【ナップナップの抱っこ 紐】エルゴと比較をした場合のナップナップの5つの特徴

先日、マミィラクをご紹介しましたが、

肝心の「ナップナップ」については

まだ書いていなかったんですね!

「ナップナップはエルゴより好き」と

言うママもいるぐらい、利用者が

拡がっています。

そこで今日は、話題のナップナップの

特徴を、エルゴと比較をしながら

お話ししていきます。

スポンサーリンク

あなたは「ナップナップ」っていう

抱っこひもはご存知でしたか?

「日本生まれの抱っこ紐」なので、

日本の赤ちゃんの体形にあうような

形状となっています。

日本人に多いのが肩こりですが、

あなたもそうでしょうか?

日本人になで肩体形が多いせいなのか

あまり外人さんで肩こりがひどいって

聞きませんよね?

ナップナップは、整体師さんが

考案をしているので、とにかく

次の箇所が楽なんです。

  • 肩が楽
  • 腰が楽

新生児の時こそ赤ちゃんはまだ軽くて

ママの負担も大きくはないのです。

でも、成長とともに体重は10キロにも

なります。

そんな子供おんぶしながら出かけたり

家事なんかするのは大変ですよ。

(私はやってましたけどね)

今のママさんは、こんなにいい商品が

あって幸せですね。

ナップナップのメリットとデメリット

では、この抱っこ紐の特徴のお話しを

エルゴと比べながら確認しましょう。

メリット

まず、3つのメリットについてお話しを

していきます

装着が簡単

もう、これは抱っこするのには

必ずなくてはならない機能ですよね。

装着が面倒だと、抱っこひも自体を

使うことがなくなっちゃいます。

上の動画でもわかるとおり、わずか

3ステップで装着が完了します。

おんぶ補助ベスト」があることで

月齢がまだ小さい赤ちゃんの場合も

楽にできます。

誰かに手伝ってもらうこともなく、

ママだけでもおんぶが可能です。

エルゴが面倒!と感じるのなら

装着が楽なことにまず驚くでしょう。

軽くてかさばらない

エルゴを使用したことのあるママなら

ご存知でしょう。

エルゴは作りがしっかりしている分、

生地が厚めで重量もかなりあります。

装着している時は、もちろん快適で

いいのですが、持ち運びするのには

向いていません。

その点、ナップナップは構造自体は

エルゴ同様「腰と肩」で赤ちゃんを

支えますが生地に工夫をしています。

「メッシュ素材」と必要最低限までに

した生地しか使用をしていません。

軽いのはもちろん、小さくたたんで

しまうこともできるので持ち運びが

楽にできます。

ポケットがたくさんついている

大きなポケットがついているので、

ちょっとしたお出かけなら、

ここにこんな物も収納できます。

  • オムツ
  • お尻拭き
  • 長財布

手ぶらで買い物ができるので、

荷物が減るのは嬉しいですよね。

エルゴには物を入れるポケットなど

ついていないのでこの点はとても

便利です。

洗濯が可能

抱っこ紐を汚してしまった場合も

洗濯ができるので、安心をして

使用をすることができますよ。

1万円でおつりがきます

これは子育てに何かとお金がかかる

ママにとっては嬉しいですよね♡

エルゴは2万円以上はしますが、

ナップナップは1万円を出しても、

まだおつりが来ます!

この点も、多くのママに支持される

一因となっているんでしょうね。

>>ナップナップの詳細はこちら

ナップナップのデメリット

では、デメリットはどのようなものが

あるのかをお話ししていきますね。

耐久性がない

生地を最小限にしている分、使用を

するうちに肩ベルトがよれてきます。

耐久性は、弱くなってしまうので

使用頻度が高いママには買い直しが

必要になってきます。

2通りの抱き方しかできない

「抱っこ」と「おんぶ」だけの

2通りの方法しか使用ができません。

前向き抱っことかしたいママには

向いていませんね。

napnapとベルメゾンが共同開発した

「マミィラク」は6通りの使用が

可能です。

色々な抱っこ経験をしたいのなら

こちらの方がオススメです。

【ベルメゾンの抱っこひも「マミィラク」】5つのメリットとエルゴと比較したデメリット
【ベルメゾンの抱っこひも「マミィラク」】5つのメリットとエルゴと比較したデメリット
あなたは、抱っこひもの購入を まだ決めかねていますか? 赤ちゃんにとってはもちろんですが ママにとっても使い心地のいい物を 選びたいですよね。 そこで、新星のごとく現れたのが ...

大きい赤ちゃんには不向き

小さい日本人の赤ちゃん用の作りなので

エルゴのようなゆったり感がありません。

でも、エルゴはエルゴで小さい子だと

密着感がないという欠点があります。

こちらは大きくなってくると

太もものゴムがきつくなってきます。

色展開が4色しかない

エルゴのように色々なデザインから

チョイスができません。

ベーシックについては、4色展開しか

ないのでちょっと寂しいですね。

デザイン性については今後に、

期待をしていきたいところです。

総合判断

napnapはお値段が安くてママへの

負担も軽くて「いい抱っこ紐」とは

感じます。

でも、耐久性を比較してしまうと

エルゴには負けてしまいます。

使用頻度が高いならやっぱりエルゴを

オススメします。

【首が座ってなくても使える抱っこひも】エルゴをおすすめする4つの理由
【首が座ってなくても使える抱っこひも】エルゴをおすすめする4つの理由
先日抱っこひもの選び方にを提案して 「エルゴの抱っこひも」が一番と お話しさせていただきました。 なぜなら、エルゴなら首が座らない 新生児からでも使用することができて 長く...

買い直すのを前提で購入するのなら

いい商品でしょう。

  • ホールド感と安定感で選ぶならエルゴ
  • コスパと機能、キャリー性で選ぶならナップナップ

こんなところですかね?

オススメはナップナップとエルゴを

TPOで使い分けることです。

この2つがあれば快適に抱っこライフを

過ごすことができます。

>>【napnap】公式オンラインショップはこちら

まとめ

いかがでしたでしょうか?

抱っこ紐の選び方の注意点については

こちらにまとめていますので

参考にしてくださいね。

【新生児の抱っこひもを選ぶポイント】抱っこひもで必ずチェックしたい7つのこと
【新生児の抱っこひもを選ぶポイント】抱っこひもで必ずチェックしたい7つのこと
あなたが赤ちゃんが生まれる前なら 楽しみなのは、抱っこひもを使って 赤ちゃんを抱っこすることでは ないでしょうか? でも、どんなものを選んだらいいか わからないと思っていませんか?...

ナップナップは色選びを間違うと

ホコリが目立って毎回コロコロを

しないといけない手間が発生します。

ネイビーは特にホコリが目立つので

色選びはホコリの目立たないものに

してくださいね。

また、新生児から使用するなら

別売りの「新生児パッド」が

必要となります。

プラスの料金がかかるというのも

念頭に置いておきましょう。

スポンサーリンク

共有してくれると嬉しいです(^^♪

フォローする

注目記事