【お年玉の相場】幼稚園児、小学生、中学生に適した相場金額と喜ばれる「お年玉袋」

共有してくれると嬉しいです(^^♪

あなたの家ではお年玉の金額を決める

ルールを作っていますか?

ある程度の決まりがあって今年は

いくらあげるか、ほとんどは決まって

いることでしょう。

もし、お年玉の金額に迷っているなら、

一般的なお年玉の相場はどのくらいに

なのか、ぜひ参考にしてみてください。

スポンサーリンク

お正月は、子供の頃はうれしかった

ですよね。

「お客さんたくさんこないかな?」と

私はいつも思っていました。

なぜならお年玉をもらえるからです。

私が小学生の頃は、お小遣いもなく

唯一「自分のお金」にできる機会は

お年玉しかなかったんですよ。

今のお子さんは、お小遣いももらう

ケースが多いんでしょうね。

「お金をもらうこと」自体が特別な

ことではないかもしれません。

でもお年玉は子供にとっては言い方が

悪いですが「大金が集まる機会」です。

お子さんにしてみたら、少しでも

多くもらいたいところでしょうね。

ところで、一般的なお年玉の相場は

いくらぐらいなのでしょうか?

知識として覚えておくといいですよ。

幼稚園児の相場

幼稚園児

私が子供の頃はお年玉は硬貨の数が

多い方が「お金の価値がある」と

いう意識がありました。

だから、500円を100円玉5枚で

もらうと同額なのに嬉しかったです。

でも、今のお子さんはお札の方が

価値がちゃんとわかっているので、

100円玉、500円玉は通用しませんね。

「幼稚園のお子さん」でも相場は

1,000円~2,000円となります

これからもお年玉をそのお子さんに

渡し続けるなら1,000円が妥当と

いうところでしょう。

小学生の相場

小学生のお年玉は、低学年と高学年で

分けている方や、ルールを決めている

ご家庭もあります。

学年で上げていく方法

小学1年生から「学年×1,000円」

上げていって小学校5,6年になったら

5,000円とする方法がまずあります。

この方法でお子さんが残念なのは

「子供が6年生になら、6,000円じゃないの?」と

いう子供の期待を裏ぎることです(笑)

低学年・高学年で金額を分ける方法

もうひとつは「低学年と高学年」で

分ける方法がありこの方法が多いです。

  • 低学年(1年生~3年生)が3,000円
  • 高学年(4年生~6年生)が5,000円

ただし、幼稚園の時に1,000円渡して

いるのなら、低学年と高学年で分けて

金額を決める方がいいでしょう。

実際のアンケートの結果についても、

小学生の相場は3,000円~5,000円

なっています。

中学生の相場

中学生

中学生のお年玉はちょっと迷います。

学年によりアップさせた方がいいのか

一律でいいのか…ってことですよね。

一般的には一律で渡している傾向で

相場は5,000円です。

小学生の頃と金額が変わらないので

ちょっとかわいそうな気がします。

でも、お札1枚で渡すのを考えると、

さすがに10,000円というわけには

いきませんよね。

「お年玉袋」の選び方

「お年玉袋なんてなんでもいいよ」とは

思いますがある程度の考慮が必要です。

渡す子供の年齢、男の子か女の子かに

よって区別しましょう。

お年玉袋に一言メッセージを添えると

子供が喜んでくれます。

メッセージは、年賀状と一緒で、

自分のことを考えてくれているんだと

いうのが子供にも伝わるものですよ。

幼稚園児が喜ぶお年玉袋

キャラクターものがいいでしょう。

女の子に人気のポチ袋は今だと

「プリパラ」「アイカツ!」です。

男の子の場合は「仮面ライダー」や

「妖怪ウォッチ」ならハズレません。

スポンサーリンク

小学生が喜ぶお年玉袋

低学年(1.2年生)のお子さんなら

幼稚園児と同様のポチ袋でいいです。

でも、すでにキャラクター関係は

卒業をしている子も多いんですよ。

もうこの頃は、ポチ袋より中身の方が

気になるところでしょう。

だから一般的なものでいいでしょう。

100円均一で売っているので十分です。

ちなみに、女の子はディズニーの

キャラクターにしておくと間違いが

ないですよ。

中学生のお年玉袋

干支の絵柄が描かれているものや、

通常のポチ袋でいいです。

やはり金額重視になりますからね。

変わったポチ袋

折り紙で作るポチ袋

ちょっと素敵なポチ袋をご紹介します。

A4の紙に印刷をして、折り紙のように

折ってポチ袋を作ることができます。

変わっているお年玉袋となっているので

小学校ぐらいのお子さんに渡した場合

折り方にも興味を持ってくれて喜んで

くれそうですね。

下をクリックするとそのサイトに

いけます。利用は無料ですよ。

A4折形の「ぽち袋」

お年玉の渡し方の注意点

お年玉を渡す場合注意点があります。

それは、必ず「親の見ている前」で

渡すことです。

なぜなら、中には親が知らないと

隠してしまうお子さんがいるんです。

渡した家では、お子さんのお年玉を

管理方法がそれぞれにあるでしょう。

これは鉄則として覚えておいて下さい。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

ちなみに高校生と大学生のお年玉の

相場は「5,000円~10,000円」と

なっています。

でも、大学生になるとバイトなどで

自分でお金を稼ぐことができるので

もう渡さないという方も多いです。

私にも今年大学生になった甥がいるので

今年はどうしようか?と迷っています。

お年玉の使い道は自分の欲しいものを

すぐに買うこともあるようですが

大半は親が子供名義の通帳を作って

貯金をしている方が多いです。

うちは貯金をさせています。

お金を貯めること、大切にすることが

身につくのは後者ですね。

お年玉は、自分の子供だけでなく

次のようなお子さんにもあげなくては

いけません。

  • 兄弟
  • 親戚の子供
  • お世話になっている方の子供

大人にとっては、大変な出費です。

でも、子供の喜ぶ姿を見るというのは

うれしいものですよね。

年末年始は親にとっては苦しい時期。

子供の笑顔を思い浮かべて、なんとか

乗り切りましょう(笑)

スポンサーリンク
注目記事

共有してくれると嬉しいです(^^♪

フォローする