【冬の暖房代を節約】暖房器具を使いこなして3,000円以上コストダウンする方法

共有してくれると嬉しいです(^^♪

あなたの家では「暖房器具」は何を

使用していますか?

暖かく過ごせればできればいいですが

コスパも気になるところですね。

今回は、暖房器具を比較してみて

どうすれば一番コスパがいいのか

調べてみました。

使い方をちょっと工夫すればこの冬は

暖房費がかなり節約できますよ。

スポンサーリンク

我が家はずっと石油ファンヒーターを

使用していました。

昔は18リットルで630円という頃が

あって最強のコスパでしたが今では

到底考えられませんよね。

石油ファンヒーターはスイッチを

つければすぐに暖かくなります。

でも、とにかく灯油を入れるのが

面倒くさいんですよね。

だから、うちはガスファンヒーターに

とうとう変えてしまいました。

寒い外に灯油を入れにいく必要もなく

暖かくて快適です。

しかし、コスパのことは全く考えず

暖かさと便利さを優先しました。

そこで、あらためて以下のことを

調べてみました。

  • コスパがよくて暖かい暖房器具
  • 器具のメリット、デメリット

どのように使えば、一番コストを

抑えることができるのかをお話し

していきます。

エアコンによる暖房のメリットとデメリット

エアコン

メリット

夏に使用すると電気代がかさみますが、

使用しないわけにはいきませんよね。

冬にはあまり使用しないご家庭も

多いのではないでしょうか?

実際、我が家がそうなのですが、

これは実はもったいないことなんです。

エアコンは電気代だけを考慮すれば

いいことが最大のメリットです。

他の暖房器具は、電気代に加えて

燃料代もかかりますよね?

最近のエアコンは性能が高いので

省エネ設計なのは当たり前です。

壁掛け式のエアコンの場合なら

100%インバーターが内蔵されていて

室温によって運転状態を調整します。

室温が設定温度になると消費電力が

下がりコストを抑えることができます。

だから電気代はそんなにかかりません。

最新の機種ならば、暖房器具の中では

コスパは一番いいんです。

デメリット

デメリットは次のことですね。

  • 部屋全体が温まるのに時間がかかる
  • 空気が乾燥する

乾燥が気になる場合は、加湿器を

併用した方がいいでしょう。

石油ファンヒーター

石油ファンヒーター

メリット

灯油の値段が変動することでコスパに

変動があります。

近年は、灯油代もずいぶん抑えられて

きています。

灯油代が安ければエアコンを上回る

コスパとなります。

灯油は暖かくなるのが早く、広範囲を

暖めることができるし、空気の乾燥も

あまりしないのもいい特徴です。

ガスのように、ガスホースが届く

範囲でしか使用できないのに対して

移動も可能ですよね。

デメリット

給油の手間と確保が必要となることです。

温かい部屋から、寒い外に出て給油を

するのは、ちょっとつらいですよね。

灯油の購入は、

  • 自分でガソリンスタンドへ灯油を購入しに行く
  • 宅配業者からの購入

それなりの準備も必要となりますし、

灯油を置く場所も確保する必要です。

また、換気もコマメに必要があり、

1時間に1回程度の換気が理想です。

せっかく温まった空気が換気により、

また暖め直しになってしまいます。

でも思っているほど室内温度が下がる

ことはありません。

なぜなら、部屋の内部の壁や天井が

全体的に温まっているからです。

また、石油ファンヒーターは使用を

終了した時にかたづけるのも大変です。

中に残っている灯油を抜く必要が

あります。

そのまま灯油を入れておくと、

変質、酸化、劣化してしまいます。

これもちょっと面倒ですよね。

スポンサーリンク

ガスファンヒーター

メリット

灯油ほどでないですが電気ヒーターや

オイルヒーターなどに比べたら

コスパが良いです。

点火もすぐできるし暖かくなるのも

非常に速いです。

そしてなんといっても灯油のような

手間がありません。

スイッチひとつでいつでも使用可能と

なります。

これが便利で、灯油よりはコストが

かかっても選んでしまいました。

また、ガスファンヒーターは

ガスの燃焼で水蒸気が出るため、

加湿器が不要なのもいいですよね。

乾燥が気になる方は加湿器と併用

すればいいでしょう。

デメリット

石油ファンヒーターと同様に換気が

必要なことです。

一時間に1回の換気をしないと

「一酸化中毒」になる危険があります。

といっても、忘れることがあります。

うちの機種は、連続使用していると

自動的に停止になります。

(これ普通だと思うんですが)

その時は急いで換気しています。

またガス栓のホースが届く範囲での

使用しかできません。

仮にホースを長くして、遠くの場所で

使用しても、ガスホースがじゃまで

ホースにつまづいて怪我をする恐れも

あります。

また初期費用が必要なこともあります

ガス栓がない家は、ガス栓を増設する

工事費がかかります。

我が家は、台所からガスを取る方法で

増設しました。工事費は10,000円程度

かかりました。

コスパをよくする暖房器具の最強の使い方

暖かい

それは、次の方法となります。

  • 石油かガスファンヒーターで部屋を暖める
  • 部屋が温まったらエアコンに切り替える

エアコンは部屋を温めるまでに多くの

電力を消費します。

https://tyakoblo.com/eakon-setuyaku/

温まるまではファンヒーターを使用し

温度維持をエアコンに任せます。

この方法が一番コストを抑えることが

できます。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

ファンヒーター+エアコン暖房方法

1か月間使用してみてください。

昨年に比べてコストが抑えられるか

試してみてはいかがでしょうか?

この使い方をすると、私の概算では

ガス代が1か月3,000円以上減る

思っています。

光熱費がどうなるのか楽しみです。

また、暖かい空気は上に行く性質が

あるのでサーキュレーターも合わせて

使うと部屋全体が温まりますよ。

スポンサーリンク
注目記事

共有してくれると嬉しいです(^^♪

フォローする