【車にあると便利な赤ちゃんグッズ】知ってたら得する6つの車専用商品

共有してくれると嬉しいです(^^♪

初めて赤ちゃんを連れて車で帰省する

計画のあるご家族もいるでしょう。

でも、あっという間に年末になるので

なるべく早目に準備しておいた方が

いいですよ。

ところで、チャイルドシート以外の

赤ちゃんのグッズは用意していますか?

そこで今日は、車にあると便利な

グッズをご紹介していきます。

スポンサーリンク

車で帰省するのは大変ですよね。

特にお盆、年末となると大変です。

私の大嫌いな大渋滞はあるし、

(好きな人はいないですね)

トイレも心配になってしまいます。

また、赤ちゃんがいるとなるべく

揺れが少ないように気を遣う運転に

なるので、どうしても走行時間も

長くなってきます。

車の中の、自由が利かない時間は

赤ちゃんにとっても家族にとっても

ストレスが溜まりやすくなります。

そんな時、少しでもストレスを

なくしてくれるグッズがあれば、

楽しいドライブに変わりますよね。

赤ちゃんとドライブする時にあると便利なグッズ6選

ではさっそくご紹介していきましょう。

「こんなのあるんだ!」って物も

ありますよ。

マグテーブル

マグテーブル は車内で食事をしたり

ミルクを作るのに役立つテーブルです。

しっかり、装着もできるので安定感も

あり、ゴミ袋入れの取付けができます。

左上のティッシュが入っている所は

スマホを入れることもできますよ。

また、使用しない時は折り畳むことも

可能です。

たぶん、一度は経験があるはずです。

サービスエリアで食べ物を買うと、

食べる物を置く場所がなくて

困ることってありますよね?

最悪、膝に置いて食べるしかない

こともあります。

そんな時これがあれば、テーブルにも

なるのでその心配がなくなります。

ただし、走行中写真のようにミルクを

作るのは危険ですので、車を止めてから

行ってくださいね。

電気ケトル

シガーソケットを使って車内電源で

お湯を沸かせる電気ケトルです。

純正ドリンクホルダーに納めることが

できます。

480mlのお水が、40分で90度の

お湯になります。

車内でミルクを作る時や、離乳食を

暖める時に重宝してくれますよ。

その他にもカップラーメンや紅茶や

お茶を作るのにも使えます。

サービスエリアで食べ物が売り切れに

なってしまうこともありますよね?

これと水、カップラーメンがあれば

お腹を満たすことができます。

カーポケット

ドライブポケットはすでに持っている

ママが多いかもしれませんね。

この商品のいい所は、ティッシュが

まるごと収まることです。

最近のティッシュは、薄型が多いので

ちょっとスカスカにはなりますが

落ちてくることはないですよ。

車で使用する時は、写真のように

広げて使用して、持ち運びたい時は

折りたたんでバッグにもなります。

「ボトルポケット」は保冷・保温の

仕様になっているのもいいです。

可愛い絵柄で、色展開も4つあるので

好みの色にして車の中をスッキリと

させてくださいね。

スポンサーリンク

赤ちゃんミラー

車内ルームミラーを使い、赤ちゃんを

運転席から確認できるミラーです。

運転中には振り返ることができません。

1人で運転する時に赤ちゃんの様子を

確認したいなら必需品です。

これでなくてもいいでしょうが、

かわいいし、樹脂ミラーなので

割れる心配がありません。

この他にも、プーさんやミニーも

あります。

赤ちゃんの好みに合わせて選んで

くださいね。

チャイルドシートマットグリップイット

あなたは、チャイルドシートを使うと

「車のシート」が傷つきやすいのは

ご存知ですか?

車をきれいに、長く使いたいなら

このシートを使うといいです。

「背もたれ」から「座る部分」まで

覆うことができるので、綺麗な状態を

保つことができます。

中古なら1,280円で購入できるので

あった方がいいアイテムです。

チャイルドシートの選び方については

この記事を参考にしてくださいね。

【チャイルドシートの選び方】購入時に最低限チェックしたい4つのポイント
【チャイルドシートの選び方】購入時に最低限チェックしたい4つのポイント
赤ちゃんと、車での移動するために 必要なのがチャイルドシートです。 もし、これから購入をしようと考えて いるのならポイントを知っておくと 失敗することがありません。 お値段も高いので...

紫外線防止シェード

意外と忘れがちなのが赤ちゃんの

「紫外線対策」です。

窓に紫外線加工してある場合でも

紫外線シェードあった方が安心が

できますね。

赤ちゃんの肌はデリケートなので

万全な対策をしておくべきですね。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

他にもありますが、こんなところで

止めておきます。

赤ちゃんだけでなく親にとっても

便利なグッズもかなりありますね。

あとは、ぐずったときの対策として

普段使っている赤ちゃんお気入りの

おもちゃも必ず持っていきましょう。

車内専用のメリーもありますが

そこまで必要はないと思いますよ。

帰省ラッシュ時は、どうしても

ストレスの多いドライブとなります。

休憩をコマメに入れて、安全運転を

心がけてくださいね。

スポンサーリンク
注目記事

共有してくれると嬉しいです(^^♪

フォローする