【おむつのあるある】誰もが一度は経験する「おむつ交換時」に起きる8つのこと

共有してくれると嬉しいです(^^♪

あなたは、今現在おむつ交換を

毎日行っている日々でしょうか?

その日々の中で「うそ!?」ってことも

きっとありますよね?

でもおそらくみんなが経験をしてることです。

そこで今日は、「おむつあるある」を

お話ししてその対策もお話しします。

スポンサーリンク

毎日、何回もおむつを交換してると

こう思うことはありませんか?

「またこんなことしてー」

「あーまた失敗しちゃった!」

でもそう感じているは

あなただけではないんですよ。

おそらく、世のママは

1度は体験をしてることです。

中にはなんでこんなことするの?って

こともありますし、

可愛いこともあります。

では、さっそくおむつのあるあるを

お話ししていきますね。

オムツ交換でよくあること

今回は、HAL*3ヶ月さんの絵を参考に

この記事を書かせていただきました。

HALさん、ありがとうございます。

このブログでおすすめしているおむつは

こちらの記事で確認をしてください。

【紙おむつを比較】5つのポイントで比べて選ぶ!新生児の紙おむつ第1位は?
あなたの赤ちゃんは「紙おむつ」を 使用していますか? 大抵のママは産院で使っていた物を そのまま使うことが多いようです。 でも、...

両足伸ばし

普段、寝ているときはがに股なのに

おむつをはずしたら開放感からなのか

足をビーンと伸ばしますよね?

なぜ足を伸ばすのかは、

誰にもわかりませんけどね…

おむつ替えがしずらくて困ります^^;

M字固め

今度はおむつ交換しようと思ったら

かたくなにに、ガニ股にするので

おむつが替えにくいですよね。

こっちが本来の姿なんでしょうけど。

替えた直後うんち落とし

「あーもうあるある!」って声が

聞こえてきそうですね。

せっかくおむつ替えをして

綺麗にした直後にうんちするんですよね。

きっと、気持ちがよくなったので

綺麗なオムツにしたいのかもしれません。。

でも、ママとしてはまたやり直しで

うんざりしてしまいますよね。

オシッコ飛ばし

これは男の子限定ですね。

おむつを広げたとたんや、

取り換えた直後に多いです。

これをよくやられてしまうママは

おむつ替えの前に様子を見て

するようになりますよね。

でも、そんな対策をしても

されちゃいませんか?

やっぱり気持ちの悪いオムツから

開放されるからでしょう。

対策としては、オムツを開いたら

すぐにティッシュを1枚かけておきましょう。

そうすれば飛び散ることはありません。

ウンチかかと落とし

うんちをしたので、おむつ交換を

しようと開けたとたんにウンチの上に

かかとを落とされた経験ありませんか?

「ギャー!」と思わず叫んでしまいます。

飛び散ることもあるし量によっては

お風呂で洗うことも必要になります。

本当に大人しくしてほしいですよね。

スポンサーリンク

テンション高め

汚されるのも困るけど、

なんだかテンションが上がって

じっとしてくれないのも大変です。

何かのきっかけがあるんでしょうが

謎の時もありますよね。

次にオムツ交換する際にママの行動で

よく「あるある」をお話ししましょう。

お尻ふき切れミス

「今日は、大人しくしてくれてすぐにおむつ替えできそう」

こういう日に限って、オムツ拭きって

切れていることありませんか?

補充するのを買ってあればいいけど

ないとちょっと困りますね。

その時はフェイスタオルをぬるま湯で

濡らして拭きましょう。

おしり拭きのオススメはこちらの

記事を参考にしてくださいね。

【おしりふきの選び方】敏感肌でも使えるおしりふきを選ぶ3つのポイント
あなたの家では、おしりふきを使って お尻のお手入れをしていますか? おそらく使用していますよね。 「どれも同じなんじゃないの?」と ...

オムツ前後疲れ

このタイトルにもある通り、

ママがちょっと疲れている時に

こんなことよくありますよね。

「何やってんだろ?私(笑)」

この程度のことですけどね。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

ここにはないですが

海老ぞりするのもありますよね。

うちの子は海老ぞり派でした(笑)

あと、離乳食が始まるとうんちも

臭くなりますよね。

ある程度、動けるようになって

寝返りができるようになると

おむつ替えを嫌うお子さんがいます。

嫌うというよりじっとしていないことが多いですね。

たっちができてパンツタイプになったら

今度は逃げ出す始末!

「もしかしたら私が遊ばれてるのかな?」

こんな風に感じることもあります。

でも、苦労ばかりではないですよね?

この天使のような笑顔を見ると

色々な苦労なんて吹っ飛びます。

赤ちゃんの頃はみんなが通る道だし

ママが必ず経験することです。

「こんなこともあったのよ」って

お子さんは大きくなったら

笑いながら話してくださいね。

スポンサーリンク
関連記事



共有してくれると嬉しいです(^^♪

フォローする