【乳児の転倒】家での転倒事故を防止する8つの対策

共有してくれると嬉しいです(^^♪

あなたのお子さんはすでにハイハイが

始まっていますか?

次につかまり立ちが始まってくると

転ぶことが多くなってきます。

お座りの頃から、よく頭をぶつける

お子さんもいます。

軽い怪我ぐらいならいいのですが、

頭を打ったり骨折するほどの怪我は

避けたいですよね。

そこで今日は、幼児の転倒対策に

ついてお話ししていきます。

スポンサーリンク

動き始めるとますます赤ちゃんから

目が離せなくなります。

誤飲も危険ですが、転倒の可能性も出てきます。

https://tyakoblo.com/goin-haku/

【乳児の誤飲】誤飲にしても絶対にすぐ吐かせるのがNGな「14例」
誤飲が一番多いのが7カ月、8カ月の 乳児の赤ちゃんです。 この頃からお座りができるようになり、 歯も生え始め、つかまり立ちも始まります...

中には、転んで頭をぶつけても

何もなかったように遊び始める子もいます。

「泣かないから、いいか」

こう思っても、しょっちゅうだと

やはり心配になってきますよね。

赤ちゃんの転倒を防ぐ対策

では、幼児の転倒対策はどのようなものが

あるのかお話しします。

リビングでの対策

リビングの真ん中にサークルを置き

その中だけで遊べるようにします。

サークルに入れておけば色々な所へ

行くこともないのでママは安心できます。

ただし、サークルの中に入れると

嫌がって泣きまくる子もいるので

利用することができないケースもあります。

床材の対策

床

歩き始めは特に不安定となります。

転ぶこともしょっちゅうあります。

少し大きくなってからでも頭の比重が

大きいので頭から落ちて転びます。

まず、床材に工夫を施してみましょう。

次の素材を敷くのがオススメです。

  • コルク材
  • スポンジ製のカーペット
  • 厚い絨毯

転んだ時に衝撃が少なくなるような

工夫をしましょう。

また、つかまり立ちが始まったら

クッションなどを何箇所も置いて

頭を激しくぶつけることのない工夫を

しましょう。

テーブルなどの「角」対策

頭をぶつけやすいのがテーブルの角です。

でも丸いテーブルなら心配する必要が

ありません。

もしこれからテーブルを購入するなら

丸テーブルにするといいでしょう。

四角いテーブルの場合は、100円均一で

買える「角用クッション」で十分です。

コンセントや家具の角にも、

同様にカバーをして転倒以外の事故も

未然に防ぐようにしましょう。

スポンサーリンク

寝かせる場所の注意点

ソファや椅子の上などに寝かせておくと

落ちる危険があります。

安全な床の上や、ベビーベッドに

寝かせてあげてくださいね。

赤ちゃんの頭を直接守る方法

Thudguard ハイハイヨチヨチ専用ヘルメット サッドガード ブルー

こんなかわいいヘルメットがあるんです。

これを、かぶせておけばしっかりと

頭は守ることができますね。

赤ちゃんによっては、嫌がってすぐに

はずしてしまうかもしれませんが…

リュックを有効利用

リュックを背負うことで重心が後ろに

なるので転ぶことが少なくなります。

後ろに転んでもリュックがあるので

直接頭を打つことがありませんね。

アマゾンのCMで有名になった頭を守るリュック

ミツバチだけでなく、色々な種類があります。

たとえばこんなのも…


dizoon ベビー ヘッドガードリュック

ベビーベッド・ベビーカーの使用方法

ベビーベットや、ベビーカーなどは

安全ベルトをきちんとすることも大切ですね。

転倒すると、それこそ頭からいくので

とても危険です。

目を離してもよくなる時期

1歳を過ぎて、ちゃんと歩けるように

なるまでは、できるだけ親が近くで

見てあげるようにしましょう。

なぜならそれまではあなたがどんなに

気をつけても転ぶ可能性があるからです。

たとえば、持っていたおもちゃを近くに置いて、

急に立ち上がって、おもちゃの上で

転んだりすることがあります。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

もし転んで頭を打ってしまった時は

こちらの記事を参考にしてくださいね。

【赤ちゃんが頭をぶつけた時の対処】頭の状態で病院に行くべきか判断する5つの方法
あなたは、赤ちゃんが頭をぶつけて 驚いた経験はありませんか? すごい勢いで泣き出すので驚いて しまいますよね。 もし脳に影響があ...

赤ちゃんは昨日までできなかったのに

突然、今日からできるようになることが

起こります。

立ち上がる手前の時期の赤ちゃんは、

「ハイハイで前へどんどん進みたい」と

いう時期なんですね。

でも、転ぶことを何度か繰り返すうち

体で覚えてくるようになります。

「手でしっかり体を支えないと転ぶんだ」

あまりにもしょっちゅう転ぶのなら

前へ進もうとする時に脇に手をいれて

頭をぶつけないよう、あなたがサポートを

しましょう。

また、床と赤ちゃんの間に手を入れてあげると

いいですね。

言い忘れましたが、玄関などの段差も

落ちることが多い場所になっています。

気をつけてあげてくださいね。

よく昔からこう言われています。

「子供の病気は仕方ないが、ケガは親の責任だ」

あまり神経質になるのも良くないですが

最低限の対処は親がするのは必要です。

できるだけ無事故で過ごせるように

してあげましょう。

スポンサーリンク
関連記事



共有してくれると嬉しいです(^^♪

フォローする