【赤ちゃんにフッ素使っていい?】フッ素使用の「2つの嘘」と塗布に適した時期

共有してくれると嬉しいです(^^♪

あなたのお子さんは、歯がすでに

生え始めていますか?

歯が生えると、虫歯にならないように

ケアするお世話がひとつ増えます。

そこで「虫歯対策」として有効なのが

「フッ素を歯に塗る」ことです。

でも、危険性が本当にないのか

親としては気になりますよね。

そこで今日は、赤ちゃんに対する

フッ素を使用についてお話しをしていきます。

スポンサーリンク

今では、歯が生えたらフッ素を塗ると

虫歯になりずらくなるというののは

常識になっていますよね。

でも、あなたはこんなことを

考えたことはありませんか?

  • フッ素を歯に塗るのは危険じゃないの?
  • 副作用はないの?
  • いつからフッ素を塗った方がいいの?

今さらこんなことを聞くこと自体が

非常識で恥ずかしいって思ってます?

そんなことありませんよ。

まだ知らないのならこの機会に

知識として覚えておきましょうね。

フッ素の正しい使用方法

では順を追ってお話しをしていきます。

歯に塗るのは「フッ化ナトリウム」

「フッ素」は猛毒と言われてるので

赤ちゃんに使用していいの?と感じる方も

中にはいることでしょう。

でも、これは実は「勘違い」なんです。

「フッ素」と言っていますが

正確には、フッ素ではなくて

「フッ化ナトリウム」というものです。

適量なら害はまったくありません。

ただ、化学物質なので大量に取れば

当然、害は出てきます。

フッ化物の応用については危険性について

古くから十分研究がされています。

歯磨きや歯科のフッ素塗布の安全性も

もちろん確立されていますから

安心して大丈夫です。

ちなみに、歯科医院で塗布するフッ化物は

フッ素濃度で「約9,000ppm」です。

これを3~6ヶ月に一度の適用をするのが

好ましいと歯科では対処をしています。

また、歯磨き剤の含まれる有フッ素は

「450~900ppm」となっているので

応用しても全く心配はいりません。

フッ素の副作用

多かれ少なかれ、薬には副作用は付き物と

なっているのが現実です。

ですから、100%安心な薬剤などは

この世には存在しません。

これを念頭に置いておいてくださいね。

もし、過剰摂取をしてしまった場合

懸念される副作用は以下のものです。

  • 嘔吐
  • 腹痛
  • 斑状歯

「斑状歯」とは、歯が白く濁ったり

歯に模様が出来たりする症状です。

でもこれは「フッ素」の影響だけとは

考えられません。

なぜなら歯のエナメル質形成がされる時に

抗生物質を過剰服用したり、熱性疾患でも

なることがあるからです。

あくまでも、大量摂取で起こる反応なので

虫歯予防に使用する程度なら全く心配ありません。

「大量摂取」をもししていたのなら

これはもう虐待になりますので、

まずありえませんよね。

それに人間の体に影響があるのなら

歯磨き粉やジェルなど出回りません。

この世にはフッ素より危険な薬なんて

沢山有りますよ。

スポンサーリンク

フッ素を塗る時期

ところで、小児歯科でフッ素を塗るのは

いつからしてもらえるのでしょうか?

これは、歯科によって見解が違います。

ただ歯が1本でも生えたら塗った方が

虫歯にはなりにくくなります。

でも、目安になるのは1歳半健診時に行う

「歯科健診」となります。

【1歳半健診の内容】13項目と健診時に指摘されることが多い4つのこと
あなたのお子さんはもうすぐ1歳半に なりますか? そうならもうすぐ健診がありますね。 1歳6カ月健診は法律で定められいて ほとん...

自治体によっては、健診でフッ素を

塗布してくれるところもあります。

もし、健診時になかったら

小児歯科でやってもらうといいでしょう。

半年に一回くらいでもOKなので

そんなに負担がかかることはないですよね。

おうちでケアしたいと思ってるなら

ホームジェル う蝕予防ジェルがオススメです。

うがいも不要で味も美味しいので

歯磨き嫌いのお子さんでも

楽しみにしてくれるかもしれません。

もちろん、家族でも使用できます。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

離乳食が進んで、歯が生え始めると

熱いものを与える時に、

つい親が舐めたりしますよね?

でもこれはNGです。

ご存知かと思いますが、そこから

「虫歯菌」が移る懸念があります。

【1歳過ぎてからの虫歯予防】イヤイヤ期でも虫歯を防げる7つの工夫
赤ちゃんがパクパク食べてくれるのは 嬉しいけど「お菓子が大好き」な子は、 虫歯が気になりますよね。 あなたのお子さんも甘いものは好物 ...

だからフッ素を塗るというのは

早ければ早いほどいいんですね。

参考として 先進国の多くの国では、

フッ素を一般の家庭用水道水に添加しています。

「そうなの!?」と驚きませんか?

私はびっくりしました。

なぜかというともちろん「虫歯予防」を

するためです。

アメリカではすでに半世紀を超えて、

実施されています。

その結果、先進国の多くの地域では

40歳以下で虫歯のある人はいないそうです。

これは国の保険事情もあるでしょう。

アメリカで医療制度を利用したら

高額になりますからね。

また、日本の水道水に「フッ素」を

入れたら歯科が潰れてしまうでしょう。

むしろ、害がないのですから

日本の水道水も入れてほしいところです。

フッ素は食事で歯から溶け出るカルシウムを

再度「歯に結合」させる効果があります。

先生によっては、フッ素を塗るよりも

食事の度フッ素水でうがいをする方が

より効果的があると言う方もいます。

いずれにしても「フッ素」は

歯を守ってくれる大切な成分です。

赤ちゃんを虫歯から守るためにも

早目の対策をしておいてくださいね。

スポンサーリンク
関連記事



共有してくれると嬉しいです(^^♪

フォローする