【授乳中に目が合わない】すんなりと授乳中でも目が合うようになる5つの方法

共有してくれると嬉しいです(^^♪

赤ちゃんが生まれたらママの目を見て

ニッコリとするのを想像していたのに

全然目が合わないと悩んでいませんか?

全然目が合わないと「病気では?」と

疑ってしまうこともあるようです。

でも、そんなことありませんよ。

そこで今日は赤ちゃんと目が合わない

理由と対処法をお話ししていきます。

スポンサーリンク

新生児の赤ちゃんと目が合わずに

微笑み合うこともできないと

可愛いけれどママとしては不満だし、

色々な心配もでてきます。

  • 頭脳の発達に問題があるのでは?
  • 自閉症なのではないか
  • 親子の愛着形成ができないのでは?
  • 赤ちゃんから嫌われてるのでは?
  • コミュニケーションがとれないので育児に自信がなくなった

「これからの子育てにも影響が出てくるのでは?」と

不安になる気持ちもわかります。

でも大丈夫。いずれも心配いりません。

もちろん目が合う方が可愛いと思うし

子育てが楽しくなるのは確かですが、

今だけのことですよ。

新生児の赤ちゃんと目が合わない理由

赤ちゃんの目

実は赤ちゃんの視力は生後1ヶ月まで

光が分かる程度しかありません。

月齢の視力は以下のとおりです。

  • 生後2ヶ月→0.01、
  • 生後4ヶ月→0.03
  • 生後6ヶ月→0.06
  • 生後8ヶ月→やっと0.1

大人ならば、眼鏡をかけていないと

生活できないレベルの視力です。

まして両目で「立体視」できるのは

6歳頃までかかります。

赤ちゃんの目は見えてはいますが、

実は視力はとても低いのです。

大脳皮質の視覚中枢についても

まだ十分には発達していません。

だから、目の前に急に何かが来ても

瞬きをすることもできません。

この瞬きを「脅迫反射」と言います。

生後2、3ヶ月くらいまでは瞬きも

できないのが普通なんです。

また視線を固定してじーっと見つめる

ことを「固視」といい、動く物を

目で追うことを「追視」と言います。

ほとんど目は見えていないのですが

稀に早期に見られることもあります。

一般的には、生後二ヶ月以降になれば

「固視」も「追視」もできるように

なっていきます。

生まれてすぐに、脅迫反射や固視を

しなくても特に心配はありません。

つまり、この時期に目が合わないのは

病気ではなく当たり前のことなんです。

だから不安に思う必要もありません。

「子供は自分のことをよく思っていないのでは?」と

不安にも感じてしまう方もいますが

それは余計な心配ですよ。

赤ちゃんと目が合うことができるようになる4つの方法

赤ちゃんと目を合わす

実はちゃんと目をみてくれる方法が

あります。以下の方法をまずは試して

みてください。

スポンサーリンク

「日齢5~7日の新生児」への対応

生後間もない赤ちゃんは前述のとおり

目があまり見えていません。

でも、ママの顔の輪郭や髪型などで

ママの顔を見分けることはできます。

だから、なるべく赤ちゃんに顔を

近づけてあげるといいですよ。

この時期は髪型を変えてしまうと

せっかくママだと認識し始めたのが

パァーとなってしまいます。

だからなるべく髪型は変えないように

しましょう。これで見てくれるように

なりますよ。

「週齢7~8週」の赤ちゃんへの対応

このぐらいになるとママの顔のパーツが

なんとなくわかるようになります。

「目・鼻・口」の区別がつくように

なってきますので顔を近づけるよう

引き続きやってみましょう。

月齢3~4カ月の乳児への対応

ここまでくれば、他人とママの区別も

つくようになってきますよ。

もうママの顔の認識はできるので

そんなに近づけなくても平気です。

働きかけが多すぎるのはNGな理由

「早く赤ちゃんと目が合いたい」

赤ちゃんに目を見てもらいたくて

しょっちゅう目を合わそうとして

赤ちゃんの目を追っていませんか?

多すぎると子供の凝視時間は短くなり

目をそらすことが多くなります。

そこで色に工夫をしてみることを

オススメします。

「色彩能力」が発達して一番最初に

認識できる色が「赤」になります。

だからママが赤色の服を着ていれば

目で追ってくれるようになります。

目が合わないと不安になるのはマイナス要素

目が合わないからといって落ち込む

必要はありません。

抱っこ、あやして遊ぶの繰り返して

いくと必ず愛着形成はできてきます。

日々、赤ちゃんは成長しているのに

「この子、もしかしたら目の病気なのではないのかしら?」と

疑ってしまって、ママが不安な顔を

見せたら赤ちゃんが可哀想ですよ。

赤ちゃんはママの不安を感じとります。

赤ちゃんも怖くなってしまいます。

そんなことでは目を合わせたくないと

思ってしまいますしね。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

まとめると、

  • 赤ちゃんの目は少しずつ見えてくるから見ないことに不安は無用
  • まず顔全体が見えるようになるので近づけてみる
  • 次に目・鼻・口がわかるようになってくる
  • しょっちゅう赤ちゃんに見てもらおうをするのは逆効果
  • 赤い色が最初に識別できるようになる
  • 目が合わないことを不安に思わない

赤ちゃんの目は、まだ未完成です。

子供の性格や成長はそれぞれです。

「時間がたてば目を合わせてくれるようになる」と

ドンと構えてその日まで待ちましょう。

それより、今しかできない子育てを

楽しんでゆっくりと成長を見守って

あげてくださいね。

スポンサーリンク
注目記事

共有してくれると嬉しいです(^^♪

フォローする