【1歳過ぎてからの虫歯予防】イヤイヤ期でも虫歯を防げる7つの工夫

共有してくれると嬉しいです(^^♪

赤ちゃんがパクパク食べてくれるのは

嬉しいけど「お菓子が大好き」な子は、

虫歯が気になりますよね。

あなたのお子さんも甘いものは好物

でしょうか?

1歳半にもなると歯もだいぶ生えてきて

歯磨きもきちんとしなきゃいけないのに

嫌がる反面、甘いものをよく食べる…

そこで今日は、虫歯をどのように

防げばいいのかをお話ししていきます。

スポンサーリンク

1歳ぐらいの子はどうしても歯磨きを

嫌がります。

子供が虫歯になると決まって言われて

しまうのはこんなことですよね。

  • ちゃんと歯を磨いてなかったからでしょ?
  • 甘いものを与えすぎたんじゃない?

それも原因ではありますが、他にも

実は虫歯ができてしまうポイントが

あるんです。

虫歯ができる理由

虫歯菌

ママもパパも、今まで虫歯などに

なったことがない人などいませんよね?

子供の頃、同様に今言っているように

親にこう言われていたはずです。

「歯磨きをきちんとしなさい」

「甘いものばかり食べちゃダメ!虫歯になっちゃうよ」

でも、ちゃんと歯磨きをしていても

虫歯はできていたはずです。

虫歯は「細菌感染」のひとつです。

虫歯ができる原因は、こんなふうに

よく勘違いをされています。

「甘いもので歯が溶ける」

違いませんか?でも砂糖で歯が溶ける

ことはありません。

虫歯は虫歯菌の「ミュータンス菌」と

いう感染によって起こります。

感染して歯の表面につくと虫歯菌は

砂糖をエサにして酸を出します。

この酸により歯が溶けてしまうのです。

この菌を持っていない人間なんて、

まずこの世の中にいません。

でも、虫歯菌がいるのにもかかわらず

虫歯にならない人も実際にいます。

では、この違いは何なのかをお話し

しますね。

虫歯を作らないポイントは「親の口の中」

ママとチュー

赤ちゃんの口の中には、もともと

虫歯菌はいません。

「え?そうなの?じゃあどこから虫歯菌が入ってくるの?」

実は「1歳半~2歳半」で親の口から

移ってしまうのです。

これを聞いて「はっ!」と思った人が

きっといるでしょう。

そして「チューは今日からやめよう」と

思いませんでしたか?

でも、これをやめても無駄なんです。

親の口中の細菌は、自然と子供に移って

しまいます。

口の中には虫歯菌のような悪い菌だけ

でなくて良い菌(常在菌)もいます。

子供の口の中に先に常在菌がいれば

虫歯菌が広がることはありません。

でも、先に大量の虫歯菌が広がると

虫歯になってしまうのです。

つまり、虫歯を予防するには、

親の口の中の虫歯菌をできるだけ

減らしておくことがポイントなんです。

 

両親が虫歯ができないように注意

子供は、言い聞かせが出来るように

ならないと、なかなか歯磨きが

できるようにはなりません。

歯磨きができるようになるまでは

両親が歯を丁寧に磨いてあげて

子供に虫歯菌を極力移さないことを

意識しましょう。

甘いものを食べてもいい歯の管理方法

子供は甘いものはダメ!と言っても

食べてしまいますよね。

また、親が気をつけても他の人から

お菓子をもらったりするので完璧に

防ぐことは不可能です。

実は、甘いもの食べていても虫歯に

なりにくい工夫があります。

スポンサーリンク

「お菓子」の間食

間食おやつ

虫歯菌が子供の口に入ってきても

すぐに虫歯になるわけではありません。

砂糖が大量に、長時間口の中に存在を

しなければ虫歯菌は活動しません。

それに、虫歯菌が繁殖する状態は

普通の食事では起こりません。

バランスの良い食事をしていれば

よく噛むことで歯を掃除してくれます。

気をつけたいのはお菓子の食べ方です。

食事と一緒に食べたお菓子は

虫歯の原因にはなりませんが、

これを間食で摂ることで、虫歯に

なりやすくなります。

昔の人がなぜ歯磨きをしなくても

虫歯にならなかったのかというと

お菓子やジュースを間食する習慣が

なかったからです。

できれば、間食の習慣を止めることが

一番「虫歯を作らない早道」です。

「寝る前の歯磨き」は虫歯予防に抜群の効果

「食べたら歯を磨くのが虫歯予防」と

よく言われています。

やるにこしたことはないのですが、

歯磨きを嫌がる時期は、毎食後に

磨かなくて大丈夫です。

寝る前だけ、しっかり磨くだけでも

十分なんです。

なぜなら、虫歯が作られる時間で

一番多いのは寝ている時だからです。

昼間は、唾液が常に出ているので

虫歯菌を出す酸を中和できています。

ところが眠った途端、唾液はピタッと

止まってしまいます。

すると、口の中に砂糖が残っていれば

虫歯菌が繁殖してしまうのです。

寝る前の歯磨きが一番なんですが

小さい子は、気づかないうちに

寝てしまうこともあるのでそんな子は

食後にするのがオススメです。

寝る前の歯磨きが無理なら1日1回歯を磨き

歯磨きできないまま寝てしまったと

いうことはよくあることですよね。

どうしても難しい時は、とにかく

「一日の生活で一回はしっかり磨く」

ということを心がけるといいでしょう。

また、食事の後はお茶や水で口を

ゆすぐだけも違ってきますよ。

歯科で口腔内清掃を受診

歯科で「PMTC 」という口腔内清掃が

あります。

これは家庭の歯磨きだけでは取れない

歯垢を取ることができます。

歯石取りとは違い「口内エステ」の

感覚で受けることができますよ。

大人も年に1、2回は受けておくと

いいでしょう。時間も1回30分程度で

終わります。

これをするだけで、虫歯菌を相当

減らすことができます。

最近では、治療中に子供を見てくれる

歯科も多くなったので便利ですよね。

ぜひ利用してみてください。

キシリトールガムを食後に噛むと効果的

キシリトールガム(100%のもの、

あるいは厚生労働省許可のもの)を

食後に噛むのも虫歯を予防できます。

実際、ガムを3週間連続して噛むと

虫歯菌は相当減るといわれています。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

乳幼児期の子供をもつ親にとっては

そんなに神経質にならないように

子供虫歯から守ってくださいね。

詳しく虫歯について知りたい場合は、

かかりつけの歯医者さんに聞いて

みましょう。

スポンサーリンク
注目記事

共有してくれると嬉しいです(^^♪

フォローする