【アレルギーマーチ】離乳食の進め方でアレルギーを予防できる3つの方法

共有してくれると嬉しいです(^^♪

あなたはアレルギーマーチって言葉を

聞いたことはありますか?

これはもともとアレルギーのある子が

やっと収まったかと思っていたら

また違う原因で次々にアレルギーを

起こしてしまうことをいいます。

そこで今日は、アレルギーマーチを

予防する方法についてお話しします。

スポンサーリンク

あなたのお子さんはアレルギーでは

ないでしょうか?

テストでアレルギーが見つかると

色々と気を使いますよね。

食物アレルギーの場合は、食べ物に

注意すれば数値が少なくなります。

でも、成長とともに今度はダニや

ハウスダストの数値が高くなることが

あります。

食物アレルギーを克服したと思ったら

またアレルギー…

これが「アレルギーマーチ」です。

アレルギーは、一生付き合うことに

なるかもしれないので親としては

かなり不安になります。

でも、この負のループは離乳食を

気をつければ防げます。

アレルギーマーチを防ぐ方法

では、アレルギーマーチの負の連鎖を

r離乳食で防ぐ方法をお話ししますね。

離乳食を急がない

お子さんの食事は本当に大事です。

特に1歳~3歳まではとても重要です。

食物アレルギーを起こさないことが、

「アレルギーマーチ」を起こさない

ポイントです。

ここで間違えてしまいがちなことが

あります。

それはテストで卵などにアレルギーが

出ていても決してアレルギー体質と

いうことにはなりません。

 まず、1歳まではおっぱいを中心に

あげてくださいね。

そして、離乳を決して急ぐのは

止めましょう。

「急ぐ」というのは時期のことでなく

色々な物を食べさせるという意味です。

たんぱく質の進め方

「食物アレルギー」の原因の多くが

早くからの「異種たんぱく質」を

あげることです。

「肉・牛乳・卵」は1歳を過ぎるまで

与えない方がいいです。

また、次の物もできれば1歳までは

食べない方が無難です。

  • 大豆(豆腐含む)
  • 小麦(麺類)
  • 魚(白身)

「出汁」には注意が必要です。

「かつおぶし」の出汁は盲点ですよ。

なぜなら、これも「たんぱく質」に

なりますからね。

初期はだしを使わずにお湯だけで

十分ですが、もし使用をするなら

「昆布の出汁」にしましょう。

野菜の与え方

1歳までは、おかゆと野菜だけを

与えるようにしましょう。

ただし、野菜の中にもアレルギーが

強い野菜もあります。

  • ナス科の野菜(ナス・トマトなど)
  • にんじん
  • ほうれん草

これは育児本などにたくさん掲載が

されてるのでしっかり調べてください。

安心して食べさせてあげられる野菜は、

次の物です。

  • 小松菜
  • 大根
  • かぶ
  • キャベツ
  • 青梗菜
  • 白菜
  • さつまいも

これらをベースにして、少しずつ

色々な野菜にチャレンジしましょう。

なお、 1つの野菜でも慣れるまでに

2~3回あげる必要があります。

また、野菜スープにする場合は

1種類ずつの野菜を試しにいきます。

そして慣れたら野菜をミックスを

するとより安心です。

スポンサーリンク

「たんぱく質」は植物から開始

1歳を過ぎたら、少しずつ植物性の

たんぱく質からあげていきましょう。

食物たんぱく質の代表格といえば

お豆腐ですね。

納豆も当然、大豆製品になりまが、

「納豆菌」になるのでアレルギーが

強めになります。

与えるなら離乳中期~後期くらいが

いいですよ。

次に白身魚などのお魚へ移行しますが

次の魚はアレルギーが強く出るので

離乳食初期の頃はやめてくださいね。

  • たい
  • ひらめ
  • たら

また、卵と肉類はまだほんの少々で

いいです。

そして、かつおぶしの出汁を始めて

いきましょう。

重要な3歳までの食事

3歳までは、野菜とご飯中心にした

和食で与えてください。

3歳まで食事を頑張れば、あんまり

神経質にならなくても大丈夫です。

ただし「おそば」はご存知のように

アレルギーが強いですよね。

だから小学校に上がるぐらいまでは、

積極的にあげない方がいいでしょう。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

離乳食の始めの頃は、食べた物が

そのままうんちで出てきます。

これは、消化器官がまだ未熟な

証拠です。

だから、ひとつずつ食べ物を試して

消化の反応をみていくのが大事です。

穏やかに消化吸収を進めていけば、

内臓能力もどんどん高まるので

内臓が強くなっていきます。

そして内臓が強いということは、

免疫力も強くなるんです。

だからアレルギー反応が起こりにくく

なるということですね。

よくこんなふうに言う医師がいます。

「反応が出た食べ物は様子を見てみましょう」

これはとんでもないことですよ。

絶対にしないでくださいね。

アレルギー反応をひとつでも少なく

起こさないようにするのが、

食物アレルギー予防の近道です。

スポンサーリンク
注目記事

共有してくれると嬉しいです(^^♪

フォローする