【新生児のてんかん】5つの主な症状と早期発見したい「点頭てんかん」の特徴

共有してくれると嬉しいです(^^♪

あなたは、赤ちゃんが突然痙攣を

起こすとこんな心配をしませんか?

「うちの赤ちゃん、もしかしたらてんかんでは?」

でも、痙攣を起こしたからといって

すべてが繋がるわけではありません。

そこで今日は、てんかんの主な症状と

早期発見が必要な「点眼てんかん」に

ついてお話します。

スポンサーリンク

赤ちゃんが痙攣を起こす原因は様々です。

まずは痙攣を起こすのはどういう時が

あるのか、こちらの記事を参考にして

ください。

【乳児の痙攣】4つの原因と3つの正しい痙攣の対処方法
【乳児の痙攣】4つの原因と3つの正しい痙攣の対処方法
あなたは、赤ちゃんが突然痙攣を 起こして驚いたことはありませんか? 大人が痙攣なんて起こした場合は 何か悪い病気になってしまったと 思ってしまいますよね。 でも、赤ちゃんには案...

通常の痙攣は、なんらかのきっかけが

必ずあるものです。

きっかけがまったくなかったのに

突然、痙攣するような場合、つまり

  • 寝ていても起きていても痙攣
  • ご機嫌で遊んでいても痙攣
  • お乳を飲んでいても痙攣
  • 突然意識を失う
  • 両手と両足を伸ばした後に頭がガクッとなってしまう

このような、症状がある場合は

てんかんを疑います。

でも、てんかんはシチュエーションに

関係なく起こるのが特徴なんです。

だから逆に言うと「○○の時だけ」と

いうのはてんかんには繋がりません。

「てんかんかもしれない」と思ったら早目に受診

病院を受診

上記のような症状が出ていたら

その症状が出ている時に携帯で

動画を撮っておいてください。

受診すると、脳波など詳しい検査を

行いますが、てんかんを疑う症状を

先生に見せることで、判断材料にも

なります。

万が一、てんかんだった場合は

1回でも発作の回数が少ない方が、

治療もしやすくなります。

心配なら、受診はできるだけ早くして

おいた方がいいでしょう。

また、てんかんだと分かればもやもやと

していた気持ちも全然違いますよね。

てんかんの種類

てんかんには種類が多くあります。

ここでは、大きく分けた4つだけを

お話ししていきます。

特発性てんかん

生まれてすぐの子から乳幼児の間に

発症することがあります。

主な原因は赤ちゃんがお腹にいた時や

分娩時に、何らかの原因があって

大脳が傷つくことで起きるケースが

多くなっています。

また、生まれつき脳や代謝に異常が

ある場合も発病することがあります。

「特発性てんかん」は検査をしても

異常がなく、原因不明なものが多く

なっています。

また「特発性てんかん」の一部には

「てんかんになりやすい傾向」が

遺伝する可能性がありますが

必ず遺伝するものでもありません。

また新生児に起こる「モロー反射」と

区別がつきにくいとのもやっかいな

ところですよね。

モロー反射の特徴は、下記の記事を

参考にしてください。

【新生児のモロー反射】その対策と反射ではなく病気を疑うべき2つの症状
【新生児のモロー反射】その対策と反射ではなく病気を疑うべき2つの症状
あなたは新生児の原子反射のひとつの 「モロー反射」をご存知ですか? 実は、病気と間違えやすい症状なので とても心配になります。 「え?この子大丈夫?変な病気なんじゃないかしら?」...

心配な場合は、お医者様に相談すると

いいでしょう。

症候性てんかん

症候性てんかんは脳に何らかの障害が

起き、脳の一部に傷がついたことで

発症するてんかんです。

また、出生時に脳に傷がついたことが

原因で起こることもあります。

よく「赤ちゃんのストレス」が発作に

つながると言われます。

そのことであまり赤ちゃんが眠るのが

少なかったり、泣いたりすることが

多いとあなたにストレスが溜まります。

また「てんかんになるのでは?」と

心配してしまうママもいます。

まずは小児科を受診し相談しましょう。

詳しい脳波などの検査が必要な場合は

脳神経外科または「てんかん協会」の

認定専門医のいる病院を受診します。

(参考)てんかん外科施行施設一覧

スポンサーリンク

点頭てんかん(ウエスト症候群)

一番怖いのが「点頭てんかん」です。

これは、通常の「てんかん」とは

現れる発作が違うのが特徴なので

発見が遅れることが多くなっています。

このてんかんは、とにかく早期発見と

早期治療することで、治る可能性が

高くなります。

実際に、どういうものなのか言葉で

説明するのはとても難しいです。

てんかん発作がどういうものなのかが

わかるのは、動画を見るのが一番です。

動画のお子さんは「点眼てんかん」

特徴的な動きをします。

自分のお子さんが同様なことをして

いないかを確認してしてください。

動画のような発作だったらお子さんの

症状を動画で撮っておいてください。

そして、てんかん専門外科に行って

すぐに脳波を取ってもらって下さい。

何時に発作を何回繰り返したかなど

記録もしておくと、お医者様が

より診断しやすくなります。

またこの動画を公表してくれた方には

感謝しないといけないですね。

小児てんかん

新生児のてんかんではありませんが

こちらも多いてんかんとなるので

一応ご紹介はしておきますね。

小児てんかんは、比較的治りやすい

病気です。

「抗てんかん薬」を服用をしなければ

いけませんがこれで発作を抑えることが

できるし日常生活も通常通り行うことが

できます。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

まとめると、

  • てんかんの症状にあてはまるなら早めに医者を受診
  • てんかんの種類には「特発性てんかん」と「症候性てんかん」がある
  • 小児てんかんは抗てんかん薬での治療が中心となる
  • 点頭てんかんは早期発見と治療が重要

このブログもそうなのですが…

ネットとかを見ると悪いことばかりに

目が行ってしまい、余計ママの心配を

増長させてしまいますよね。

実は。この記事もあまり書きたく

なかったんですよ。

心配になってしまうと思ったので…

一番安心できることはお医者様に

とにかく早く相談することです。

ネットで色々な情報をたとえ集めても

あなたの心の不安が解決することは

ありませんからね。

スポンサーリンク
注目記事

共有してくれると嬉しいです(^^♪

フォローする