばあちゃんまで

招いてやることは最近ではあまり

ないようです。

「お食い初め」の知識

では、具体的にお食い初めの開催で

違うことをお話ししますね。

やるかどうかを決める方法

お食い初めに限らずおじいちゃんや

おばあちゃんにとっては親戚行事

思っているご家庭もあります。

生まれて初めての行事の「お七夜」や

「お宮参り」の時にどんな感じかは

わかっているはずですよね?

特にお食い初めは必ずやるものでは

ない傾向です。

つまり「やる、やらない」も自分達で

こう決めたと言うと角がたたないです。

ただ、特に初孫なら「参加したい」と

必ず思う祖父母達もいます。

だから、声をかけてみるといいかも

しれませんね。

孫は本当に可愛いでしょうから

きっとお祝いを口実に会いたいって

気持ちがあるでしょう。

地域差がかなりある「やり方」

地域によっても、やり方は様々です。

一番特徴があるのは「京都」ですね。

まず「お食い初め」は生後100日目に

行う儀式です。

そして器の色も決まっています。

  • 男の子の器は内・外ともに朱色
  • 女の子の器は、外は黒、内が朱色

お料理は穀物、海、山の物を取入れて、

「一汁三菜」で用意します。

それとは別に、尾頭がついたの鯛も

用意するのが一般的です。

また「お食い初め」にはかかせない

歯がための石、柳箸も用意をします。  

  • ご飯はお祝い事なのでお赤飯
  • 汁物は蛤のお吸物

その他に野菜の煮物、紅白のなますに

蛸を入れた酢の物、長寿を願って

梅干・香の物がつきます。

また、赤ちゃんに食べさせるマネを

させるのは、家族で一番長寿の方が

やります。

京都は古来の風習が残っているので

お食い初めができる料亭も多くあり

仕出しをしてくれる店もあります。

また、地域によってはお食い初めを

しないというより「知らない」地域も

あります。

一升餅の使い方

「一升餅」は一升分のお米を使って

作るお餅を本来1歳の誕生日の時に

行うのです。

でも今は、お食い初めの時に行う

こともあります。

これにはこんな意味があります。

  • 一生食べ物に困ることがないように
  • 一生が健やかに過ごせるように

ふつうはこのお餅を風呂敷などに

入れて担ぐふり?をするんですね。

でも、地方によっては踏むところも

あるんですよ。

踏む方が赤ちゃんには楽でいいですね。

中には歩かせたり、転ばせたりと

本当に地方によって違います。

言い方も全然違うのには驚きます。

スポンサーリンク

自分たち家族だけで行う場合

家族だけでお食い初めを行うならば

形だけでも十分です。

一生餅は、さすがにスーパーでは

売っていないので専門店で購入を

することになります。

おもちの専門店の通販もあるので

利用してみてもいいでしょう。

可愛いですよね。

器はもちろん、赤ちゃんが使用する

物でかまわないです。

この機会に、揃えるのもありかも

しれませんね。

お料理も鯛じゃなくて、焼き魚でも

いいですよ。

だいたいスーパーに尾頭付きの鯛など

売ってないし食べるふりだけですしね。

結局、食べるのは大人ですから。

なかには、鯛焼きにしちゃうママも

いるぐらいです。

そんな感じでも全然構いません。

お吸い物も「インスタント」ので

いいぐらいです(笑)

家族の思い出として記念に行った

形式上だけで十分だと私は思います。

昔の場合

今は育児本やネットで赤ちゃんの

成長段階のひとつの行事として

やるようになっていますよね。

でも、昔は「お食い初め」は

あまりやることはなかったんです。

「儀式」というと昔からのしきたりの

ようですが違います。意外ですよね。

なぜかというと昔は、今のように

食べ物や、物であふれることは

ありませんでした。

七五三に「写真撮影」を行わないのも

当たり前で、裕福なご家庭だけの

習慣だったんですね。

今は、経済的に豊かになったので

雑誌やネットで目にする機会が増加し

やるようになったのが要因でしょう。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

自分が子供の頃に行事をほとんど

してもらっていない両親などは

特に行事への思い入れが

強いのではないでしょうか?

「自分の子にはしてあげたい」

こういう思いがあるなら積極的に

やってください。

家族の思い出作りや1つのイベントで

やればいいでしょう。

要は気持ちの問題ですね。

子供の幸せや健康を願わない親など

いませんから。

スポンサーリンク
注目記事

共有してくれると嬉しいです(^^♪

フォローする