【インフルエンザ予防に飴?】今話題のインフルエンザを阻止する「2つの飴」の真相

インフルエンザが猛威を振るっています。

ツィッターでも言いましたが、我が家の

旦那さんが今まで1回もなったことが

ないのに、とうとうインフルエンザに

なりました。

そこで、インフルエンザについて色々

調べていたらかなり、気になる飴が

あったので、ご紹介しますね。

スポンサーリンク

今年のインフルエンザはA型がすごく

流行っていますね。

ニュースではすでに昨年の1.8倍もの

感染者がいるのにピークはこれから

なんて…どうなっちゃうんでしょう?

基本の健康管理は、次のことですね。

  • コマメにうがい
  • コマメに念入りな手洗い
  • 湿度を適度に保つ
  • バランスのいい食事
  • 十分な休養

でも、これらを心がけていても

かかってしまうんですものね。

私の会社の人も、バタバタとかかって

「インフルの輪」ができつつあるので

怖いです。

家族全員でインフルエンザにかかって

しまっている人もいます。

「インフルエンザにかからない方法はないの?」

ネットサーフィンで調べていたら、

「インフルエンザにかからない飴」と

うたっている2種類見つけました。

インフルエンザ予防に有効な飴

飴を舐めていればインフルエンザに

ならないなら喜んで舐めますよね?

では、ご紹介していきますね。

CURe インフルブロックのどあめ

参考:https://milmeal.com/user_data/lp.php

公式ページはこうなっています。

昔から、風邪を予防出来たらノーベル賞と言われますが、現在風邪は避けられないもの、引いてしまってからの対処療法しかありません。(熱を下げる・咳を止めるなど)
しかし、人間は本来つば(唾液)の中に含まれる”シアル酸”で外敵からのどの粘膜を守ってきました。
人間と動物の唾液にはシアル酸が含まれています。実はこのシアル酸が、ウイルスやばい菌の感染や侵入をブロックしてくれています。

成分は「燕の巣」だそうです。

アナツバメの巣というのは雄の唾液で

できていて「シアル酸」という成分が

「インフルエンザ感染を予防する」

書いてあります。

私は過去「プロポリスが喉にいい」と

聞いて飴を舐めたことがありますが

とても舐められなくて断念した経験が

あります。

「この飴もそんな感じなら無理?」と

思ったんですが、味はブルーベリーと

オレンジがあるのでいけるかな?と

思いました。

でも、値段を見てみたら125グラムで

2,700円もします。125グラムって

何個飴が入っているんでしょうか?

燕の巣ってそもそも高級食材ですし

高いのも仕方ないのかもしれません。

これで必ず効くのなら、それなりの

価値はあるでしょうが、効能について

医学的証明はされていません。

芸能人が結構買って舐めてるようですが

(わかりません、これもステマかも)

一般人にはちょっと手が届かない?と

感じました。

スポンサーリンク

板藍根(ばんらんこん)飴

「板藍根」はそもそもが漢方です。

昔から「漢方の抗生物質」として

飲まれていました。

昔、上海でA型肝炎が流行した時も、

予防と治療に使用されていて活躍を

しています。

今でも、B型・C型肝炎だけでなく、

インフルエンザなどにもよく用いられる

漢方薬です。

私がインフルにかかった時は、

「タミフル」と「葛根湯」でしたが

「タミフルとの併用」はダメなのかも

しれません。

また、板藍根は飴だけでなくて

「細粒、お茶、飴」と色々な形態を

選ぶことができます。

味は「こげパン」のような味です。

子供もすんなり舐められる味ですよ。

家族で冬になったら、飲む習慣に

しているご家庭もあります。

こちらは薬ですし、それなりの実績も

あるので信じることができそうですね。

お値段も安くて手頃ですよ。

そして、板藍根が一番いいところは

授乳中のママでも飲むことが可能な

ことです。

参考:http://www.futabakanpo.co.jp/jyosetu/bensyo/nomikata.htm

細粒を飲むのが、ちょっと心配なら

薬をお湯で溶いてうがいするだけでも

風邪予防になります。

ただし細粒の薬として飲む場合は

体質や体調で効果がかなかったり、

アレルギーを起こすこともあるので

注意した方がいいでしょう。

さっそくうちは飴を買ってみました。

まだ届いてはいないのですが

気休めでも予防になるのなら、

舐めてみようかと思います。

届いたらツィッターで紹介しますね。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

小さなお子さんに与えるのは

もちろん無理です。

でも、両親のインフルエンザ予防に、

ちょっとは貢献するのでは?と

感じました。

ちなみに医療従事者はタミフルを

飲んで予防をしているのはご存知

ですよね?

タミフルは小さいお子さんに

飲ませることはできません。

だけど私はこう思いました。

「せめて大人だけでも予防として飲ませればいいんじゃないの?」

実は、昔は予防としてタミフルは

処方をされていましたが、今は

「保険適用外」となっています。

なぜかというと、インフルエンザの

患者数が増え、予防で処方すると、

タミフルの在庫がなくなるからです。

日本でのタミフルの在庫は300万しか

ありません。

でも、インフルの患者数はすでに

180万人を超えています。

これじゃあ、致し方ないですね。

春はもうすぐです。

基本の対策をしてよかったら飴も

舐めてみてください^^

(次は花粉が来ますね…)

スポンサーリンク

共有してくれると嬉しいです(^^♪

フォローする

注目記事