【赤ちゃんの血液型の検査】わざわざ検査する必要などない4つの理由

あなたは、お子さんの血液型を知って

いますか?

今は母子手帳に血液型の欄はあっても

記載されていないことが多いです。

親としては、いざという時のために

知っておいた方がいいと思いますが

必要はないんです。

今日は赤ちゃんの血液型を知る必要が

ない理由についてお話ししていきます。

スポンサーリンク

あなたはなぜ、赤ちゃんの血液型を

知りたいのでしょうか?その理由は

こんなことですよね?

  • 保育園や幼稚園に出す書類に血液型を記入する欄がある
  • 輸血することがあった場合に必要だと思うから
  • 血液型の違いによる「性格の違い」を知っておきたい
  • 夫との子供なのがを疑っている、または安心したい

こんなところでしょうか?4つ目は

ちょっと問題ですけどね。

では、順番にお話ししていきます。

書類の血液型欄は記入不要

血液型

色々なお子さん関係の提出書類の

血液型の欄は、必ず埋めなくては

いけないものではありません。

空欄のままでかまわないんですよ。

分かっている場合だけ記入すれば

いいんです。

緊急時の血液への対処法

病気やケガ等で手術や輸血を行う

緊急時は、自己申告では危険なので

病院で必ず血液型の検査をします。

だから、知らないでいると危険と

いうことはありません。

新生児が「血液検査」しても意味がない理由

新生児の時は、血液型検査を行う際

必要な抗体がまだ検出されません。

また、生後間もないと母親の血が

混じってしまうこともあります。

つまり、正しく判定できないことが

多いんです。

生後一か月の場合なら「A型、B型」の

間違いだってあり得るんです。

どうしても知りたいという場合は、

1歳を過ぎてから調べましょう。

また、稀に両親とは全く違う血液型の

子供が生まれることがあります。

これは「ABO式血液型不適合妊娠」と

言って「胎児新生児溶血性疾患」と

言う「疾患の可能性」があります。

母親と父親には、絶対に生まれない

血液型の子供だった場合に

「夫との子ではないかも」なんていう

昔のドラマのような「判断方法」は

今やおかしな話です。

本当に夫との間の子供かを確実に

知りたいならDNA鑑定を行いましょう。

血液型で性格の特徴

血液型 性格

「血液型で性格判断」するというのは

日本人だけです。

だって「A,B,O,AB型の4種類」しか

ないんですよ。

そんな「大きなくくり」なのですから

血液型を使った性格判断などはかなり

おおざっぱなものなんです。

もちろん血液型と性格の関連について

証明されたことはありません。

そして日本以外の国は自分の血液型を

知らない人はたくさんいます。

でも、日本人の「血液型性格神話」は

根強く、それが知りたいだけで自費で

検査を受ける人も実際にはいます。

よく考えて下さい。病気でもないのに

血液型だけ調べて下さいと言うのは

病院にとっては大変迷惑なことです。

親の好奇心につき合わせられた子供も

可哀想ですよ。

スポンサーリンク

子供の血液型の調べ方

血液型 調べ方

それでも血液型を知っておきたいなら

検査方法は大人の採血同様に行います。

腕の肘関節内側の血管に針を刺して

血を抜きます。

小さなお子さんはまだ血管が細いので

なかなか血管を探すことができず、

何度か針を刺すことになるケースが

多いようです。

当然ですがお子さんは大泣きします。

1歳を過ぎれば正確な血液型の判断は

可能となりますが、小さい頃の検査は

やはりかわいそうですよ。

採血の機会があったら、一緒に検査を

お願いするのが良いでしょう。

検査費用も保険が効くので1000円位で

行うことができます。

病気以外で検査だけを希望する場合は

医療に不要な血液型検査となるので

自費」となります。

この費用は、病院や機関などによって

異なりますが、約5000円程度です。

血液型が医療で必要な理由

血液型というのは、一般的に赤血球が

持っている抗原のタイプを指します。

ちょっとここからは難しい話になって

しまうのですが…

赤血球がA型の人は血清中にB型抗体を

持っています。

赤血球はB型の人はA型抗体を持ちます。

同じ血液型なら凝固はしませんが、

A型とB型の人の血液が混ざると

A型抗原を持つ血球と抗体、B型抗原を

持つ血球と抗体が固まってしまいます。

だから、合わない型を輸血すると

大変なことになってしまうんですね。

「ABO 型以」外にも以下の種類に

分けることができます。分類方法は

なんと約300種類もあります。

  • Rh 型
  • D U F F Y 型、
  • MN 型…

「A、B、O 、AB型」だと4種類の

タイプしかありません。

でも、白血球はHLA 型という分類法で

数千ものタイプに分類されます。

これで、いかに血液型で性格判断を

するのが無意味かわかりますよね?

まとめ

いかがでしたでしょうか?

まとめると、

  • 血液型を記入する書類があっても必ず書く必要はない
  • 輸血が必要な処置をするときは病院で必ず血液型を調べて行う
  • 生後間もないと正しい血液型が判別できない
  • 血液型で性格などはわからない

医療機関は必要な人のためにあります。

血液型は知らなくても大丈夫ですよ。

不要な検査は控えましょうね。

スポンサーリンク

共有してくれると嬉しいです(^^♪

フォローする

注目記事